笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

POGでクロフネ牡馬を指名する利点

クラリティスカイがNHKマイルカップを勝ったので、POGでクロフネ牡馬を指名する利点を考えてみました。

クロフネはフィリーサイアーというイメージを持っている方は多いと思います。
実際それは正しくて、活躍馬は牝馬の方が多いです。
試しにPOG期間内の芝データを調べてみたところ、やっぱり牡馬より牝馬の方が成績は優秀でした。


・POGデータ(芝)
(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
牡馬・芝 504 44 8.7% 14.4% 157万円
牝馬・芝 502 53 10.6% 16.2% 144万円

競走馬全体の傾向としては、牝馬は牡馬と比べると成績が低くなるのが普通です。
しかしクロフネの場合はそうなっていませんから、これは立派なフィリーサイアーと言っていいのではないでしょうか。


でも牡馬に魅力がないわけではありません。
牡馬が優れているのは、芝でダメでもダートで潰しが利くというところです(あんまし褒めてないか、笑)。

もちろん牝馬のアタリを無事に引ければ全く問題ないんですけど、世の中そう簡単にいくわけがありません。
もし上手くいかなかった場合にダート路線で堅実に稼ぎやすいのは、パワーに優れた牡馬の方です。


・POGデータ(ダート)
(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
牡馬・ダート 504 149 29.6% 21.8% 122万円
牝馬・ダート 502 115 22.9% 17.6% 95万円


ぶっちゃけ、そもそも牝馬でも(他の種牡馬と比べて)そこまで成績優秀ってわけでもないですよね。
芝勝ちあがり率は10頭に1頭くらいしかいませんし…(^_^;)

ホエールキャプチャ、クロフネサプライズ、ストークアンドレイ、マルモセーラ、オディールを狙って、もしアタリを引けない場合は戦力になりづらい牝馬。
一方、フサイチリシャール、クラリティスカイ、インパルスヒーローを狙って、外れた場合でもダートでちょこっと小銭を稼ぐことが出来る牡馬。

どっちにしろ、かなりリスクの伴った指名になるのは間違いありませんから、それなら外れた時に潰しが利きやすい牡馬を指名するってのもアリかもしれませんよ。

…そもそもクロフネ産駒は指名しねーよって思って読んでる方も多いんだろうな~とか考えつつ、今回の記事を書いてみました(笑)



ちなみに、クロフネと相性の良い血脈(ノーザンテースト、トニービン、ヌレイエフ、マルゼンスキー、サンデーサイレンス)との組み合わせについても、成績データを調べましたので参考にしてください。


・POGデータ(芝)
(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
ノーザンテースト牡馬・芝 78 10 12.8% 17.0% 193万円
ノーザンテースト牝馬・芝 92 11 12.0% 17.3% 170万円






(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
トニービン牡馬・芝 38 5 13.2% 16.7% 241万円
トニービン牝馬・芝 32 6 18.8% 22.7% 246万円






(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
ヌレイエフ牡馬・芝 29 6 20.7% 20.8% 183万円
ヌレイエフ牝馬・芝 45 6 13.3% 19.2% 120万円






(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
マルゼンスキー牡馬・芝 23 5 21.7% 19.8% 407万円
マルゼンスキー牝馬・芝 32 2 6.3% 22.2% 154万円






(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
サンデー牡馬・芝 214 23 10.7% 17.4% 216万円
サンデー牝馬・芝 207 27 13.0% 17.6% 154万円


牡馬もそこまで劣っているというわけではなさそうです。
ではダート路線に行った場合はというと…


・POGデータ(ダート)
(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
ノーザンテースト牡馬・ダ 78 21 26.9% 24.7% 142万円
ノーザンテースト牝馬・ダ 92 16 17.2% 15.3% 81万円






(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
トニービン牡馬・ダ 38 12 31.6% 30.0% 151万円
トニービン牝馬・ダ 32 11 34.4% 26.9% 135万円






(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
ヌレイエフ牡馬・ダ 29 6 20.7% 26.3% 180万円
ヌレイエフ牝馬・ダ 45 9 20.0% 17.8% 88万円






(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
マルゼンスキー牡馬・ダ 23 8 34.8% 25.3% 142万円
マルゼンスキー牝馬・ダ 32 9 28.1% 16.3% 86万円






(POG期間内) 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
サンデー牡馬・ダ 214 68 31.8% 24.7% 145万円
サンデー牝馬・ダ 207 42 20.3% 17.9% 94万円


牡馬の方が優秀ですね。

ニックスについての詳しい理論については、血統同人誌「配合パズルでアタリはわかる2014」で考察しています。
興味をもっていただけたら是非読んでいただけると嬉しいです(今回の記事で興味がわくとは思えないけど、笑)


配合パズルでアタリはわかる 2014配合パズルでアタリはわかる 2014
(2014/04/30)
くりがしら

商品詳細を見る



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ




スポンサーサイト
2015/05/18 | 09:54
クロフネコメント:6トラックバック:0
 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?