笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

競馬ブログなのに映画の記事を書く(笑) ~音楽映画ベストテン~

今回は競馬とは全くの無関係。
映画の記事を書きますよ。

最近ブログをほったらかしてくるクセに、久しぶりの更新が“映画”ってナメとんのか!……って思いますよね(^_^;)
今週は阪神JFがありますし、頑張って更新しますのでお許しくださいm(_ _)m



さて、年末恒例『男の魂に火をつけろ!』さんのベストテン企画の季節がやってまいりました。
http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20151031

今年は「音楽映画」ですか~。
僕はミュージカル映画とかほとんど観ないので10作品選ぶのに苦労しました……あれ、去年も似たようなことを言ってたような・・・。
ちなみに去年の「アニメ映画」ベストテンはこんな感じです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1261.html


では早速、くりがしらベストテンを発表します!


1.チョコレートドーナツ(2012年、トラヴィス・ファイン監督)
2.くちびるに歌を(2015年、三木孝浩監督)
3.きっと、うまくいく(2009年、ラジクマール・ヒラニ監督)
4.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年、ジェームズ・ガン監督)
5.耳をすませば(1995年、近藤喜文監督)
6.君が生きた証(2014年、ウィリアム・H・メイシー監督)
7.クラウド アトラス(2012年、ラナ・ウォシャウスキー&トム・ティクヴァ&アンディ・ウォシャウスキー監督)
8.セッション(2014年、デイミアン・チャゼル監督)
9.アマデウス(1984年、ミロス・フォアマン監督)
10.美女と野獣(1991年、ゲイリー・トルースデール&カーク・ワイズ監督)


では、各作品の感想を簡単に。



1位 チョコレートドーナツ



本当の家族よりも、本当の愛を選んだマルコ。
それが彼の思い描くハッピーエンドだったのだと思います。


2位 くちびるに歌を



くりがしら的“好きな女性芸能人”第4位だったガッキーさんを、ぶっちぎりの1位にまでランクアップさせた作品。
15年後の自分に手紙を綴ることで、等身大の本音と向き合う青春物語。


3位 きっと、うまくいく



もっとこの仲間たちを見ていたい。
3時間近い長尺の映画ですが、エンディング後もそう思わせる魅力があります。


4位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー



主人公のお母さん制作のカセットテープ『最強ミックス』はまさにセンス・オブ・ワンダー。
登場人物はみんな個性的で良いキャラしてますが、個人的には筋肉マッチョなドラックスの天然っぷりが大好きです。


5位 耳をすませば



去年のアニメ映画ベストテンに続いてランクイン。
恋と夢、ひたむきに突っ走る二人の姿が眩しすぎるくらい鮮やかで……。
僕の中では最強の鬱映画ですね(笑)


6位 君が生きた証



時に親として愛情を注ぎ、時に親友として同じ目線に立つ。
亡き息子の曲を歌い継ぐその姿に、親父のカッコ良さが集約されています。


7位 クラウド アトラス



6つの短い物語が複雑に絡み合いながら展開する技巧に凝った構成。
中でも音楽家が感情を解放させる“お皿割り”のシーンがとても印象的です。


8位 セッション



“音楽映画”というよりは“スポ根映画”。
いや、“ヒャッハー映画”と言ったほうが正しいかもしれません(^_^;)


9位 アマデウス



努力家の秀才が破天荒な天才に叩きのめされるという、なんとも居心地の悪いお話。
自分よりも優れた相手に憧れと嫉妬心を同時に抱く感じ、スゴイ良くわかるわ~。


10位 美女と野獣



ディズニー映画の王道はやっぱり外せません。
ミュージカルシーンはウットリするくらい素晴らしいです。



以上がベストテンになります。

今年日本で公開された作品が3本も入ってますね(くちびるに歌を、君が生きた証、セッション)。
ベストテンには入れなかったけど『はじまりのうた』も結構良かったし、今年は音楽映画の当たり年だったような気がします。

入れようか迷ったのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ですかね。
全然音楽映画じゃないんですけど、ドンドコ太鼓を叩くヤツらと、火を噴くギターのヤツのインパクトがとにかく凄かったもんで(笑)




スポンサーサイト
2015/12/07 | 20:04
未分類コメント:0トラックバック:0

くりがしら氏の近況

・くりがしら氏ダウン

土曜日に行なうPOGドラフトを、仕事の都合でリスト参加になってしまったゲバルトさん。
その指名馬リストを受け取るため、水曜日に立川までゲバルトさんに会いに行きました。
その帰り道での出来事。

身体がやけに痛くて、おまけに脱力感がハンパじゃない。
帰宅して熱を計ってみると・・・・・・37.8℃

寝て起きたら全てが改善していてくれないかと祈ったものの、そんな甘くはいかず、というか体中の異常な痛み、凍えるような寒さと、燃えるような熱さが交互に身体を襲い、まともに眠れず朝を迎えました。
熱を計ってみると・・・・・・38.5℃

img_1.jpg



・ナスキロ会を欠席

熱が下がる気配がなく、更にヤバイのはお腹の調子。
肛門ヒャッハー!尻汁ブシャー!!

翌日金曜日は楽しみにしていたナスキロ会だったのですが、敢え無く断念しました。
初めてお会い出来る方もいたので、色々とお話がしたかったのですが…残念(ま~僕はいつもナスキロ会ではかなり無口なんですけどね、笑)



・dskさんと文通

ロジクライの記事の中で、「(オーナーが初めて栗東の須貝調教師に委託したのには)一体どういう経緯があってのものなのか、「陰謀派」のdskさんに伺ってみたい気はします(笑)」という無茶ぶりをしてみたところ、dskさんが男気を見せてみれました( ゚∀゚ )

くりがしらさん指名ロジクライに関する陰謀派の見解
(POG 2015-2016 13世代チェック)

いやホントありがとうございます。
早くお礼を言わなきゃと思ってたんですけど、布団から出ることすら出来ずに悶絶してたので、ここまで遅くなってしまいました。
この「文通感」、僕は大切に育んでいきたいと思ってます(笑)



・ドラフトに参加

お医者さんに処方してもらったお薬が効いたのか、土曜日には結構回復。
昨日まではあれだけ苦しんでたわけだし大丈夫かな~と不安になったものの、時期的に考えるとこれ以上ドラフトを延期してもいられません。
この体調ならば乗りきれる!と思い予定通り決行してきました。
無事にイケました、非常に楽しかったです!(・∀・)


・ミヤビキラメキ惨敗

脳内POGで指名しているミヤビキラメキが土曜日の新馬戦に出走。
2番人気に指示されながらも、8頭中7着というまさかの結果に・・・。

あぁ・・・また熱が出そう・・・・・・(;´Д`)

ボク、去年のPOGの初陣も2番人気のコンフェッシオンで挑み、12頭中、11着から大差をつけられての最下位という大事故を食らってます。
だから今年こそは好スタートをと思ってたのに・・・。



・再び肛門ヒャッハー!

昨日のドラフトで、病み上がりなのを忘れて興奮しすぎたのか、再び尻汁ブシャーに逆戻り。
月曜日は専門学校時代の仲間たちと会う約束があって、それも凄い楽しみだったのですが、もう無茶は出来ないなということでお断りすることに・・・。
もういろんな人に迷惑をかけちゃって、申し訳ない気持ちでいっぱいです。



・近況ブログ書いてる←イマココ

本当はもうちょい養生してるつもりだったのですが、ミヤビキラメキを絶賛してる記事がブログのトップになったままの状況が凄く恥ずかしいので、とりあえず早く上書きしたいとの思いでこの記事を書いてます(笑)

もうだいぶ元気になってきてはいるので、明日くらいからはブログ更新もボチボチ再開していこうと思います(^^)



2015/06/07 | 18:45
未分類コメント:0トラックバック:0

アニメ映画ベスト10!

