ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.
 9.
10.

 

2017年05月30日(火)
ディープインパクト産駒の狙い所(牡馬編)

 
今年は「配合パズル」本を出しませんでしたので、代わりと言ってはなんですが、ディープ産駒の配合について簡単にまとめておくことにします。
今回は牡馬について。



ダービーを狙う場合、重要なのは【持続力】、【スタミナ】、【パワー】の3つ。

持続力で効果的なのは、主にアルザオを増幅する血です。

〈具体例〉
マカヒキ…アルザオ≒フレンチデピュティ
キズナ…アルザオ≒ストームキャット
ディープブリランテ…アルザオ≒バブルプロスペクター

アルザオ増幅以外では、個人的にはトニービンや、リファールのクロスも持続力強化に効果的ではないかと思ってます。


スタミナで効果的なのは、「ハイペリオン+ドナテッロ」の血です。

〈具体例〉
マカヒキ…アリシドン
キズナ…アクロポリス
ディープブリランテ…アリシドン

「ハイペリオン+ドナテッロ」は色々な血があります。
ハイハットやオリオールなども良さげですね。


パワーで効果的なのは大まかにいって3つパターンがあります。

①欧パワー補強パターン…サドラーズウェルズ、ヌレイエフなど
②米パワー補強パターン…インリアリティ、ダマスカス、グレートアバヴなど
③特殊型…「ハイペリオン+フェアトライアル+ドナテッロ」血脈

〈具体例〉
マカヒキ…③フェアアリシア
キズナ…②ダマスカス
ディープブリランテ…①ヌレイエフ、③アルコア



一方、皐月賞を狙う場合は、重要な要素が変わってきます。


中山コースは東京のように長い直線ではありません。
ダービーで重視していた【持続力】は無くてもよさそうです。


【スタミナ】については重視すべきポイントであることに変わりはありません。
ただしダービーより400m短い2000mで行われますので、【スタミナ】といっても距離適性を伸ばす【スタミナ】でなく、苦しい時にへこたれない【底力】的な血の補強が大切。

具体的に言えばグロースターク&ヒズマジェスティ兄弟です。

〈具体例〉
アルアイン…ヒズマジェスティ
ディーマジェスティ…グロースターク


【パワー】は中山の急坂をこなすためにも欠かせません。
効果的な血については、ダービー狙いで紹介したパターンの①と②がそのまま皐月賞にも流用できます。

①欧パワー補強パターン…サドラーズウェルズ、ヌレイエフなど
②米パワー補強パターン…インリアリティ、ダマスカス、グレートアバヴなど

〈具体例〉
アルアイン…②グレートアバヴ
ディーマジェスティ…①サドラーズウェルズ



こんな感じで考えています。

実際に活躍するかどうかはさておき、わかりやすい配合例として、2歳馬を挙げておきますね。


サトノグロワール(母シャムロッカー)
http://db.netkeiba.com/horse/2015104802/

【持続力】 アルザオ≒ラストタイクーン。
【スタミナ】 オリオールの「ハイペリオン×ドナテッロ」
【パワー】 ダマスカスの米パワー。

ダービーを勝つための要素はみんな揃っています。


ロードマドリード(母キャサリンオブアラゴン)
http://db.netkeiba.com/horse/2015102372/

【底力】 母がヒズマジェスティ=グロースターク4×5。
【パワー】 ヌレイエフの欧パワー。

皐月賞向きの要素がタップリと詰まっています。



大切なお知らせ ⇒ コチラ


スポンサーサイト
 
 

2017年02月25日(土)
ディープ×ダマスカスをもうちょっと深く考える

 
母方にダマスカスの血を持つディープインパクト産駒は多くの活躍馬を出す成功パターン。
そしてもう少し掘り下げていうなら、このパターンは牝馬の活躍馬が非常に少なく、指名するなら牡馬の産駒が良いということを、これまでブログでも配合パズル本でも書いてきました。

POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績
連対率 1走当
ディープ牡馬全体 466 246 24 57.9 35.4 % 389 万円
ダマスカス持ち 39 24 4 71.8 44.7 660 万円


今日このパターンの活躍馬の血統表を久しぶりに調べていて、ふと気づいたことがあります。


母方に『エイトサーティ』の血を併せ持っているのが良いんじゃないか説!!


