ダノンプレミアムを考える

今週日曜の阪神新馬戦は、評判の良い馬たちが揃う激戦区となりましたね。
せっかくなので、その中からダノンプレミアムを考察してみようと思います。


注目は母父のインティカブ。
インティカブはアメリカの血統を多く含んだパワー型の血です。
ディープ×インティカブからは日本ダービー2着のサトノラーゼンが出ていますね。

そのインティカブが持つ血の中でも、ディープと相性が良い血として紹介したいのが、ダマスカスとクラフティプロスペクター。
これらの血を持つディープ産駒の牡馬にはPOG期間の活躍馬が多く、ダマスカス持ちには前述のサトノラーゼンの他にも、キズナやカミノタサハラがいます。

POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績
連対率 1走当
ディープ牡馬全体 481 258 26 59.0 35.2 % 392 万円
ダマスカス持ちの牡馬 42 24 4 66.7 43.2 % 635 万円

クラフティプロスペクター持ちの牡馬は頭数が8頭しかいないので成績データは割愛しますが、そのうちの半分、サトノラーゼン、ヒストリカル、トーセンホマレボシ、トーセンスターダムが重賞を勝っています。

インティカブのパワーが支えることにより、ディープらしい切れ味で走るというよりは、筋肉ムキムキのパワーねじ伏せていくような感じですね。



本馬にはもう1つ、大きなポイントが存在しています。

それは母のインディアナギャルが持つ、ダンジグ4×3、バックパサー5×5のクロス。
どちらも頑丈なパワーを伝えるアメリカ血統です。

問題はこれがプラスなのかマイナスなのか、判断が難しいんですよね。

基本的にディープは非力なキャラなので、パワーを補強することは悪いことではありません。
ディープの切れと上手くハマれば、強靭な決め手を持ったキャラに出る可能性は十分です。

しかし本馬はインティカブによって、ダマスカスやクラフティプロスペクターのパワーがタップリと補給されています。
そこ加えて更にダンジグ2本とバックパサーを2本をサポートさせることが、果たして良いことなのか……(^_^;)
ムキムキのボディビルダー血統がこれでもかというくらい詰まっているので、これだとディープの長所である切れ味まで削いでしまう可能性も否定できません。


追い切りの映像を見る感じでは悪い印象はなかったので、前向きに捉えたいところではありますが、果たして吉と出ているのか凶と出ているのか……。


ちなみに僕は2年前、この馬の全兄ロードプレミアムを指名し、凶と出ました(笑)
今回は僕がスルーしてるので、吉と出るんじゃないですかね~。




大切なお知らせ ⇒ コチラ

スポンサーサイト

身内POGでカシアスを指名しました

キンシャサノキセキは、どっちかといえば個性の薄い醤油顔のスピードタイプ(意味不明)
配合的なツボもハッキリとはしていません。
このあたりは父のフジキセキと似てるのかな(^_^;)

なのでキンシャサ産駒を狙う場合は、なるべく母方に面白い仕掛けを持っている馬を選ぶようにしています。


カシアスの母ラブディランは、ノーザンダンサー4×5、バックパサー5×5のクロスを持つ繁殖牝馬。
デインヒルとポリッシュプレセデントの頑丈さが大きく増幅されています。
ちょっとドギツいぐらいパワフルな構成で、存在感ありますね。

キンシャサとのバランス的にはこんなもんで良いんじゃないのかなと。


ただパワーが主体なので、芝よりもダート馬かな~とは思ったりします。

それでも函館の洋芝なら頑張ほしい願望があったんですが、今日の函館はレコードが出るくらい早い馬場だったようで……。
これだと同じキンシャサ産駒でも、リファールをタップリとクロスして、フワッとしたスピードを身に着けているリンガラポップスの方が良かったかな(^_^;)



大切なお知らせ ⇒ コチラ

身内POGでサナコを指名します。

ダイワメジャーってノーザンテーストの頑丈さを強めに伝えるので、産駒は牡馬の方が活躍しそうだな~と以前は考えていました。
でもPOG期間の重賞馬をみると、牡馬3頭、牝馬6頭と、牝馬の方が倍多いんですよね。

ダイワメジャーの配合の基本方針は、ノーザンテーストの硬さを解すこと。
しなやかな血を母方からタップリとつぎ込むことが多いので、それを切れ味として活かせる牝馬はいいのですが、牡馬にとってはかえってパワー不足になってしまうのかもしれません。
去年指名した牡馬のクライムメジャーも、配合的には悪くないと思っていたのですが、トニービンの緩さが邪魔をして、上のクラスでは一踏ん張りが効いてないように感じました。


