ダノンプラチナ考察 ~ワンペースを極めし者~

この馬は「ディープインパクト×アンブライドルド」という必勝黄金パターンの配合馬です。
この構成のポイントについては5月発売の同人誌に全部書きましので、詳しくはそちらをご覧になってください(まだ発売してないけど、汗)

ということで、ダノンプラチナの能力の高さは上記の仕掛けによって保証されていますから、今回はダノンプラチナがどういうタイプなのかを中心に考えてみたいと思います。


ダノンプラチナの母父“アンブライドルズソング”は、ファピアノ×カロで構成されている上、ファピアノとラッキースペル間で「ナスルーラ≒ロイヤルチャージャー、プリンスキロ」をクロスしているため、柔軟性に富んだスピードを伝える種牡馬です。

その一方で、アンブライドルド内のベターセルフ≒ブサンダ5×5・5や、自身が持つインリアリティとレリックによるウォーレリック7・7×6など、やや大味な米パワー血統が上記の柔らかさを支えていることから、柔らかいと言っても鋭い切れ味を伝えるような血脈ではありません。
どちらかと言えば惰性的な持続力に秀でたワンペースなスピードという印象です。


実はダノンプラチナはアンブライドルズソングと似たような資質を伝える血脈をもう1本抱えています。
“シアトルスルー”です。

シアトルスルーも「ナスルーラ≒ロイヤルチャージャー」4・5×4にプリンスキロを加えた“ナスキロ”的な柔軟体質を特徴としているのですが、母のマイチャーマーが持つ「ストライキング=ブッシャー」3×3の米血をパワー源にしているため、スパッとは切れずにダラっとしたスピードを伝えやすい血脈といえます。

特にダノンプラチナの場合は、そのシアトルスルーを内包する2代母マジカルアルーアが、グラマーにネヴァーベンドを合わせて「ナスルーラ+ラトロワンヌ」を脈絡させているため、ドロっとした柔らかパワー……即ちシアトルスルー的なスピードをより強調させた構成になっています。


だからダノンプラチナは、新馬戦やスプリングSのように機動力+瞬発力を問われる展開になると意外に脆い反面、ベゴニア賞や朝日杯FSのようにスピードの持続力が活きる展開では凄い強さを発揮するのでしょう。

柔らかいワンペース資質をとことん極めた馬、それがダノンプラチナなのです。


ところで、皐月賞はどんな展開になるの?(笑)

スポンサーサイト

ドゥラメンテ考察 ~名家の正統な継承馬~

前回の記事でリアルスティールのことを「何一つ血統表にキズがない」と書きましたが、今回考察するドゥラメンテも「キングカメハメハ×アドマイヤグルーヴ(サンデーサイレンス×エアグルーヴ)」の超A級の三ツ星血統です。


ドゥラメンテの2代母父にあたる“トニービン”は、重厚かつ柔らかな斬れを武器にした種牡馬です。
この資質は、トニービン自身が抱える「ナスルーラ=リヴァズ5・5×4」の柔軟性と「ハイペリオン5×3・5」の持続力が、高いレベルで融合することによって表現されています。

そんなトニービンをキングカメハメハに合わせると、“ホーンビーム”のクロスが成立します。
ホーンビームは「父ハイペリオン×母父ナスルーラ」ですから、上記トニービン資質の縮図であり、中核的な存在といえますね。
それをクロスして強化するのですから、この組み合わせはトニービンの斬れをメインにして走る配合となります。


しかしドゥラメンテが凄いのはそこだけではありません。

実は祖母のエアグルーヴも「ホーンビーム≒パロクサイド」3×3によって、トニービン資質を強力な武器にした競走馬だったのです。
http://pednet.k-ba.com/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=114&mdata=5887

ドゥラメンテはこれまでの4戦全てを東京コースで走りましたが、瞬発的な加速ではなく、一完歩づつ力強く伸びる重厚な斬れという印象を抱きました。
あれはトニービン資質だけで表現されたのではなく、エアグルーヴ(パロクサイド)資質をちゃんと受け継いだことによって実現した走りともいえます。