例えばダービー馬のキズナの母ファレノプシスの場合は、ストームキャットの3代母父の父がエイトサーティです。
ダービー2着サトノラーゼンの母トゥーピーについては、インティカブの6代母父にエイトサーティを持ちます。
更に弥生賞を勝ったカミノタサハラと、その兄弟(ボレアス、マウントシャスタ、ベルキャニオン)の母クロウキャニオンは、フレンチデピュティの母父の母父がエイトサーティ。

また期間後の活躍馬ではありますが、ラジオNIKKEI賞の勝ち馬ゼーヴィントと、現在5勝を挙げて重賞でも好走しているモンドインテロは、ブライアンズタイム経由(3代母父)でエイトサーティを補給。
4連勝でオープン入りを果たしたグレーターロンドンは5代母父がエイトサーティです。


これに対し、母方にエイトサーティの血を持たない方で目立った成績を残しているのは、ラストインパクト、ファイナルフォーム、ファタモルガーナくらいで、そこまで多くはありません。

ディープ×ダマスカスの牡馬を、エイトサーティの有無で分けてPOGデータを調べてみたところ、その差は歴然でした。

POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績
連対率 1走当
ダマスカス+
エイトサーティ持ち牡馬
18 13 2 83.3 54.8 % 1044 万円
ダマスカスのみの牡馬 21 11 2 61.9 33.8 % 249 万円



ダマスカスはバイジミニー≒ブレードオブタイム3×2というクロスをもっていて、それが主なパワー源です。
しかしそれだけではなく、もう1つダマスカスの中にはスピードボート(ウォーレリックの全妹)というパワー血統が密かに存在しています。
そのスピードボートと構成の近いエイトサーティを合わせて刺激してやることで、ディープに足りないパワーをより効率的に補うことが出来るのではないかなと。

スピードボート≒エイトサーティ


理屈的にはディープの代表的な必勝パターンの1つである、ディープ×ストームキャット+ウォーレリックと一緒ですね。
ストームキャットのパワー源であるエイトサーティを、ウォーレリックとのニアリークロスで増幅させることでパワーを補っていたように、エイトサーティとウォーレリック(ダマスカスの場合はウォーレリックの全妹)のタッグはディープにとって中々効果的なようです。



大切なお知らせ ⇒ コチラ


 
 

2017年02月11日(土)
ディープ×フレンチをさらに美味く仕上げる隠しスパイス(後編)

 
ディープ×フレンチのニックスは、母方に「ドナテッロ+サンインロー」血脈を合わせて、フレンチデピュティが持つ『ベルスール』を増幅させると更に効果的なんじゃないか・・・というお話を前回の記事で書きました。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1698.html


基本的なこととして、ディープインパクトとフレンチデピュティのニックスというのは、大雑把にいうとアルザオ≒フレンチデピュティが力の源泉です。

ディープの母父アルザオとフレンチデピュティが、「ノーザンダンサー、ロイヤルチャージャー≒ナスルーラ、プリンスキロ、サラミニア≒エイトサーティ、ラベンデュラ」などで脈絡します。
これで素軽い切れ味をもったスピードが表現され、強力な決め手となります。
そんなふうにディープ×フレンチで発生するクロスのほとんどが、アルザオに結びついているわけです。

そんな中、実は密かにアルザオ以外と結びついている血が1つあります。
それが前回ポイントとして挙げたベルスール。
この血だけはディープの祖母である『バークレア』の「ドナテッロ+サンインロー」と脈絡しているんです。

バークレアはスタミナに優れた名血ですが、それを支えているのは3代父のドナテッロや、7×6・7・7でクロスされているサンインローの血。
これにベルスールの「ドナテッロ+サンインロー」が繋がることで、スタミナの増幅が期待できます。


しかし先程も書いたように、ディープ×フレンチのニックスはアルザオ≒フレンチによる切れ味がメイン。
バークレア×ベルスールの効果なんて、あってないようなものでしょう。
でも他の部分からもう1本「ドナテッロ+サインインロー」血脈を合わせてやれば、そっちの繋がりもある程度は強調され、それなりの効果が見込めるはずです。


そもそもディープ産駒の牡馬はあまり軽くさせすぎると非力さが目立ってマイナスになる場合があります。
アルザオ≒フレンチで切れ味増幅は間違いなくプラスですが、一方で頑丈さを犠牲にしている側面もありますので、パーフェクトなニックスではありません。
だからバークレア×ベルスールの繋がりを強めに刺激することで、重厚なスタミナとして良いカンジに重石になってもらおうというわけですね。
そうすれば変にフワ付く心配は解消され、よりパーフェクトに近づくのではないかと思います。


