FC2ブログ

サラスとおなじ配合パターンの2歳馬探し

この投稿をInstagramで見る

. 土曜、日曜に社台ツアーに行ってきました。 せっかくなので、現地で感じたマル秘情報を。 . ノーザンホースパークの牛乳ソフトとフライドポテトのデキが抜群に良かったです。 これは来年のPOGで指名したい🍦🤫🍟 . . . #サラス(#マーメイドS) . オルフェーヴルは「ボールドルーラー×プリンスキロ」血脈やミスタープロスペクターなどのアメリカ血統と相性が良い種牡馬です。 . 本馬の母父の父『プルピット』は、シアトルスルーとセクレタリアトの「ボル×キロ」血脈2本に加えて、ミスタープロスペクターを内包する血統。 オルフェに必要な資質がタップリと詰まっています。 . 母方にプルピットをもつオルフェ産駒は、本馬を含めて5頭中4頭が勝ち馬。 少なすぎる頭数での傾向とはいえ、当たり外れが激しい父にして、この打率は奇跡的でしょう。 . こういう構成のオルフェ産駒は要チェックです。 . . #競馬 #マーメイドステークス #阪神競馬場 #オルフェーヴル産駒 . . 【告知】 血統同人誌の最新作、『配合パズルでアタリはわかる2019』が好評発売中✨ 紙書籍版は「Amazon」、電子書籍版は「血統屋」にてお買い求めください。 . .

✒️佐藤かずあき/🐴くりがしらさん(@kaz.sato_kurigasila)がシェアした投稿 -



オルフェーヴルと『プルピット』の組み合わせがなかなか見どころがあったので、ツイッターでつぶやいたところ、僕のつぶやき史上2番目に多いイイネを獲得しました。



※ちなみに1位は↓のつぶやき。なんでこんなに反響があったのか良くわかってません😅




そんな話はさておき、現2歳でオルフェ×プルピットはいないかな~と調べたところ、1頭だけいましたよ😳


スターオブサファイアの2017
父:オルフェーヴル
母:スターオブサファイア
母父:タピット
https://db.netkeiba.com/horse/2017103801/

本馬の母スターオブサファイアの場合、タピットだけじゃなく、母の父ミスターグリーリーもミスプロとボールドルーラー2本を内包する血統。
プリーチ(プルピットの母)≒ゴーンウェスト(ミスターグリーリーの父)3×3のニアリークロスになっていて、全体的にオルフェ向きの血ばかりが詰まっています。
これはイケそうな感じがしますね!


とはいえ、こちらの予想を平気で裏切ってくるのがオルフェーヴルという種牡馬。
良い意味で期待を裏切り、特大ホームランを出してくれればいいのですが、悪い意味でなら・・・😅


でも全兄のクリエイトザライフもしっかりと勝ち上がっていますしね。
妹も楽しみです😊





【告知】
血統同人誌、好評販売中です✨




スポンサーサイト

ビアンフェを考える

函館開幕週にキズナ産駒の有力馬が出走します。

ビアンフェ
父:キズナ
母:ルシュクル
母父:サクラバクシンオー
https://db.netkeiba.com/horse/2017101832/

母のルシュクルは、現役時代にOPすずらん賞を勝つなど3勝を挙げた馬。
繁殖入り後は、重賞2勝のブランボヌールや、この前の安田記念に出走した4勝馬エントシャイデンなどを生んでいて、母としてのポテンシャルもたしかです。


父のキズナに対する僕のイメージは、今週のはじめにブログで書きました。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1853.html

今年はパワーを補強している馬を評価してみようかなと思っています。


とくに注目しているのが『インリアリティ』との組み合わせ。
先週の新馬戦を勝ったルーチェデラヴィタも、この血をもっています。

キズナの2代母父のダマスカスにインリアリティを合わせて、両者のパワーを同調させる狙いがあります。
ニックスかどうかはさておき、個人的には結構好きな手法です。


ビアンフェの場合は『アンブライドルド』を経由してインリアリティを補給していますが、このアンブライドルドという血は、キズナの父であるディープインパクトと相性が良いことで有名。
それをキズナも受け継いでいることに期待ですね😊


調教の映像を見ると、ゆったりとした走りで、あまり短距離馬っぽくないように感じたのですが、どうなんでしょうね🤔
レーシングビュアーさん、なんで今週の追い切り載せてくれないの😢




【告知】
血統同人誌、好評販売中です✨




エピファ×母父キンカメ×2代母父サンデー(その2)

先週、当ブログで「エピファネイア×母父キングカメハメハ×2代母父サンデーサイレンス」について考察しました。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1850.html

この記事を書いた後にデビューしたファートゥアは、1番人気を裏切るかたちで3着でした😣💦


このパターンの相性の良し悪しについての結論はさておき、1つだけ気がかりなことがあります。

最初にデビューしたレッドブロンクスが阪神1400m。
2頭目のファートゥアは東京1400m。
そしてファートゥアの次戦は函館1200m(予定)。

どれも短めの距離に使われているんですよね。
まだ2頭だけなので何とも言えないところはありますが、どっちの血統表を見ても、短距離型の構成という感じでもありません。


なぜこのような傾向に出るのでしょう🤔



推測1・・・エピファネイアの気性

エピファネイア自身、現役時代は前進気勢が強い競走馬でした。
エピファ×キンカメ×サンデーは、構成上かならず「シーザリオ≒母2×1」になります。
強いクロスで血を活性化させる仕組みだけに、エピファの気性面も刺激してしまうのかもしれません。