というわけで、今年のダイワメジャー産駒は牝馬狙いで。


母のスイートハビタットは、ハビタット3×4を筆頭に、セクレタリアトやミルリーフなど、合計4本の「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×プリンスキロ」血脈を持つ繁殖牝馬。
柔らかさがかなり強く、これは牡馬よりも牝馬に向いた配合でしょう。
いや、むしろ牝馬でも少し非力かもしれません(笑)

エピセアロームに似たタイプかなと思っているので、スピードを活かして頑張って欲しいです。



大切なお知らせ ⇒ コチラ

身内POGのドラフト指名馬

月曜日に身内POGのドラフトに参加してきました。

詳しくは下記のリンクを読んでもらいたいのですが、うちのPOGは特殊なルールでやってまして、ドラフトの指名馬が実際の指名馬というわけではありません。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1718.html

一応ドラフト時はこんな馬に注目してました~という報告がてら、僕のメジャー枠、マイナー枠の指名馬を掲載しておきます。


今回、指名候補にピックアップした馬が、他のメンバーに全く取られることなく、ほとんど無風で指名できました。
そんなに変化球ってわけじゃないと思うんだけどなあ(^_^;)



メジャー枠指名の15頭

1位 ヴェルテアシャフト
(父ディープインパクト 母ヒルダズパッション)

2位 レイエンダ
(父キングカメハメハ 母ラドラーダ)

3位 アドマイヤキング
(父キングカメハメハ 母アドマイヤテンバ)

4位 アプルーヴァル
(父オルフェーヴル 母ファシネイション)

5位 オールフォーラヴ
(父ディープインパクト 母レディアルバローザ)

6位 ラポートトーク
(父ディープインパクト 母リラックススマイル)

7位 アドマイヤアルバ
(父ハーツクライ 母エリドゥバビロン)

8位 ミッキーワイルド
(父ロードカナロア 母ワイルドラズベリー)

9位 レピアーウィット
(父ヘニーヒューズ 母ランニングボブキャッツ)

10位 ロードマドリード
(父ディープインパクト 母キャサリンオブアラゴン)

11位 カフジデューク
(父ハーツクライ 母ロイヤルペルラ)

12位 サナコ
(父ダイワメジャー 母スイートハビタット)

13位 クリストフォリ
(父ヘニーヒューズ 母フォルテピアノ)

14位 ブライトパス
(父ロードカナロア 母ルミナスポイント)

15位 クーファウェヌス
(父Frankel 母Eden's Causeway)



マイナー枠指名の10頭

1位 ダブルフラット
(父マンハッタンカフェ 母アガルタ)

2位 バブリーバローズ
(父ステイゴールド 母バブリームード)

3位 コンキスタドール
(父ルーラーシップ 母レーゲンボーゲン)

4位 ネプチュナイト
(父ルーラーシップ 母タンザナイト)

5位 カシアス
(父キンシャサノキセキ 母ラブディラン)

6位 バーンフライ
(父ゴールドアリュール 母ロードクロサイト)

7位 母ラウンドダンス
(父ゴールドアリュール 母ラウンドダンス)

8位 デンセツノマジョ
(父オンファイア 母アドマイヤダッシュ)

9位 パワーバンド
(父ディープブリランテ 母スイートマカロン)

10位 母トップオブドーラ
(父キンシャサノキセキ 母トップオブドーラ)




大切なお知らせ ⇒ コチラ


脳内POGカップ 15頭の指名理由

脳内POG BLOGさんが主催されている「脳内POGカップ2017-2018」。
そこで指名した15頭と、指名理由を書いていきたいと思います。


血統同人誌『配合パズルでアタリはわかる』シリーズで培った“配合パズル論”。
サラブレで4月まで連載していた『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』の“厩舎ニックス論”。

この2つをフルに活用し、最強の15頭をピックアップしました。

昨期はモンドキャンノとアドミラブルが頑張ってくれたものの、順位は半分よりわずかに上の34位。
今回こそは優勝を狙います!