少ない該当馬による推理なので、理論が正しいかは何とも言えません。
でもディープ牡馬においてバークレアの増幅はとても重要な大切な項目ですから、一応ちゃんと筋は通っているはずです。
いろんな可能性を考えておくにこしたことはないでしょうし、今後もディープ×フレンチ+ベルスール増幅には注目しておきたいと思います(^^)

ただ現2歳馬を調べたら、この組み合わせを持つのはクロウキャニオン15しかいないんですよね。
こいつはもう走るのわかってますから(笑)、他の該当馬も見てみたかったなあ・・・。



大切なお知らせ ⇒ コチラ

 
 

2017年02月10日(金)
ディープ×フレンチをさらに美味く仕上げる隠しスパイス(前編)

 
4歳ではマカヒキ、3歳はカデナと、ディープ×フレンチデピュティのニックスを持つ牡馬は相変わらず活躍馬がポンポン出てきます。
POG期間の牡馬成績も文句なしのずば抜けた数字ですね。

POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績
連対率 1走当
ディープ牡馬全体 463 242 23 57.2 35.3 % 390 万円
フレンチデピュティ持ち牡馬 31 19 3 70.9 45.7 % 776 万円


このニックスを持つ活躍馬の血統表を眺めていてふと思ったのですが、POG期間に好結果を残した馬のお母さんって、ドナテッロをクロスしている馬が多い気がするんですよね。

試しにディープ×フレンチの牡馬を、母がドナテッロをクロスしているかどうかの2パターンに分けて、成績を調べてみました。

POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績
連対率 1走当
母方でドナテッロの
クロスを持つ牡馬
12 8 1 75.0 53.1 % 1178 万円
母方でドナテッロの
クロスを持たない牡馬
19 11 2 68.4 43.7 499 万円


まあぶっちゃけ、頭数が少なすぎるのでデータの信頼性はないに等しいでしょう(^_^;)
しかもドナテッロのクロスを持つ方で勝ち上がった9頭のうち、5頭はあの名繁殖クロウキャニオンの子ですから、好成績になって当然ではあります。

ただドナテッロをクロスしている方は、クロウキャニオンの子カミノタサハラの他にも、マカヒキやカデナがPOG期間の重賞を勝っているのに対し、クロスしていない方の期間内重賞馬はシャイニングレイのみ。
将来に備えて研究してみる価値はあるかもしれません。


この傾向が仮に正しかったとするなら、重要なのはフレンチデピュティが持つ『ベルスール』という血の増幅なんじゃないか説を提唱したいです。
……たぶんみなさんベルスールって誰やねんって思ってますよね(笑)

フレンチデピュティの父デピュティミニスターの2代母父であるヤブネのお母さんです(ややこしいね、汗)
フレンチ

このベルスールが持ってる「ドナテッロ」、そしてもう1つ「サンインロー」の血を増幅するのがカギではないかと。

 ┌サンインロー
┌◯
ベルスール
│┌ドナテッロ
└△

重賞馬マカヒキ、カミノタサハラ、カデナの血統表を見ると、いずれも「ドナテッロ+サンインロー」血脈を使ってベルスールを増幅していることがわかります。


マカヒキの場合は2代母父レインボーコーナーから見て、その2代母父ボールドラッドの更に祖母『フェアアリシア』が「ドナテッロ+サンインロー」血脈です。

 ┌ドナテッロ
┌◯
フェアアリシア
│┌◯┌サンインロー
└△└△


カミノタサハラの場合は4代母父ヴェイグリーノーブルから見て、その祖父オリオールの母『アンジェロラ』が「ドナテッロ+サンインロー」血脈です。

┌ドナテッロ
アンジェロラ
└△┌サンインロー
 └△


カデナの場合は6代母『アレッジド』が「ドナテッロ+サンインロー」血脈です。

 ┌ドナテッロ
┌◯
アレッジド
│  ┌サンインロー
└△┌◯
 └△


もう少し書きたいことがあるんですが、長くなったので2回にわけることにします。
ということで、次回に続きます。



大切なお知らせ ⇒ コチラ

 
 

2017年02月09日(木)
ディープのヘイロー増幅って本当にプラス?

