FC2ブログ

ディープインパクト×ストームキャットの新しいパターンを考える


※ヒラボクレジェンドじゃなくてヒラボクディープですね・・・。なんでこんな間違い方したんだろう(>_<)



「ディープインパクト×ストームキャット+ウォーレリック」は、かつて くりがしらの存在を世間に広めてくれた、想い出深い理論です。
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/5685500129fc5192f9ba953398375c76


あれからもう5年ですか~(^_^;)
ダノンキングリーが共同通信杯を勝ったのは嬉しいですね。

ただ、このパターンはこれまで何度も紹介してきましたから、今回はあえて別の視点からディープ×ストームキャットを考えてみようかなと思います。


新たに提唱したいのは、「ディープインパクト×ストームキャット+ブードワール」理論です。


このパターンに該当するディープ産駒の牡馬は、18頭中16頭が勝ち馬。
ラングレー=リアルスティール=プロディガルサン、エイシンヒカリ、ハートレー、そしてダノンキングリーなどが活躍しています。
なかなか見どころがある組み合わせではないでしょうか。


といっても、『ブードワール』という名前自体は、あまり馴染みがないですよね(^_^;)
「グロースターク=ヒズマジェスティの3代母」として、また「ユアホスト=マイホスト=ユアホステスの母」として世界中に繁栄している血、といえばわかりやすいかな?


このブードワールという血は、ディープインパクトがもつスタミナ要素の『ドナテッロ』と相似な関係。
ディープに合わせることで、スタミナ(底力)アップが期待できます。

ただしストームキャットの要素にはまったく脈絡しないことから、前述の「ディープ×ストームキャット+ウォーレリック」のパターンとは、少し仕組みが違っています。


ディープ×ストームキャットは良くも悪くも軽さが強く出やすい、という問題に対して・・・

「ウォーレリック」をあわせるパターンは、ストームキャットに秘められたパワーを呼び起こして、バランスをとる狙いがあります。
一方「ブードワール」をあわせるパターンは、ストームキャットの軽さはそのまま活かしつつ、(それとは関係ない)別の部分で底力を増幅させることで、バランスを取るやり方となっています。


ちなみにダノンキングリーは、3代母のラヴィンタッチが「ユアホステス=マイホスト」3×3(ブードワール4×4)になっていて、ブードワールの要素が強力に凝縮されていています。
このあたりの底力が、大物誕生につながったのではないでしょうか。

今後は「ディープインパクト×ストームキャット+ブードワール」にも注目してみたいと思います。



【宣伝】
血統同人誌「重賞・いらすと日記」の最新作が発売しました!
詳細は下記URLをご参照ください(^^)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1831.html


スポンサーサイト

電子書籍限定 『重賞・いらすと日記 2018年 年刊号』が発売

血統同人誌 『配合パズル式 重賞・いらすと日記 2018年 年刊号』が、Amazonの電子書籍限定で発売中です。



販売ページ→https://amzn.to/2SjGu4N



本作は、『配合パズル式 重賞・いらすと日記』シリーズの『2018年1月~6月編』と『2018年7月~12月編』の2つを、1つの作品にまとめた年刊号になります。



こちらの2冊が1つにまとまっています。

※『1月~6月編』、『7月~12月編』の詳細につきましては、下記のリンクURLの記事をお読みください
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1825.html
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1831.html


それぞれ単体で2冊お買い上げいただくよりも、お得な価格となっています。

当初は単体価格2冊分、850+850=1700円 から少しお値引きした1500円くらいで・・・と考えていたのですが、どうやらAmazonのルールでは1250円が設定できる上限のよう・・・💦

ということで、出血大サービスの価格になりました(笑)
シリーズを読んだことがない方は、ぜひこの機会にご覧になっていただければ嬉しいです(^^)



※電子書籍については、読者の方から「Kindleを持っていないから読むことができない」というご質問をいただくことがあります。

専用端末をお持ちでない方でも、スマホやPCでKindleを読むためのアプリ(無料)がありますのでご安心ください。
下記のリンク先からツールをインストールすればお読みいただけます。


ios版アプリ→https://itunes.apple.com/jp/app/kindle/id302584613?mt=8
Android版アプリ→https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.kindle&hl=ja
Windows版ソフト→https://amzn.to/2MUACIg
Mac版ソフト→https://amzn.to/2DkVE3q



『重賞・いらすと日記』シリーズ最新作、『2018年7月~12月編』(電子書籍版)が発売

血統同人誌 『配合パズル式 重賞・いらすと日記』シリーズの最新作となる、『2018年7月~12月編』が、AmazonのKindle(電子書籍)で発売しました。


販売ページ → https://amzn.to/2FW8cPd


本作は、昨年9月に発売した『2018年1月~6月編』の続きとなる作品。
2018年下半期の重賞勝ち馬の血統について、イラストを交えながら回顧・考察した、絵日記的な一冊となっています。

※『2018年1月~6月編』はコチラをお読みください
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1825.html


血統に親しみをもってもらうため、とくにイラスト面に力を入れて制作しました。
小難しく考えることなく、楽しく読める作品です。

血統考察についても重要な情報を厳選して紹介していますので、POGや一口馬主、馬券に役立てていただけると思います。


今回は紙書籍版、電子書籍版の両方を同時に制作しており、紙版もすでに印刷所へ入稿済みです。
しかし紙版はまだ印刷、梱包、出版手続きなどの作業が残っているため、発売までは時間がかかりそうです。

なので、まずは電子版の先行発売というかたちになりました。
紙版は2月中旬くらいの発売を考えていますが、詳細が決まり次第あらためて告知させていただきます。


基本的に1ページずつ読んでいくレイアウトになっていますが、一部のGⅠなど、見開きで作成しているページがあります。
場合に応じて端末の表示形式を切り替えながらお楽しみください。



なお、電子書籍については、読者の方から「Kindleを持っていないから読むことができない」というご質問をいただくことがあります。

専用端末をお持ちでない方でも、スマホやPCでKindleを読むためのアプリ(無料)がありますのでご安心ください。
下記のリンク先からツールをインストールすればお読みいただけます。


ios版アプリ→https://itunes.apple.com/jp/app/kindle/id302584613?mt=8
Android版アプリ→https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.kindle&hl=ja
Windows版ソフト→https://amzn.to/2MUACIg
Mac版ソフト→https://amzn.to/2DkVE3q



サンプルの画像を貼っておきますので、もし興味をもっていただけたら、ぜひご一読いただければ嬉しいです。

sannpuru1.jpg

sannpuru2.jpg

sannpuru3.jpg

sanpuru4.jpg

sanpuru5.jpg

sannpuru7.jpg

sannpuru6.jpg




それともう1つ、これはまた後日紹介させていただきますが、実は『2018年1月~6月編』と本作を1つまとめた『2018年 年間号』も同時に発売しています。



こちらは電子書籍限定ですが、2冊を別々に買うよりもかなりお得な価格になっていますので、同シリーズを読んだことがない方はこちらもオススメです。


それではみなさま、よろしくお願いいたします!


身内POGでトーセンスカイを指名しました

父のトーセンラーはディープインパクト産駒のGⅠ馬。
他のディープ産駒の大物が、馬格によるパワーの恩恵を受けていたのに対して、トーセンラーは決して大きな馬体ではありません。
その代わり、リファールのクロスから受け継いだディープの切れ味を武器に、京都巧者として活躍していました。

いまはディープブリランテやトーセンホマレボシなど、ディープ産駒たちが種牡馬になっていますが、トーセンラーがいちばんディープ本来の切れ味を伝えてくれるんじゃないかと、個人的には期待してるんですよね。


さて、トーセンスカイですが、祖母にはシアトルスルー+セクレタリアト+サーゲイロードと柔らかい資質が詰まっています。
ここにトーセンラーと組み合わせると、サーゲイロードのクロスになるので、切れ味を引き出すようになっているのが良いですね。

また母の父がダンジグ系のパワー血統で、柔らかさ一辺倒ではなく、ビシッと芯を通していることも好感がもてます。


トーセンラー(ディープ)の切れ味を伸ばしつつ、トーセンラー(ディープ)に足りなかったパワーを補給する、正統派な構成。
どんな走りをするのか楽しみです😃



【宣伝】
2年半ぶりに、血統の同人誌を発売しました!
詳細は下記URLをご参照ください(^^)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1825.html


身内POGでパロネラを指名します

本馬はヌレイエフ5×4や、ミスタープロスペクター4×6のほか、ストームキャット≒ロイヤルアカデミー3×4、グロースターク=ヒズマジェスティ5・7×5、セクレタリアト=シリアンシー≒サーゲイロード5・6×7・8・8など、いろんなクロスを抱えた相似な配合をしています。

父ロードカナロアの種牡馬としての優秀さは説明不要ですね。
一方の母モシーンも、現役時代にオーストラリアのGⅠを勝っており、母としても重賞2勝のプリモシーンを出す優秀な繁殖。

この父と母の両資質を相似配合によってキッチリと増幅できていれば、パロネラのポテンシャルも期待できそうです。


ちなみに、パロネラが抱えるクロスのなかで、とくにロードカナロア的に注目すべきは『ヌレイエフ』のクロス。

ロードカナロア産駒の牝馬で、現在3勝以上挙げている馬は5頭いますが、このうちアーモンドアイ、エイシンデネブ、ジョーカナチャンの3頭がヌレイエフをクロスしているのです。

調教の映像を見る感じでは、デインヒルっぽいムキムキ感もあるので、アーモンドアイよりはキビキビとしたマイラーっぽい印象を受けました。


年明けデビューということで、POG的にあまり過度な期待はしませんが、配合通りの良い走りを見せてくれればいいなと思います😃



【宣伝】
2年半ぶりに、血統の同人誌を発売しました!
詳細は下記URLをご参照ください(^^)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1825.html


ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

カテゴリ

最新コメント

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.ダノンチェイサー
 3.サターン
 4.ダノンジャスティス
 5.グランデストラーダ
 6.オウケンドーン
 7.アルクス
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.ジャカランダシティ
 2.エイティーンガール
 3.プラチナポセイドン
 4.タイセイセイヴァー
 5.レッドエンヴィー
 6.ミッキーポテト
 7.トオヤリトセイト
 8.
 9.
10.

リンク