ヴェルテアシャフト

父:ディープインパクト 母:ヒルダズパッション
http://db.netkeiba.com/horse/2015104937/

ノーザンファームが生産したディープインパクト産駒のうち、「ドナテッロをクロスした牡馬」、「2歳時にデビュー」、「新馬戦の馬体重が500kg以上」の全てを満たした馬は、10頭中9頭が勝ち上がり。
マカヒキ、アルアイン、サトノダイヤモンド、アドミラブル、シャイニングレイ、カミノタサハラの6頭がPOG期間の重賞を勝っています
本馬はノーザンファーム生産、ドナテッロのクロスを満たした牡馬で、POG本に記載されている馬体重は501kg。
順調に2歳時にデビュー出来れば。



オールフォーラヴ

父:ディープインパクト 母:レディアルバローザ
http://db.netkeiba.com/horse/2015102382/

ディープ×母父キングカメハメハはデニムアンドルビーと同じ。
これまで池江厩舎がデビュー時から管理したディープ産駒のうち、母方にヌレイエフの血を持つ馬は11頭中9頭が勝ち上がり。
GⅠ馬ミッキークイーン、重賞連対馬サトノアーサー、ハブルバブル、アトムの他、3頭がPOG期間内に2勝を挙げています。

ちなみに上で紹介したヴェルテアシャフトもこのパターンに該当しています。



バブリーバローズ

父:ステイゴールド 母:バブリームード
http://db.netkeiba.com/horse/2015104123/

レインボーラインやグランシルクなどを出す、ステイゴールド×フレンチデピュティのパターン。
これまで池江厩舎はステイゴールド産駒の牡馬を14頭管理し、そのうち11頭がPOG期間内に勝ち上がる高打率。
ドリームジャーニー&オルフェーヴル兄弟が期間内のGⅠを勝ち、期間後ではありますがオーシャンブルー、ステイインシアトルも重賞馬となっています。



ウェストブルック

父:ディープインパクト 母:ターフローズ
http://db.netkeiba.com/horse/2015104405/

GⅠ馬のマカヒキ、ディープブリランテ、ミッキーアイル送り出す、アリシドン持ちのディープ牡馬。
この組み合わせは昨期もアドミラブル、カデナをダービーに送り込み、POG期間内の重賞勝ち馬は7頭になりました。
母のターフローズは、ストリングスアタッチドとダンジグによる「ハイペリオン+フェアトライアル+ウォーアドミラル」の脈絡の影響で、ガチッとしたパワースピードに秀でた血統です。
来年のダービー・トレーナーは藤沢和雄だと思って指名したのに、今年ダービー・トレーナーになってしまいました(笑)



レイエンダ

父:キングカメハメハ 母:ラドラーダ
http://db.netkeiba.com/horse/2015105057/

ラドラーダの4代母ハイクレアに凝縮された「ハイペリオン×フェアトライアル」に対し、父キングカメハメハからフォルリとテューダーミンストレルを塗り重ね、両親の硬質な瞬発力を同調させた構成。
「皐月賞向き、ヘタしたらダートの可能性も…?」と思ってたら、全兄がダービーを勝ってしまいました(笑)
切れ味に秀でたディープ産駒が台頭して以降、キンカメ産駒は切れ味でガチンコ勝負を挑むより、パワースピードを武器にディープとは別の適性を活かす配合の方が、相対的に活躍しやすいのかもしれません。



カフジデューク

父:ハーツクライ 母:ロイヤルペルラ
http://db.netkeiba.com/horse/2015105977/

母父ブライアンズタイムと2代母父ストームキャットで、ハーツ牡馬に必要なアメリカ血統をタップリと確保しています。
3代母グレートレディーエムは「ナスルーラ+ハイペリオン+フェアトライアル」による、硬質なパワースピードを伝える牝祖。
この血はハーツのトニービンと同調して良さを引き出しつつ、トニービン特有の緩さをガチッと引き締めてくれる効果まで期待できます。
ハーツ×グレートレディーエムに該当する現役の牡馬は1頭のみで、それが今年のダービ4着馬マイスタイル。



アドマイヤキング

父:キングカメハメハ 母:アドマイヤテンバ
http://db.netkeiba.com/horse/2015104660/

ノーザンファーム生産のキングカメハメハ産駒の牡馬のうち、母方にサンデーサイレンス+トニービン+ノーザンテーストを持つ馬は8頭いて、ドゥラメンテ、ラブリーデイ、ミッキードリーム、ヴァナヘイムの4頭がPOG期間の重賞を連対しています。
本馬は母父のクロフネなので、硬さがどう出るか気になるところ。
ただキンカメ×トニービンは晩成傾向が強い配合なので、仕上がりの早い米血を挟んでいることをポジティブに考えたいです。