 
昨年の日本ダービーでマカヒキ優勝、サトノダイヤモンドが2着になったことにより、今の日本競馬のトレンドは「ヘイローをクロスしたディープ産駒」であると強く印象づけられました。
ただ今回は、これに関してちょっと天邪鬼な考察をしてみたいと思います。

ヘイローを増幅する手段としては、ヘイローの直接クロスの他、レッドゴッド、サーアイヴァー、ドローンなどの血が特に有名です。
ということでディープ産駒の牡馬において、これらの血を持った馬のPOGデータを調べてみました。
なおディープ産駒でダート向きの馬を狙う人は少ないでしょうから、連対率や1走当賞金については芝のみを掲載しています。


・ヘイローの直接クロス
POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績
連対率 1走当
ディープ牡馬全体 463 242 23 57.2 35.3 % 390 万円
ヘイローのクロス牡馬 35 13 3 45.7 30.8 % 645 万円

マカヒキ、サトノダイヤモンドの他、ダノンバラード、アダムスピークなどが出ていますが、そのワリには微妙な成績です。
ダービーのワンツーがあるぶん1走当賞金は高いものの、それ以外の数値は全て平均以下。
これはニックスといえるのでしょうか……?


・レッドゴッド持ち
POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績
連対率 1走当
ディープ牡馬全体 463 242 23 57.2 35.3 % 390 万円
レッドゴッド持ち牡馬 46 24 3 58.7 39.4 % 462 万円

POG期間に重賞を勝ったのはマカヒキとベストディールのみですが、全体的に平均を上回っています。
成績が悪くない理由として個人的な推測ではありますが、レッドゴッド持ちの多くが『ブラッシンググルーム』を経由しているということにあるのではないかと考えています。
ブラッシンググルームが持つ「テューダーミンストレル」という血はディープにとって魅力のある血。
つまり(レッドゴッド以外の恩恵を持つ)ブラッシンググルームが成績を引っ張り上げているのであって、レッドゴッドそのものの恩恵とは一概にいえない可能性もあると思ってます。


・サーアイヴァー持ち
POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績
連対率 1走当
ディープ牡馬全体 463 242 23 57.2 35.3 % 390 万円
サーアイヴァー持ち牡馬 23 8 2 43.4 29.4 % 205 万円

POG期間の重賞馬はまだいません。
先週サトノアーサーが初重賞馬になるかな~と思ったのですが、2着に敗れてしまいましたね。
成績データは勝ち上がり、連対率、1走当賞金全てで平均を下回っています。


・ドローン持ち
POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績
連対率 1走当
ディープ牡馬全体 463 242 23 57.2 35.3 % 390 万円
ドローン持ち牡馬 20 11 0 55.0 37.3 % 276 万円

サトノルパンやアヴニールマルシェが頑張っていますが、POG期間の重賞馬はいません。
極端に悪いデータではありませんが、これといって優秀でもないですね。



どれも思ったほどは成績が伸びていないのは、ディープが伝える資質の影響なのかもしれません。

ディープはヘイロー≒サーアイヴァーによる柔らかな切れを伝える一方、それが非力さとなって産駒の足かせとなる種牡馬。
ヘイローを増幅して軽快さを引き出すことは、牡馬においてはメリットが少ないのでしょう。

マカヒキやサトノダイヤモンドにはヘイローの瞬発力が確実に受け継がれていたことは間違いありません。
ただそれはあくまでも“個性”。
2頭の本当の強さを支えた血……ディープの配合の核となっていたのは、マカヒキならフレンチデピュティやフェアアリシア(のアリシドン+フェアトライアル)、サトノダイヤモンドならルアー(のダンジグ+アリダー)やタタン(バステッドとニアリーの血)だったんじゃないかな~と思ったりもします。

昨年の京都2歳Sを勝ったカデナは母父がフレンチデピュティで、しかも6代母アレッジドがアリシドン+フェアトライアル。
つまりマカヒキと同じ仕掛けが施された馬です。
唯一の違いはヘイローをクロスしていないことですが、もしヘイロー増幅がディープ牡馬にとって大きなプラスではない(つまりヘイローを持たないカデナの欠点とはいえない)のだとしたら、今年の日本ダービーに一番近いのはこの馬かもしれません。



今回は天邪鬼な文章にするという前提で書いたので、ちょっと推論に悪意があったことは否定しません(^_^;)
そもそもトレンドというのは今この瞬間に勢いがあるものですから、長い期間の傾向から結論を出すこと自体がズルいですしね。

育成の進歩、馬場の変遷など、いろんな要素によってディープの傾向が変わっている可能性も十分あります。
だとすればこの記事を書いた僕は、将来(しかもそう遠くない将来かな?)土下座をする羽目になるんでしょうね。
でもこれまで僕はキズナで土下座し、ハープスターで土下座し、サトノダイヤモンドで土下座し…もう土下座には慣れましたよ(笑)



大切なお知らせ ⇒ コチラ