推測2・・・3代母父ノーザンテーストの影響

これまでにデビューしたレッドブロンクスとファートゥアは、エピファ×キンカメ×サンデーというだけでなく、3代母父が『ノーザンテースト』であることまで共通しています。

reddoburo.jpg

fa-twua.jpg

ノーザンテーストという血は頑丈さを伝え、緩い体質をガチッと引き締める効果があります。
エピファネイアのしなやかさが抑えられることで、少し短い距離向きの機動力型にシフトしているのかもしれません。



さて、そんなことを考えているさなか、今週もエピファ×キンカメ×サンデーで構成されたネクサスアルカナムがデビュー予定なんですよね。

実はこの馬も、レッドブロンクス、ファートゥアとおなじくノーザンテーストもち。
※ただし3代母父ではなく、4代母父にもっています

nekusasu.jpg

祖母にアドマイヤグルーヴをもつ正統派な血統なので、今度はどういうタイプにでるんだろうな~と思っていましたが・・・


まさかのダート1200m 😳⁉️




【告知】
血統同人誌、好評販売中です✨




新種牡馬のキズナについて考える

日曜日の新馬戦はルーチェデラヴィタが優勝。
新種牡馬・キズナ産駒の初勝利となりました

せっかくなので、この機会にキズナについて考えてみたいと思います。


キズナという馬は、父のディープインパクトと母の父ストームキャットによる しなやかな体質を、切れ味として活かしています。
また、そのような しなやかさが引き起こしがちな「非力さ」というデメリットを、2代母の父ダマスカスの屈強なパワーによって打ち消しているのもポイント。
絶妙にバランスがとれた血統構成です。


ただし、これはキズナが現役時代の競走馬だったときのはなし。
ここからはあくまでも個人的な推測ですが、種牡馬としてのキズナは、少しタイプが変わるのではないかと考えています。


キズナの父であるディープインパクトは、父として切れ味を強力に伝えました。
しかし祖父の代に下がると切れ味が衰え、重厚なパワーが濃くなることが多くなります。

キズナの現役時代は、ディープが切れ味を担当していたからこそ、あのバランスで成り立っていました。
しかしキズナが種牡馬になり、ディープがおじいちゃんの位置から重厚感を伝えるようになったらどうでしょう。
競走馬キズナと種牡馬キズナのイメージが、イコールで繋がらない可能性もあるのではないかと思うのです。

ディープの切り替わり


重厚になったディープはダマスカスのパワーに寄り添うようなかたちで、タフな底力を担当。
しなやかさをストームキャットだけで支えることになるため、スパッと切れる俊敏性が衰え、アメリカ的なワンペースタイプのスピードに。
具体的なイメージでは、芝適性を強めに出すシンボリクリスエス?、みたいな印象でしょうか(繰り返しになりますが、あくまでも個人的な推測です💦)



気になるのは、この資質をどう活用するのが正解なのか、ということですよね。

しなやかな血を補給して、現役時代のキズナの切れ味を呼び戻すのが良いのか。
開き直ってパワー血統をガンガン注入して、種牡馬キズナの特性を伸ばすべきなのか。

僕個人の好みで言ったら、今年は後者のタイプを重視しようと思っています。


ちなみに新馬戦を勝ったルーチェデラヴィタは、ストームキャット≒ベイリーフスイータ3×3でしなやかさを刺激しつつ、リアルシャダイから「ロベルト+インリアリティ」の米パワーを補給した馬。
どっちの資質も活用してます(笑)




【告知】
血統同人誌、好評販売中です✨




ファートゥアを考える

ファートゥア
父:エピファネイア
母:アロマティコ
母父:キングカメハメハ
https://db.netkeiba.com/horse/2017105201/


この馬のことは、競馬Youtuber・坂上明大さん主催の「競馬オタクPOG」にて、ドラフト5位で指名しました。



配合の詳細は、別サイト「note.mu」の有料記事で解説しています。
有料といっても、ドラフトで指名した5頭については無料で閲覧できるようになっていますので、ファートゥアの考察を読むのに料金はかかりません。


また先日は、このブログでエピファネイアに関する血統考察記事を書きました。
そちらも合わせてお読みください(というか、この馬のために書いたので😅)

http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1850.html


リンク先の考察に則った言い方をすれば、ファートゥアは「シーザリオ≒アロマティコ」2×1ですね。
アロマティコ自身が現役時代に秋華賞3着、エリザベス女王杯3着など、重賞戦線で活躍した馬だけに、相似配合であることのメリットは大きいでしょう。

エピファネイア産駒の勝ち上がり第1号になるのか、レースが楽しみです😊




【告知】
血統同人誌、好評販売中です✨






ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
FC2カウンター
血統同人誌




Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク