笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

サラブレ4月号の『QN』は角居勝彦厩舎(後編)です

3月13日に『サラブレ』4月号が発売しました。
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/

この時期恒例の春の血統特集は、新種牡馬たちの未来を占います。
注目はなんといっても今年産駒が2歳を迎えるオルフェーヴル、ロードカナロア。
名競走馬だった2頭は名種牡馬にもなれるのか?
馬産地の評判を聞いてみました。
また、今年スタッドインした種牡馬や血統を超越した現役競走馬の企画も!
その他、フェブラリーS3連単をズバリ的中したコテツ氏が再登場する大阪杯・高松宮記念予想、多くの日本馬が参戦するドバイワールドカップデーの馬券攻略、オリジナル騎手名鑑(後編)、久しぶりの守永真彩さんの連載には内田博幸騎手が、竹内紫麻さんの連載にはディーマジェスティが登場します。





『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第18回は「角居勝彦」厩舎を研究しています。
角居厩舎は牡馬と牝馬によって厩舎ニックスを使い分けている厩舎。
後編の今回は、牝馬の活躍馬の傾向を探りました。

松田博資師が引退したいま、牝馬の重賞勝ち馬を多く送り出す“牝馬向き”の厩舎は、石坂厩舎と角居厩舎となりました。
その2厩舎がどちらも同じ厩舎ニックスのパターンであるというのは、とても興味深い傾向ではないかと思います。

角居厩舎の現3歳の牝馬では、エルフィンSの勝ち馬サロニカが桜花賞に出てきそうですね。
若干重厚さが強い感じもしますが、配合は決して悪くはありませんし、何よりも角居厩舎のニックスがしっかりとベースを支えている馬です(詳しくは本編で)。
本番でどんな走りを見せるのか楽しみです。


なお、今月号の本編で触れましたが、『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』の連載は次回が最終回となります(´;ω;`)

一応いっておきますが、打ち切りではなくネタ切れです(笑)
およそ1年半の連載は長いようであっという間でしたが、自分のやりたかったことを全て出し切るまでやらせてもらい、本当に幸せでした。

まだ最終回の原稿制作が終わってないので気を抜くことはできません。
無事に完走できるよう、ラストスパート頑張ります!╭( ・ㅂ・)و ̑̑

まずはみなさん、今月の角居厩舎をよろしくお願いいたします。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ



スポンサーサイト
2017/03/14 | 11:41
告知コメント:0トラックバック:0

サラブレ3月号の『QN』は角居勝彦厩舎(前編)です

2月13日に『サラブレ』3月号が発売しました。
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/

特集は「2017年に買いたい路線別主役候補と激走上がり馬」。
現在の各路線の力関係を整理しつつ、識者に今年の主役候補と激走上がり馬をあげてもらいました。
その他企画記事は本誌オリジナルの「騎手名鑑2017(前編)」、「フェブラリーS&冬のダート競馬攻略」。
その他、佐藤哲三元騎手、池江泰寿調教師、田辺裕信騎手、1ヶ月間の重賞と特別レースの傾向を探るなど、連載陣も盛り沢山。






『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第17回は「角居勝彦」厩舎を研究しています。
角居厩舎は牡馬と牝馬によって厩舎ニックスを使い分けている厩舎。
前編の今回は、牡馬の活躍馬の傾向を探りました。

厩舎ニックスの研究をはじめた当初、角居厩舎のニックスは1つしか見つけることができておらず、今期のPOGではその理論を参考にクリアザトラックを指名しました。
しかしそれが牝馬用のニックスだと気づいたのは昨年の秋になってからのことです。

クリアザトラック自身の配合そのものは素晴らしいので、もちろん指名することに問題はありません。
ですが角居厩舎とのニックスという観点からみたら、(実際に活躍するかどうかはさておき)狙いはエアウィンザーやグローブシアターの方だったかもな~と、今では考えたりもします。

僕自身、もっと厩舎ニックスを使いこなして良い馬を指名できるように頑張らないと╭( ・ㅂ・)و ̑̑



大切なお知らせ ⇒ コチラ



2017/02/16 | 15:57
告知コメント:4トラックバック:0

サラブレ2月号の『QN』は国枝栄厩舎です

告知が遅くなってしまいましたが、1月13日に『サラブレ』2月号が発売しました。
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/

特集は「有力3歳馬たちの可能性」。
2歳戦を沸かせた馬たちが今後どのような活躍をみせてくれるのか、その真の実力は? 馬体・レースぶり、血統などから占います。
特別企画は藤田伸二元騎手が2016年競馬シーズンを振り返るぶっちゃけ放談。
その他、金満血統王国連載20周年特別企画、日本や欧州で産駒が大活躍の種牡馬フランケル、日本馬が2勝した香港レポートなど、特別企画満載。「金満」の田端到氏の短期集中連載も開始!




