09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

ストームキャットを持つ牝馬は、アジャ・コングを狙え

以前、POG指名馬一覧でウィキッドアイズを紹介したとき、以下のような文章を書きました。

オルフェーヴルは“中距離版ダイワメジャー”だと思っています。
ということで、カレンブラックヒルを出したストームキャット持ちに注目してみました。
アメリカ血統が豊富なので、牡馬に出た方が向いてる配合にも見えますが、本馬は牡馬顔負けの馬体重があるのでセーフ。

http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1719.html



先週の札幌2歳Sを勝ったロックディスタウンは、母父ストームキャットの産駒なので、今のところ僕の理論は大丈夫そうですね。
ちなみにロックディスタウンは、サラブレ6月号のPOG企画で紹介しています。


厩舎ニックスの面からも注目してた馬で、正直、僕自身ギリギリまで指名するかどうか迷っていた馬でした。
でも結局スルーしてるところが僕の伝統芸ですね。
しかも身内POGでは指名されちゃってるんですよ・・・(^_^;)



それはさておき、ウィキッドアイズの紹介文の中で、『アメリカ血統が豊富なので、牡馬に出た方が向いてる配合にも見えますが、本馬は牡馬顔負けの馬体重があるのでセーフ』と書きましたが、今回はそれについて補足する記事を書きたいと思います。



一般的にアメリカ血統というのは、(筋肉の質ではなく)筋肉の量に頼ったパワーを武器にする血が多いです。

ストームキャットは母方に軽快な血を抱えているため、米血の中では柔らかさが強い方ですが、それでも似たような構成(ノーザンダンサー+ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)+プリンスキロ+メノウ)の仲間であるダンシングブレーヴやアルザオなどと比べれば、ずっと筋量豊富なパワー型と言えます。


個人的には、こういうムキムキのパワーというのは、牝馬よりも牡馬に向いていると思っています。
馬に限らず人間でもそうですが、単純な筋肉量では女性より男性の方が圧倒的に勝ります。

牝馬の場合は量より質。
女性的なしなやかさに鋭さを与え、切れ味に昇華させてくれるようなパワー。
例えば軽量級ボクサーのような機敏でシャープな筋肉を、“サポート”として活かすくらいが丁度良いのです。



そう考えると、ムキムキパワーの米血を補給しているウィキッドアイズは、“牝馬よりも牡馬に向いた”配合ということになります。
にも関わらず、僕がウィキッドアイズを指名したのは、紹介文にも書いたように、『牡馬顔負けの馬体重がある』からです。


仮に石原さとみのような可憐な牝馬なのに、血統表が米血タップリだったとしたら、米血の良さが出てないことを疑ってしまいます。
でも見た目がアジャ・コングだったら、アメリカン・パワーが超強力に活きている感じがしませんか?(アジャさん、ごめんなさい)

アジャさんなら男とも対等以上に張り合うことができるでしょう。
アメリカ血統自慢のパワーが“牡馬並”に伝わっている場合は、“牡馬の配合”として見るべきなんじゃないかと思うわけです。



活躍馬を数多く出す有名な「ディープインパクト×ストームキャット」に関しても、POG期間に重賞を勝った5頭のうち4頭が牡馬なので(キズナ、リアルスティール、ハートレー、ヒラボクディープ)、基本的に牡馬向きのニックスです。

そんな中、牝馬で唯一重賞を勝ったアユサンは、デビュー時の馬体重が494kg。
“牡馬顔負け”のアジャさん馬なのです



オルフェ×ストームキャットを狙ってウィキッドアイズを見つけたとき、最初は「牡馬なら良かったのにな~」と考えました。
しかしPOG本取材時の馬体重が495kgとわかり、上記の理由からアジャ・コングさんタイプなら問題ないだろう思ってますので、指名したという感じです。

ウィキッドアイズが活躍するかどうかはわかりませんが、同じオルフェ×ストームキャット構成の牝馬で、馬体重490kgのロックディスタウンが重賞を勝ったことで、ひとまず狙いは間違ってないのかな~とは思ってます。



今回はストームキャットをメインに書きましたが、同じ米血仲間の『フレンチデピュティ』についても似たような傾向はあるかもしれませんね。
つまりは神取忍さんタイプを狙った方が良いのかな?……ということで、このあたりも今後の研究テーマとして注目しておきたいところです。


スポンサーサイト
 

皐月賞向きのスタミナ、ダービー向きのスタミナ

ディープインパクト産駒で皐月賞を勝った2頭は、どちらも母方にフラワーボウルを持っています。

・アルアイン
・ディーマジェスティ

フラワーボウルはディープのスタミナ源であるバークレアに共鳴し、心肺機能を大きく増幅させてくれる仕掛けです。


ディープ産駒の牡馬でダービーを勝った3頭にも共通点があります。
それは母方にアリシドン=アクロポリス兄弟を持っているという点です。

・マカヒキ(アリシドン2本)
・キズナ(アクロポリス)
・ディープブリランテ(アリシドン)

アリシドン=アクロポリスもディープのバークレアを増幅し、スタミナ強化に役立つ血です。


皐月賞向きのフラワーボウル、ダービー向きのアリシドン=アクロポリス。
実は構成要素を細かく分解すると、いずれも「ハイペリオン×(ブレニム+クラリシマス)」となっています。

 ┌ Hyperion
┌◯
フラワーボウル
│  ┌ Blenheim
└△┌◯
 └△┌ Clarissimus
  └△

 ┌ Blenheim
┌◯┌ Clarissimus
│└△
アリシドン=アクロポリス
│┌ Hyperion
└△

根本的な部分では仲間同士なのです。


では構成要素が同じなのに、なぜ皐月賞向きとダービー向きに分かれるのか。
それは僕もよくわかりません(^_^;)

誰か理屈を説明してほしいところです。


今回の日本ダービーに出走するディープインパクト産駒の4頭を見ると…

アルアインは母方にヒズマジェスティを持っているので皐月賞向きのタイプ(ていうか皐月賞勝ったし)。
あとは毎日杯の前に池江師が『リダウツチョイスが出てきた』と語っていたサトノアーサーも、そのリダウツチョイスがヒズマジェスティ持ちなので……察してください。

一方、以前から僕がマカヒキやキズナとイメージを重ねているカデナは、アリシドンを持ちのダービー向き。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1707.html

そして青葉賞を勝って一躍スター候補に躍り出たアドミラブルも、アリシドンをバッチリ持ったダービー向き。


それを踏まえ、最後は僕が3月のはじめにTwitterでつぶやいたことを掲載し、記事を締めたいと思います。





大切なお知らせ ⇒ コチラ

 

サンデーサイレンスのクロスの今後

笠シショーが力説するように、「2000mの絶対的なスピード」こそが時代を担い、時代を塗り替えてきたのであって、Halo(芝9.5FのG1勝ち)もNorthern Dancer(Kダービー)もNasrullah(チャンピオンS)も2000mベストの競走馬で、2000m基軸のスピードを伝えた大種牡馬なのです

Nasrullahは英ダービーで直線先頭に立ったものの3着、Northern DancerもサンデーサイレンスもKダービーとプリークネスは勝ったけれど12Fのベルモントは取りこぼした

そういう「2000mの絶対的なスピード」をクロスで受け継いだ馬が、2400mや3000mの大レースを勝ってきたのだという歴史の流れからみても、このサトノダイヤモンドの菊花賞勝利は、来る「サンデーサイレンスをクロスする時代」へのプロローグとなりうるものでしょう


先日、望田師匠がブログでまた素晴らしい名言を残しておられました。
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/d080b1a951005bd1023ea50546fc0e52?fm=rss


この記事を読んで……というわけではないのですが、この前ふと気になって調べたことがあって、それがちょっと面白い結果だったのでブログで書くことにします。


中央競馬に出走経験のある競走馬のうち、サンデーサイレンスのクロスを持つ競走馬は現在226頭。
今はまだそこまで多くはないですね。


主な活躍馬を見ると、重賞勝ち馬はトラスト(札幌2歳S)とノットフォーマル(フェアリーS)の2頭。
その他では、ダイシンサンダー(5勝)、ヨコギマック(4勝)、アドマイヤドバイ(4勝)あたりが頑張っています。

この5頭は全て「サンデーサイレンス系種牡馬の子ではない」競走馬です。


トラスト、ヨコギマック・・・スクリーンヒーロー(母父がSS)産駒
ダイシンサンダー、アドマイヤドバイ・・・アドマイヤムーン(母父がSS)産駒
ノットフォーマル・・・ヴァーミリアン(母父がSS)産駒


試しに「父がSS系種牡馬」と「それ以外のSS持ち種牡馬」とで、POG成績データを調べてみました。

POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績 ダート成績
連対率 1走当 連対率 1走当
父がSS系種牡馬
SSのクロス持ち
105 6 6 11.4 3.3 % 36 万円 7.2 % 42 万円
それ以外のSS持ち種牡馬
SSのクロス持ち
121 16 6 18.9 11.1 % 100 万円 7.9 % 43 万円