ドゥラメンテの走りは、偉大な名牝系の正統な継承馬であることの証でもあるのです。




余談ですが、キンカメ×トニービンの組み合わせは64頭のサンプルがいるんですけど、その内の3分の1強の22頭が、同時にノーザンテースト併せ持っています。
んで実はキンカメ×トニービンで重賞連対、もしくはオープン勝ちをした馬(ルーラーシップ、ラブリーデイ、ミッキードリーム、タガノエトワール、アドマイヤセプター&ドゥラメンテ)って、全馬ノーザンテーストを持っている方から出ているんですよ。

トニービンの資質はナスルーラ的に柔らかすぎるため、体幹に芯が通りづらいという脆さを抱えています。
その欠点のサポート役として大活躍するのが“ノーザンテースト”。
レディアンジェラ3×2による硬質なパワーを有するノーザンテーストを合わせることで、トニービンの緩さが引き締まるため、ホーンビーム的な斬れがフルに活きるようになるのです。

ノーザンテースト無しではトニービンは輝けないと言っても過言ではありません。
でも逆にノーザンテーストさえあれば高確率で当たるわけですから、これは皆さん絶対に覚えておきましょう(5月発売の同人誌でも書きましたので、そちらも是非ご一読ください)。


要するにドゥラメンテは単なる超良血馬というだけではなく、配合構成、そしてバランス面でも三ツ星の競走馬ってことです( ゚∀゚ )

リアルスティール考察 ~美しすぎる血統馬~

母のラヴズオンリーミーは、ストームキャット×キングマンボ全妹という超良血構成。

そこにディープインパクトですから、ビックリするくらい何一つ血統表にキズがありません。
流行りの言い方をすれば「美しすぎる血統馬」なのです(逆に安っぽくなりますかね、笑)


さて、ディープインパクト×ストームキャットという構成は、「アルザオ≒ストームキャット」による柔らかさが強く出やすいです。

そのぶん、キズナ、アユサン、ヒラボクディープ、エイシンヒカリなど、多くの活躍馬は“ウォーレリック”やその全妹“スピードボート”を合わせることでパワーを補強しています。
ストームキャットの血統内でも比較的パワー資質に優れた“クリムゾンセイント”に対してウォーレリックを合わせることで、「マタハリ≒エイトサーティ≒ウォーレリック」のニアリークロスを作って頑丈さを引き出しているのです。


しかしリアルスティールはというと、クリムゾンセイントを増幅するウォーレリック的な血を一切持っていません。
こういう言い方をすると語弊があるかもしれませんが、ストームキャットを絡めた配合としては不完全な馬なんです。

でもその代わり、“フォルリ”のフェアトライアル的パワーを補給することによって、ピリッと引き締めたことが功を奏しています。

ディープインパクトは母系のフェアトライアルを増幅することが配合の急所ですから、ディープの配合としての総合力で考えた場合は、ウォーレリックを絡めた配合よりも、むしろクオリティで勝っているとみることもできます。


キズナやアユサンは、どちらかと言えばストームキャット資質が強く出ていたため、ダービーや桜花賞など直線の長いコースで豪快に切れるしなやかさを有していました。

一方その柔らかさが裏目に出てしまったのが、リアルスティールの全兄ラングレー。
ラングレーもストームキャット的に柔らかい馬でしたが、残念ながらキズナやアユサンのように上手くはいかず、柔らかさが強すぎちゃったようです(^_^;)
その結果、締りのないダラシなさが滲み出てしまい、POG期間は伸び悩んでいました。

そんな兄と比べて、リアルスティールの方はフォルリ的な資質がしっかりと伝わってくれたため、メリハリのあるスピードがしっかりと備わっています。
それどころか、この馬はむしろキングマンボ(の全妹)的なパワフルさがかなり強く出ているようにも見えるんですよね。