『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第16回は「国枝栄」厩舎を研究しています。

国枝厩舎はストームキャットの血と相性が良いですが(理由は本編を読んで下さい)、これを更に「ディープ×ストームキャット×国枝厩舎」に限ると、6頭管理して青葉賞馬ヒラボクディープ、東スポ杯2歳S2着プロディガルサン、スイートピーS勝ち馬ディープジュエリーを手がけるなど、中々の好成績をおさめています。
ディープとストームキャット自体がニックスですから、配合、厩舎との相性の両面からプラス効果が見込めるのでしょう。

また今回の傾向については、競馬エイトのTMである鈴木由希子さんからいただいた感想メール(藤原英厩舎を書いたときにいただいたものです)から大きなヒントを得て書きました。
トレセンの現場をよく知り、血統にも造詣が深い方ならではの考察にはいつも驚かされてばかりです。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ



2017/01/19 | 22:42
告知コメント:0トラックバック:0

サラブレ1月号の『QN』は安田隆行厩舎です

12月13日に『サラブレ』12月号が発売しました。
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/

大幅なページ増でパワーアップ!
特別付録は恒例の2017年競馬カレンダー。
特集はもちろん有馬記念。
ルメール騎手、池江調教師他キーマンに直撃ほか、有力馬の明暗を分けるポイント、3000円で獲る3連単講座、亀谷敬正の重賞アプローチ出張版、金満血統王国出張版など、総力を挙げてお届けします。
その他、今月号より佐藤哲三元JRA騎手の新連載開始、1ヵ月の全重賞制覇を目指すお宝データ、馬場傾向がわかるトラックバイアス付きマンスリーアーカイブ、重賞以外の全特別レースの傾向分析、毎月現金1万円やオリジナル賞品が当たる読者参加型企画を毎月開催など誌面刷新号です。



巻末で編集さんが「コンセプトは一ヶ月ずっと使える競馬月刊誌です。」と書かれていますが、中身はもちろんのこと、まず見た目がページ大幅増+平綴じに変わっていて、本棚に保存版としておいても見栄えのするプレミアムな雰囲気が醸し出されてます(^^)



『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第15回は「安田隆行」厩舎を研究しています。

名スプリンターを数多く手がける厩舎だけに、短い距離を全力で駆け抜けるパワー+底力が重要な鍵を握っています。

現2歳馬でもデイリー杯2歳Sを勝ち馬ジューヌエコールや、京王杯2歳Sの勝ち馬モンドキャンノも、しっかりと厩舎ニックスの恩恵を受けてますね。

それだけにモンドキャンノが朝日杯で距離延長する点をどう見るかがまたややこしいワケですが(^_^;)
ま~馬券的な問題はさておき、POGや一口においては間違いなくプラスですから、積極的に取り入れていきたいところです。




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ



2016/12/15 | 18:23
告知コメント:0トラックバック:0

サラブレ12月号の『QN』は藤原英昭厩舎です

11月11日に『サラブレ』12月号が発売しました。
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/

ジャパンC、チャンピオンズCなど、国内G1の攻略はもちろん、今では大きな繋がりを持つ海外競馬の情報も満載。
ジャパンCの有力馬、海外調教馬過去分析、凱旋門賞で1~3着を独占したアイルランドのバリードイル勢の正体、12月に行なわれる香港国際レースの展望など、他では読めない企画をお送りします。
その他、馬券力アップのためのレースの波乱度を見極める『設定理論』紹介、読者参加型企画の年忘れ競馬クイズなども。




そして栗山師匠の連載、「血統史たらればなし」が今号で最終回のようです(´;ω;`)

ポストにサラブレが届いたらまずQNのページを開き、トーンの貼り忘れや描きミスのチェックがてらに仕上がりを確認。
それが終わったら次のページをめくって「たらればなし」を読む……というのが毎月の楽しみでした。

QNの連載がはじまってから一年二ヶ月の間、師匠と同じ誌面で時を共有することができて光栄でした!




『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第14回は「藤原英昭」厩舎を研究しています。

先週デビューしたメイズオブオナーという馬は、藤原英厩舎のニックスにドンピシャな血統構成をしていますね。
残念ながら新馬戦は3着という結果でしたが、まだビシっと仕上げてる感じではありませんので次走が楽しみです。

あと面白いかもな~と思ったのは、シェイク・モハメド殿下率いるダーレーとの組み合わせ。

ダーレーは上質な血統構成の産駒をたくさん所有しているため、自然と藤原厩舎向きの欧血が含まれがちです。
現2歳馬のコーカス、ベストアプローチはいずれも勝ち上がっていますが、どちらも藤原厩舎とニックスであるサドラーズウェルズを持っていますね。

今後注目しておきたいです。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ



2016/11/15 | 19:27
告知コメント:3トラックバック:0
 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?