こんな感じで、父SS系種牡馬の方が非常に厳しい成績となっています。
ちなみにSS系種牡馬の方でPOG期間内に2勝したのは、いまのところバルダッサーレ(父アンライバルド、母父フジキセキ)だけでした。


ただここまで書いといてアレですが、頭数が決して多くはないのでデータの信頼性はあってないようなものでしょう。
しかも今はSSクロス自体の濃度もキツく、「良い塩梅」で効いてないことが多いですしね。

いつもの僕なら「SSクロスは、SS系ではない種牡馬を狙いましょう!」とか書きそうなところですが、今の傾向は近い将来すぐに覆されそうな感じがします。
その時に土下座したくないのでそこまで言うのはやめときますね(笑)


SS系種牡馬初の重賞馬が誰の子で、どんな馬なのか。
これからSSのクロスがどういう影響を及ぼしていくのか。

今後の変遷が楽しみですね~、というお話でした(^^)




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

 

ヴィクトワールピサには「ナスキロフリート」を

昨日のくるみ賞をコウソクストレートが勝ち、デビュー2連勝を飾りました。
せっかくなので、これを機にヴィクトワールピサの牡馬について傾向をまとめてみました。


ピサ産駒の牡馬でPOG期間内に2勝以上を挙げてオープン入りしたのは、アジュールローズ(プリンシパルS勝ち)、ジョルジュサンク(すみれS勝ち)、ナムラシングン(若葉S2着)、ウェーブヒーロー(2勝)、コウソクストレート(2勝)の5頭。

ウェーブヒーローを除く4頭は、母方に「ナスルーラ+カウントフリート+プリンスキロ」血脈、もしくは「ロイヤルチャージャー+カウントフリート+プリンスキロ」血脈を持つという共通点があります。


・リヴァーマン持ち
(アジュールローズ)

 ┌Nasrullah
┌◯
Riverman
│ ┌Princequillo
│┌◯┌Count Fleet
└△└△


・ミルリーフ持ち
(ジョルジュサンク)

 ┌Nasrullah
┌◯
Mill Reef
│┌Princequillo
└△┌Count Fleet
 └△


・(コジーンの母)ライドザトレイルズ
(ナムラシングン、コウソクストレート)

Cozzene
│ ┌Princequillo
│┌◯┌Count Fleet
││└△
Ride the Trails
 │  ┌Royal Charger
 │ ┌◯
 │┌◯┌Princequillo
 └△└△


また5頭のうち、唯一該当から漏れているウェーブヒーローについてはフォーティナイナーに注目。
プリンスキロの位置が5代目と奥のため拡大解釈気味ではありますが、一応「ナスルーラ+カウントフリート+プリンスキロ」を全部持ってる血なので、上記の法則に準ずるパターンとみることができます。


・フォーティナイナー
(ウェーブヒーロー)

   ┌Nasrullah
┌◯┌◯
│└△┌Count Fleet
│ └△
フォーティナイナー
│┌◯
└△└△┌Princequillo
 └△└△
  │┌Nasrullah
  └△



ではなぜリヴァーマン、ミルリーフ、コジーン(+おまけでフォーティナイナー)を始めとする「ナスルーラ+カウントフリート+プリンスキロ」が好相性なのでしょうか。

それはヴィクトワールピサの柔らか味の源泉である、(ミスタープロスペクターの母)ゴールドディガーの「ナスルーラ+カウントフリート」を増幅出来るからではないかと考えられます。

Mr. Prospector
│ ┌Nasrullah
│┌◯
Gold Digger
 │┌Count Fleet
 └△


ヴィクトワールピサと「ナスルーラ+カウントフリート」の関係性については、望田師匠がブログで詳しく書かれています。
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/cbbc0e2ba4cbd1780572db8301d4f4f7


今回紹介した3+おまけ1血脈は、「ナスルーラ+カウントフリート」に加えてプリンスキロがセットになっていますが、これにより「ナスルーラ+カウントフリート」の柔らかさと同時に、「ナスルーラ+プリンスキロ」の柔らかさも補強出来るため、特にしなやかさアップに効果がありそうです。
望田師匠風にいえば、“ナスキロフリート”って感じなのかな(*^^*)

この法則で考えるなら、(カウントフリートの位置がやや奥ですが)フレンチデピュティの母ミッテランも面白そうだなあ。


そういえばアジュールローズの場合、リヴァーマンの他に「ロイヤルチャージャー×プリンスキロ」血脈のカーリアンをセットで持っていて、「ナスルーラ+プリンスキロ」資質の影響力をより強めるような構成になっていますね。
同じようにナムラシングンはコジーンの他に、エーピーインディから「ナスルーラ+プリンスキロ」を。
コウソクストレートもコジーンに加えてパーフェクトピジョンから「ナスルーラ+プリンスキロ」を補強しています。


とりあえず「ナスルーラ+カウントフリート+プリンスキロ」血脈をメインにしつつ、他にも「ナスルーラ+プリンスキロ」血脈があれば信頼度アップ!って感じですかね~。




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

 

ドリームジャーニー≒ダイワメジャー≒オルフェーヴル?

現3歳のドリームジャーニー産駒で複数勝ち星を挙げた馬5頭の血統表を見ていて思いました。


ドリームジャーニーは「柔らかさを伝える血」との相性が良いんじゃないか説!


具体的にいうと、「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈や、「ロイヤルチャージャー×プリンスキロ」血脈ですね。

・ミライヘノツバサ(3勝)
ポーカー、セクレタリアト、ベティロレイン、サーゲイロードの計4本持ち

・ワンスインアライフ(2勝)
ファストターン

・アルカサル(2勝)
プッシュアボタン、サーゲイロードの2本持ち

・ニシノジャーニー(2勝)
シアトルスルー、セクレタリアト、サーゲイロード2本、ボールドラッドの計5本持ち


またエスティタート(2勝)の母父トニービンは「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×プリンスキロ」血脈ではないものの、柔らかさを強く伝える性質があり、これも好相性と見てもいいのではないでしょうか。


この傾向を踏まえて、なぜドリジャ×柔らかさが好相性なのかを僕なりに考えてみました。


ドリームジャーニーの父であるステイゴールドは、プリンスリーギフトの柔らかさが強い影響で、逆に頑丈さに欠けてしまった種牡馬。
そのため種牡馬ステイゴールドは、ノーザンテーストの頑丈さを増幅してパワーを補強することが成功のパターンでした。

ドリジャはノーザンテーストを4×3とわかりやすく直接クロスして増幅してますから、まさにセオリー通りの好配合馬というわけです。

では種牡馬ドリジャはどんな資質を伝えるのだろうかと想像したとき、(父ステゴの弱点だった)ノーザンテーストの要素はしっかりと補強済。
今度は(父ステゴとは)逆にノーザンテーストの頑丈さを伝えるようになったのではないでしょうか。

だからノーザンテーストの硬さをほぐすことが正解になっていて、その役割が「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈、「ロイヤルチャージャー×プリンスキロ」血脈、トニービンなのです。


そもそもサンデー×ノーザンテーストの種牡馬って普通は硬さが強いから、柔らかく解すことが基本。
ステイゴールドが特例だっただけで、他のサンデー×テースト種牡馬、例えばダイワメジャーやデュランダル産駒の活躍は、みんな柔らかい血を補給していますからね。

ノーザンテーストをクロスで強調したドリームジャーニーは、サンデー×テースト種牡馬が本来あるべき姿に戻っただけなのです。

おや、これはダイワメジャーの配合論がそのまま流用できそうじゃない!(・∀・)
……ということで、気になる方はぜひ「配合パズル2016」のダイワメジャー編を読んでください。




さて、これだけだとただの同人誌の宣伝なので(^_^;)、デュランダルの活躍馬を挙げておきますね。

フラガラッハ→トニービン
エリンコート→サーゲイロード+リヴァーマン
スイートサルサ→ミルリーフ+セクレタリアト+サーゲイロード2本
ジュエルオブナイル→ミルリーフ


ちなみに種牡馬オレハマッテルゼ(これもサンデー+テースト種牡馬)の最高傑作ハナズゴールは、リヴァーマン+ファーストフェザー+ボールドラッドの「ナスルーラ×プリンスキロ」3本持ち、北九州記念2着メイショウイザヨイもミルリーフ+ボールドビダー持ちですよ。


もし僕の推測が正しければ、ドリームジャーニーの全弟であり、産駒が来年デビューする期待の新種牡馬、オルフェーヴルについても同じ理論が適用できるんじゃないかと思う今日このごろ。
ビワハイジの2015なんて最高にイイカンジですね~。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