今日のブログは普段と違い、競馬ネタではなく映画ネタオンリーでいかせてもらいます!


男の魂に火をつけろ!』さんというサイトで、毎年行われている恒例のベスト10企画があります。
http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20141031

僕はこれまではチェックして参考にするだけだったのですが、映画好きとして今年こそは参加するぞ!と前から決めていました((o(´∀`)o))


しかし困ったことに、今年はアニメ映画ベスト10ですか……。

実は僕、漫画アシスタントとして働いていた身ではあるんですけど、アニメ関連はサッパリなんです(^_^;)
TVアニメは全く観ませんし、アニメ映画も積極的に観る方ではありません。
なんせ『トイ・ストーリー』シリーズを観たことがないくらいのレベル・・・(´∀`;)

けど、ずっとこの企画に参加するのを楽しみにしていたんです。
だから頑張って10本選びましたよ!
なるべく制作会社が被らないようにしてみました。





10位 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

1000ピース ヱヴァンゲリヲン新劇場版 パイロットたち (50cmx75cm)

全編クライマックスみたいな映画だな~と、その迫力に関心しました。
ちなみに僕は、TVアニメ版も、旧劇場版も、新劇場版:Qも、一切観たことがないです(^_^;)




9位 『モンスターズ・ユニバーシティ』

1000ピース モンスターズ・ユニバーシティへようこそ(51cmx73.5cm)

「夢を叶えること」の裏側に潜む残酷な現実にも目を背けず、真っ向から描ききった青春物語。
前作『モンスターズ・インク』を観た時に、マイクとサリーの友情話も見てみたいな~と思っていたので、今作でそれが叶って満足です。




8位 『塔の上のラプンツェル』

70ピース プリズムアートプチ フィルムアート 塔の上のラプンツェル 夢の灯りの下で (10cmx14.7cm)

ディズニーのアニメだと、『シュガー・ラッシュ』の方が完成度は高いと思っています。
でも僕の中では、ディズニーと言えば“ラブ・ロマンス”なんです。
灯籠を上げるシーンは、今まで観た映画の中で一番美しいシーンかも。




7位 『耳をすませば』

108ピース 耳をすませば 朝日のみえる丘から  (18.2cmx25.7cm)

これを観ると、「昔は漫画を描くのが楽しくて、がむしゃらに頑張れたのに、なんでこんなクズになっちゃったんだろう…(´・ω・`)」っていう感情と、「ボクもこんな淡い青春がしたかった…、なんでこんなクズになっちゃったんだろう…(´・ω・`)」という感情の2つが心いっぱいに広がり、言葉では言い表せないおセンチな気持ちになります。




6位 『ヒックとドラゴン』

ヒックとドラゴン スペシャル・エディション [DVD]

主人公の成長や、ドラゴンとの友情などの王道物語が、凄く高いクオリティでぎっしりと詰まっています。
これ、猫好きの方は絶対気に入るハズ!(=^・ω・^)




5位 『アーサー・クリスマスの大冒険』

映画パンフレット アーサー・クリスマスの大冒険

これぞ子供に見せたいアニメ映画。
伝統的なテーマを描きながらも、現代社会のハイテクさも取り入れる斬新さが特徴。
子供にとってサンタは特別な存在ですが、サンタにとっても子供は特別な存在なんだろうなあ。




4位 『LEGO ムービー』

Lego Movie

ビジュアル面も、ストーリー面も、全てがレゴ愛に溢れています。
終盤の展開は神がかり的ですよ。
映画館で少年少女たちがワイワイ鑑賞している中、僕一人で号泣していました(´;ω;`)




3位 『アイアン・ジャイアント』

アイアン・ジャイアント スペシャル・エディション [DVD]

友情、勇気、優しさにあふれたストーリーで、反暴力を強く伝えるメッセージ性も秀逸。
将来、子供が出来たら絶対に見せたいです。
だからまずは彼女を作るところから・・・・・(´・ω・`)




2位 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』

【期間限定商品】映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ! オトナ帝国の逆襲(ミニタオル付) [DVD]