共同通信杯の直線で、溜めた脚を爆発させた時の瞬発力。
そしてスプリングSの急坂で強襲した力強さ。
凝縮された筋肉が弾けるように加速するあのスピードは、キズナやアユサンのそれとはちょっと違う、リアルスティール独自の特徴だと感じました。


だから個人的には、この馬は皐月賞に向いているタイプだと思っています。
だけど福永騎手はきっとダービーを意識した乗り方をするでしょうから、そこがどうなんだろうな~って(^_^;)

サトノクラウン考察 ~三芸に秀でた馬~

サトノクラウンの母ジョコンダ2は、「ロッシーニ≒ヴェットーリ」1×2という強烈なニアリークロスを抱えるお母さんです。
http://pednet.k-ba.com/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=56822&mdata=18991

リンク先のPed Netで目視出来るクロス(ミスタープロスペクター、サーアイヴァー、ノーザンダンサー、プリンスキロ)の以外にも、サーアイヴァー≒ホープスプリングスエターナル、サーアイヴァー≒ヘイロー、バックパサー≒フレーミングページ、リボーなど、様々な血脈が脈絡する仕掛けとなっています。
ロッシーニ≒ヴェットーリという組み合わせは、どちらも軽快さに秀でたスピード血統同士である上、脈絡する血脈も上質なものばかり。

ジョコンダ2は、母としてすでに英スプリントG1・チヴァリーパークS勝ちのライトニングパール、皐月賞有力候補のサトノクラウンという2頭の大物を生んでいます。
その優れた繁殖能力の根源は間違いなく「ロッシーニ≒ヴェットーリ」であり、クロスの存在感の強さを考えると、今後も安定して高い素質を子に授けてくれるはずです。
今後も注目しておきたいお母さんですね。


さてサトノクラウンの配合をもう少し詳しく見てみましょう。

サトノクラウンはジョコンダ2に対してマルジューを合わせて誕生しました。
それによってサトノクラウンは、「ラストタイクーン≒タッチオブグレイトネス≒エアディスティング」2×3・4というニアリークロスが発生しています。

タッチオブグレイトネスとエアディスティングは、それぞれロッシーニとヴェットーリの母なんですよね。
つまりジョコンダ2最大の長所であった「ロッシーニ≒ヴェットーリ」の仕掛け(の一部)を更に継続強化しているのです。
しかも仕掛けの内容が「ノーザンダンサー、ナスルーラ≒ロイヤルチャージャー、プリンスキロ、メノウ≒アテニア」の脈絡ですから、極めて根源的かつ柔軟性の高い体質を引き出してくれています。

優雅に切れて快勝したサトノクラウンのデビュー戦は、まさしくラストタイクーン≒タッチオブグレイトネス≒エアディスティングによるもの。
両親の“ナスキロ”ベースの資質がしっかりと受け継がれた時点で、この馬の将来性は明るいものだったと言えるでしょう。


しかし驚いたのは2戦目の東スポ杯。
ナスキロ的なしなやかさに長けている馬だけに、重賞でもそれなりに戦えるだろうとは想像していましたが、実際の走りは僕が想像していたものとは全く違うものだったのです。

直線で前が窮屈になり、スムーズに追い出すことが出来ない中、ようやく前が開いた残り100mから瞬時に加速し、あっという間にアヴニールマルシェを捕らえてしまいました。
ナスキロ的な資質は言い換えれば“緩い”体質でもありますから、今回見せた俊敏さをナスキロで表現するのにはやや違和感があります。
このスピードを司っているのは、おそらく母ジョコンダ2が抱える「サーアイヴァー≒ヘイロー≒レッドゴッド」4×4・5・6によるものでしょう。

サンデーサイレンス産駒でヘイローをクロスした馬が内回りコースで好走しやすいように、ヘイローという資質は、軽さ・機敏さに優れた血脈で、器用な立ち回りを可能にさせる“忍者的”な存在といえます。
サトノクラウンはサンデーサイレンスを持たないものの、“ヘイロー”を絡めた資質を母から受け継いだことで、急な加速にも対応してみせました。

