ファンディーナを考える

2017/04/13 05:33

ポイントは大まかに3つです。


ポイントその1:母方に『ヌレイエフ』と『テューダーミンストレル』を併せ持つこと。

この組み合わせを持つディープインパクト産駒の牝馬は、ミッキークイーン、マルセリーナ、ショウナンアデラがPOG期間のGⅠを勝ち、他にもヴィルシーナ、デニムアンドルビーなどがいます。
POGのディープ牝馬を狙う上では鉄板のパターンです。
でもそれを僕自身の指名に活かせてないのが悲しい…(´・ω・`)

POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績
連対率 1走当
ディープ牝馬全体 448 168 16 41.0 26.4 % 266 万円
ヌレ+テューダー持ち牝馬 35 19 0 54.3 42.9 % 602 万円



ポイントその2:バステッド4×6のクロス

ファンディーナのパワーの源は、前述のヌレイエフ+テューダーミンストレルと並び、もう1つバステッドのクロスもパワーに大きく寄与しているように思います。

この血は重厚なスタミナ+パワーを伝える名血。
ちょっと突進的なパワーが強いといいますか、重戦車的なイメージがある血なので、繊細な牝馬よりは筋肉質な牡馬に向いた血(クロス)のようにも感じます。
ファンディーナは女の子にも関わらず500kgを超える雄大な馬体を誇る馬ですから、そんなバステッドの重厚なパワーを、牡馬と同レベルの恩恵として受け継ぐことが出来たのではないでしょうか。
これがもし小柄な牝馬だったら、ここまでの効果は出てなかったハズです。



ファンディーナのレースぶりは、掛かる一歩前ぐらいの前向きさで突進的に先行し、ラストは鋭い瞬発力で突き放す圧巻の内容。
新馬戦の走りを見たときに、ディープブリランテの姿と重ねました。


レース内容だけではなく、パワー源がヌレイエフとバステッドのクロスであることも共通です。
鞍上が、そのブリランテをダービー優勝へと導いた岩田騎手というのも興味深いですね。



ポイントその3:サーゲイロード6×7・7のクロス

しなやかなスピードを伝えるサーゲイロードをファンディーナは強く増幅しています。
ズバ抜けたキレを武器に戦うディープ産駒の特徴を引き立たせる仕掛けであり、これまでマルセリーナやショウナンアデラ、ジョワドヴィーヴルなどがこのクロスを持っていました。
もちろんファンディーナ自身にもプラスとして伝わっています。

ただそれは馬自身の能力で見た場合です。
急坂が待ち構える中山競馬場の中距離GⅠという舞台で、牡馬とガチンコ勝負をするために、この繊細なスピードがはたして役に立つのでしょうか。

ファンディーナにあって、ディープブリランテには無い仕掛け、それがサーゲイロードのクロスです。




大切なお知らせ ⇒ コチラ

スポンサーサイト

ぶった斬る2016  | コメント : 5  | トラックバック : 0 |

コメント

こんにちは。

弟は ハーツクライですが、シアトルスルー持ちなので、POG向きでないと判断してよろしいですか?

| 2017/04/14 |  14:07 | 渡辺 #- |  URL | 編集 |

>渡辺さん

そうですね~。
過去の傾向的にはPOG期間よりは古馬からという印象がありますね。

ただシアトルスルー持ちでもベルラップやスワーヴリチャードなど、POG期間に頑張る馬が出てきていますから、少しづつ傾向が変わってきている可能性はあるかもしれませんね。

| 2017/04/15 |  13:14 | くりがしら #- |  URL | 編集 |

ありがとうございます。

ハーツクライは、種付け制限からパッとしなかったと思いますが、現3歳世代から復活したのではないかと思っていますので、次期POGでは指名数を増やすつもりです。

この弟は、現在550㎏もあるらしいので、ラボーナの二の舞が不安ですが、注目したいと思います。

| 2017/04/15 |  18:26 | 渡辺 #- |  URL | 編集 |

私の馬券は外れましたが、ファンディーナの敗因は、幼駒からの育成環境がノーザンでなかったにあると思いました。
実は、キズナのダービーを見た時から、非ノーザンから牡馬クラシックを狙うなら、幼駒の育成環境がノーザン並みでないと難しいと考えていて、仮にファンディーナのオーナーがキズナと同じだったなら、勝てただろうなとは思っています。
実際、じゃない方のノースヒルズの馬が、ダービーへの切符を手にしていますしね。

| 2017/04/16 |  22:22 | Y子 #SFo5/nok |  URL | 編集 |

>Y子さん

たしかに幼少期からの育成も含めて、競走馬の能力ですからね~。

今回ファンディーナは負けたことがないことが弱点になってしまったように思います。
厩舎スタッフを始め関係者は(ノーザンには及ばなくても)ファンディーナにとって最大限の努力はしているでしょうし、次走での巻き返しを応援したいです(^^)

| 2017/04/17 |  08:07 | くりがしら #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する