昔、「虎ノ門」という深夜番組の企画内で、美保純さんがこれを鑑賞していたことで、僕はこの映画の存在を知ったんですよね。
大まかなあらすじをナレーションで聞いただけなのに、耐えられずに号泣してしまいました(あのチャリンコのシーンね)。




1位 『ファンタスティック・プラネット』

ファンタスティック・プラネット [Blu-ray]

これはね、もう面白いとか面白くないとか、そういう次元じゃないんです。
僕はプロでもなんでもありませんが、一応漫画家を目指してお話を考えたり、キャラクターを生み出したりするなど、クリエイティブな作業をした経験があります。
どうやったらこんな発想が出てくるのか、ホント衝撃だったんですよ(笑)




以上が僕のベストテンになります!

実は1位の『ファンタスティック・プラネット』を観たのは、つい最近なんですよね(^_^;)
前から気にはなっていた作品だったので、ベスト10を考えるのを期に観てみたところ、僕の思い出の作品たちをぶっちぎって1位になってしまいました(笑)


色々と迷った結果、最終的にベストテンから落選してしまった候補は、『天空の城ラピュタ』、『思い出のマーニー』、『On Your Mark』、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦』、『シュガー・ラッシュ』、『アシュラ』、『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』あたりです。




2014/11/20 | 04:56
未分類コメント:0トラックバック:0

note始めました

先日、「note」というウェブサービスに登録してみました。
https://note.mu/

noteとは、マイページからつぶやきや、記事、写真、音楽など、いろんなコンテンツを投稿できるサイトです。
操作性としては、Twitterに近い感じですね。


このサイトの一番の特徴は、料金を支払うことで記事の続きが読めるように出来たり、データのダウンロードが出来たりなど、気楽に投稿したコンテンツの売買が出来ること。

以前から興味を持っていたこともあり、チャレンジしてみようかなということで、僕もアカウントを作成してみました。
そしてせっかくなので、僕も何かコンテンツを販売しようと思います。


まだ僕もマイページを作成したばかりなので、これから投稿していく予定ですが、とりあえず第一弾は東サラの14年度募集馬の血統考察でも販売してみようかなと。

もし興味を持っていただけましたら、みなさんも是非noteのアカウント作成をしていただき、そして僕をフォローしてください。
アカウントの登録や、コンテンツの利用自体は全部無料で出来ます。

僕のアカウントはコチラです。
https://note.mu/kurigasila




2014/07/17 | 23:46
未分類コメント:0トラックバック:0

コメントの設定を変更しました

最近あまりにスパムコメントが多くて困っています(;´Д`)
昔はエロコメントとか面白い内容が多かったから、僕もちゃんとコメント返信して、会話出来てる感を演じたりして、実は密かな楽しみだったんですけどね~(笑)

「震災復興の祈願のため、セッ◯スしましょう」とか意味わからんもん(笑)

ですが最近は英字ばかりとか、「ブランド、時計」とかつまんない宣伝ばっかりで、僕はとてもガッカリしてます(^_^;)
コメントがある度にイチイチ消去しつづけるのがシンドくなってきました。
色々と対策はしたんですけど、効果が薄いんですよね。

ということで、これからはコメントを書き込む際に画像認証を入力していただくよう、設定を変更しました。
コメントを書き込んでくださっている方にとっては、面倒くさい手間が増えてしまうため、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

どうかご了承くださいm(_ _)m


普段はとにかく厄介でしかないスパムコメントですが、1つだけ忘れられないコメントがあります。
その内容が↓コレ↓


「一挙一動が勘違いに裏づけされた計算で行動してる感がある。」


やれ成功パターンだ、やれ配合パズルだとか調子に乗ってる僕の心を打ち砕くような、まさに的を射たコメントじゃないですか!
あまりに衝撃的すぎて、このコメントだけは消去せずに保存してあります(笑)



2014/07/03 | 08:49
未分類コメント:4トラックバック:0
 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?