ナスキロ資質以外に秘められた別の源泉の存在が見つかったことにより、この馬のスピードがより盤石なものであると証明されたのです。


ですが、それ以上に驚いたのが3戦目の弥生賞。
今回は距離延長の上、直線に急坂が待ち構える中山競馬場。
更に当日は雨の影響で稍重馬場ということで、サトノクラウンにとってはややタフだろうと感じていました。

しかしこの厳しい条件下により、「ラストタイクーン≒タッチオブグレイトネス≒エアディスティング」なしなやかさ、そして「サーアイヴァー≒ヘイロー≒レッドゴッド」の俊敏さではない、もう1つの源泉が明らかになったのです。

それが「ウェルシュフレイム×パト」による重厚なパワー。

ウェルシュフレイムはハイペリオン5・6×3、サンインロー6・6×6、ドナテッロ5×3のクロス持ち。
パトはコートマーシャル≒アバーナント4・4×4に、ハイペリオン≒オールムーンシャイン6×5。
どちらもスタミナに富んだ血脈ですが、両者を組み合わせることで、ウェルシュパジャント≒ハイトップ(テューダーメロディ≒ダーリンドゥ、コートマーシャルが共通)を中心に硬質な血脈が増幅されています。

この資質は、ナスキロ的なしなやかさに芯を通して切れ味を加えたり、ヘイロー的俊敏さをより機敏にするなどの効果もあるため、新馬&東スポ杯のスピードを見ていて、「ウェルシュフレイム×パト」のパワーもそれなりに伝わっているんだろうなという実感はありました。
しかし今回のタフな状況で、いかにもこういう馬場に強そうな配合のブライトエンブレムが躍動している中、その更に前を駆け抜ける程のパワーがサトノクラウンに秘められているとまでは全く想像していませんでした。


サトノクラウンが優れた馬であることはわかっていましたが、これまでは優れたスピード馬としての話。
ですが弥生賞の走りをみて印象がガラッと代わりました。
しなやかさ、俊敏さ、力強さの三芸に秀でた走りは、見ていて本当にワクワクさせてくれます。

簡単に勝てるほどG1の舞台は甘くはないのはわかっていますが、里見オーナー初のG1制覇という、POG界の特大サプライズを期待せずにはいられません。

キャットコイン考察 ~全ての分岐点を正しく進んだ奇跡の馬~

一昨日、歯医者さんに定期健診に行ってきました。
歯科衛生士さんと世間話をした時に、ふとした展開から僕の趣味が競馬であるという話になったんですけど、そしたらその衛生士さんも実は競馬が好きなんです~と、まさかの返答が。

もう歯科衛生士さんの時点で基礎ポイントが高いのに、そのうえ競馬好きとか言われたらテンション上がるじゃないですか( ゚∀゚ )
でも悲しいかな、ただでさえ人見知りなのに久しぶりの歯医者さんだったので、診察台に座っていると無駄に緊張しちゃいまして…。
心とは裏腹に、思考回路が上手く作動してくれないんですよ。


歯科衛生士さん「くりがしらさんは競馬詳しいんですか?」
くりがしらさん「・・・いやぁ・・・毛が生えた・・・程度ですぅ。。。(*´ェ`*)」


終 ~ 了 ~ ! !


虫歯は無かったので良かったです。
いや、虫歯が見つかって通院することになっても良かったです(笑)



さて、今週の桜花賞で有力候補の1頭となっているキャットコインは、重賞・クイーンCを三連勝で制した無敗の実力馬です。

母のストレイキャットは「ストームキャット×ゼンノロブロイの母」という良血で、このプロフィールだけを見れば重賞を勝っても全然不思議ではないように思いますよね。
しかし「ステイゴールド産駒」の血統的に考えると、重賞制覇は“まさかの結果”といってもいいほど予想外なものでした。

なぜなら、これまで「母方にミスタープロスペクターを抱えるステイゴールド産駒」の活躍馬がほとんどいなかったから。
詳しくはステゴ×ミスプロについてのエントリーを書きましたのでそちらを読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1338.html

なんせPOG期間でもっとも活躍したミスプロ持ちはチューリップ賞2着のウインプリメーラで、他はみんなサッパリでしたからねえ。
先日の記事でクイーンズリングを考察の際に、クイーンズリングの重賞制覇は「9世代目で起こった珍事」と書きましたが、キャットコインの重賞制覇は「10世代目の大大大珍事」だったのです。


上のリンク先で書きましたが、ステゴ×ミスプロがネガティブニックスである一番の理由は、ステゴは頑丈さが欲しいのにも関わらず、ザテトラーク的な柔らさを強力に増幅してしまうから。
“ひ弱”に出てしまうため、柔らかがプラスとして機能してくれないんです。

しかしキャットコインは2戦目のひいらぎ賞で、中山の急坂を力強く駆け抜けていますよね。
もしミスプロ的なひ弱さが強く出てしまっているのであれば、たとえ高い素質を持っていたとしても、ああいう勝ち方は出来なかったかもしれません。
キャットコインに関しては、ミスプロが入ることによる欠点がそこまで出ていないように感じます(でもクイーンCではミスプロを嫌って△評価にしたけど、笑)。


じゃあなんで弱点が出なかったのかというと、配合構成の中で起こりうる様々な事象において、全て上手いことプラスの要素ばかりを受け継いでいるからです。

まず母父にストームキャットを据えて「ノーザンテースト≒ストームバード」のニアリークロスを作っています。
この仕掛けは簡単に言うと、「ノーザンダンサー、チョップチョップ」が脈絡することがポイントになっていて、ステゴのツボであるノーザンテースト的な頑丈さを増幅する効果が期待できます。

しかしストームキャットという種牡馬は、母ターリングアのセクレタリアト+ファーストローズの柔らかさの方を強く伝えやすい血なので、「ノーザンテースト≒ストームバード」の仕掛けよりも、ターリングアの柔らかさが足かせになることもあるんです。
なので本来ならミスプロと同様、実はステイゴールドとの相性はあまり良い方ではありません。

しかしキャットコインの場合は、3代母ワンスマートレディを構成する「アイスカペイド+ローマン」が、上記の「ノーザンテースト≒ストームバード」の仕掛けに対して、ノーザンダンサー≒アイスカペイド、チョップチョップ≒ローマンで同調したため、パワーに優れたストームバード資質の方を引き出すことに成功しました。
これがストームキャットの中でも柔らかいターリングア資質が伝わってしまっていれば恐らくここまでの活躍は出来なかったでしょう。
まずこの分岐点で正しい道を進んだのが大きなターニングポイントになっています。


そして二代母父マイニングも重要な分岐点になっています。
マイニングの父はミスタープロスペクターですから、確率的に考えたら絶対マイナスに作用しやすいハズです。

ですがキャットコインは、マイニングでも父ミスプロの柔らかさではなく、母アイパスの資質を強く受け継いだことで、マイニング資質がプラスとして機能してくれました。
アイパスは「ブサンダ≒ベターセルフ」2×3という米パワーの凝縮的なクロスを持っています。
こちらが強く伝わったため、ミスプロ持ちのステゴ産駒とは思えないパワフルさが表現されたのです。


とはいえ、絶望的に相性の悪いステゴ×ミスプロの組み合わせから上手くプラス要素を引き継げるなんて、未だに信じられません。
まず母父ストームキャットの分岐ルートで正解を選び、続く2代母父マイニングルートでも正しい選択をし、加えて3代母ワンスマートレディのところでもちゃんとフラグを立てていたため、真エンディングにたどり着くことが出来た…。
きっとそういう奇跡の結晶なんでしょうね。




ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

カテゴリ

最新コメント

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.

リンク