ウィキッドアイズ

父:オルフェーヴル 母:ウィキッドリーパーフェクト
http://db.netkeiba.com/horse/2015104686/

オルフェーヴルは“中距離版ダイワメジャー”だと思っています。
ということで、カレンブラックヒルを出したストームキャット持ちに注目してみました。
アメリカ血統が豊富なので、牡馬に出た方が向いてる配合にも見えますが、本馬は牡馬顔負けの馬体重があるのでセーフ。



アプルーヴァル

父:オルフェーヴル 母:ファシネイション
http://db.netkeiba.com/horse/2015104950/

繰り返し言いますが、オルフェーヴルは“中距離版ダイワメジャー”だと思ってます。
ということで、コパノリチャードを出したトニービンに注目してみました。
トニービンは緩さが強いため、この血を持つ馬はPOG期間に完成しない場合が多々あります。
本馬のように4代目くらいの場所で適度に存在感を見せるのが、一番ベストな据え方のように思います。



クリストフォリ

父:ヘニーヒューズ 母:フォルテピアノ
http://db.netkeiba.com/horse/2015104958/

母のフォルテピアノは、広くみればフレンチデピュティ≒キョウエイフォルテ1×1といえる構成。
本馬は父にヘニーヒューズを迎えたことで、ストームキャット≒フレンチデピュティ≒キョウエイフォルテ3×2・2となっており、母のスピードをまるごと引き継いでいます。
ヘニーヒューズ×フレンチデピュティは上記のストームキャット≒フレンチデピュティの他にも、ホールドユアピースのクロスも成立する面白い組み合わせ。
パワースピードを前面に出した配合で、間違いなく安田厩舎向きのタイプです。



ミッキーワイルド

父:ロードカナロア 母:ワイルドラズベリー
http://db.netkeiba.com/horse/2015105114/

ロードカナロア×安田厩舎は狙ってみたいと思っていました。
厩舎ニックスの観点からヌレイエフを増幅してる馬から選びたくて、ヌレイエフ≒フェアリーキング5×3を持つ本馬をチョイス。
3代母マリスターの部分に「ナスルーラ×ハイペリオン」血脈がタップリと詰まっているので、ゆったりとしたマイラーに出そうな感じ。
先日新馬戦を勝利したステルヴィオに近いタイプかなと。



ダブルフラット

父:マンハッタンカフェ 母:アガルタ
http://db.netkeiba.com/horse/2015104643/

金子真人氏がセレクトセールで落札した「ノーザンファーム生産馬」が、角居厩舎に預けられたはパターンはこれまで8例。
カネヒキリ(GⅠ馬)、デニムアンドルビー(重賞馬)、シャケトラ(重賞馬)、フルーキー(重賞馬)、エックスマーク(5勝)、トパンガ(5勝)、オーシャンドライブ(3勝)、マヒオレ(3勝)。
本馬はアントニオバローズやダイワバーバリアンを出した、キングマンボ持ちのマンカフェ産駒。
配合面も心配いりません。



ロードマドリード

父:ディープインパクト 母:キャサリンオブアラゴン
http://db.netkeiba.com/horse/2015102372/

デインヒルとキングマンボ全妹によるパワースピードがベース。
詳しくは下記のリンク先を読んでいただきたいのですが、母はドナテッロの血を持たず、代わりにヒズマジェスティ=グロースターク4×5を持ちます。
なのでダービーよりも皐月賞向きかな。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1716.html



アドマイヤアルバ

父:ハーツクライ 母:エリドゥバビロン
http://db.netkeiba.com/horse/2015104713

毎年のように活躍馬を送り出す須貝厩舎×ハーツクライ。
今期はこの馬に注目しました。
母方にはストームキャットやデピュティミニスター、ミスタープロスペクターなどアメリカ血統が豊富で、ハーツクライの牡馬にピッタリな構成。
もうゲート試験にも合格したようなので、早期から頑張ってくれそうです。



ラポートトーク

父:ディープインパクト 母:リラックススマイル
http://db.netkeiba.com/horse/2015101873/

ミッキークイーン、ヴィルシーナ&ヴィブロス、ショウナンアデラ、デニムアンドルビー、ファンディーナを出す、ディープ×ヌレイエフ×テューダーミンストレルの成功パターン。
本馬はヘイローとリファールのクロスで、素軽さと持続力も兼ね備えた隙がない構成。
馬体重もあるみたいですし、早期移動も視野に入るくらい順調そうなのが何よりです。
マローブルー超えを期待。



というわけで、みなさま1年間よろしくお願いいたします!



大切なお知らせ ⇒ コチラ

ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク