リラックススマイルの2015を考える

2017/02/23 17:26

この前、同人誌制作を休止する発表をブログで書きました。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1696.html

その記事の中で、「でもこのままモヤモヤした状態で今まで通りに作り、(中略) マブダチのdskさんなど多くの方に紹介していただく、それはどうしても納得出来ませんでした。」というふうに言ったのですが・・・

たったこれだけの一文に対し、わざわざdskさんが心のこもった記事を書いてくださりました。
http://blog.livedoor.jp/gotoupog/archives/5175164.html


せめて感謝の気持ちだけでもお返ししたいなと思いまして。
ちょっと前にdskさんがヘイローをクロスしたディープ産駒2頭をレビューされていましたので、僕も負けじと2歳馬でヘイロークロスを持つディープ産駒を紹介することにします。


↓マブダチの記事はコチラ

ウォッチハーの2015
http://blog.livedoor.jp/gotoupog/archives/5158474.html
プチノワールの2015
http://blog.livedoor.jp/gotoupog/archives/5175400.html




リラックススマイルの2015

以前「ディープのヘイロー増幅って本当にプラス?」の記事で書きましたが、ディープにとってヘイローのクロスは必ずしもプラスになるわけではないと思っています。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1697.html

ただこれは“牡馬”の場合での話でして、牝馬においてはガンガン狙っていくべき仕掛けだとも感じています。
牝馬はどうしても根本的な筋肉量で牡馬に劣りますが、そのぶん機敏さ、柔軟性については牡馬には負けません。
なので総合力勝負ではなく、特化して切れ味を磨くことが立派な武器として成立するからです(もちろん縁の下の力持ち的にパワーを補給することも大切ですけどね)。

ヘイローをクロスしたディープ産駒の牝馬の成績を見ると、牡馬とは比べ物にならないほど優秀な数字を出しています(牡馬の成績は前述のリンク先を見てください)。

POG期間データ 頭数 勝ち上がり 芝成績
連対率 1走当
ディープ牝馬全体 432 162 16 41.2 26.5 % 269 万円
ヘイローのクロス牝馬 34 18 1 55.9 32.6 % 437 万円

POG期間に重賞を勝ったシンハライト、ヴィルシーナ、キャンディバローズをはじめ、期間後にはヴィルシーナの全妹でありGⅠ馬のヴィブロス、重賞2勝ウリウリなどがいます。
3歳馬では、現在デビューから2連勝中のファンディーナもヘイロー3×5ですね。


それをふまえて紹介したいのが、リラックススマイルの2015。

リラックススマイルはドバイディスティネーション×シングスピールという重厚なヨーロッパ血統の構成。
しかもヌレイエフ≒サドラーズウェルズ4×4やホイストザフラッグ4×5によって、その重厚さが更に全面に出るようになっています。

ただし本馬はヘイローを3×5でクロスし、軽快なスピードを引き出しているため、ディープにもとから備わっている切れ味と相まって、字面よりも好バランスなタイプが出ると見ています。
そしてもう1つ、リファールのクロスもフワッとした軽い持続力を増幅する効果があり、ジェンティルドンナを支えた仕掛けとして牝馬にとっては効果的です。

仮に牡馬の産駒だったなら若干非力(軽いけど鈍重な切れないタイプ)になる可能性があるので、牝馬に出ている今回はチャンスですね。
全姉のマローブルーも牝馬に産まれたので悪くはなかったのですが、デビューしたのが年明けの2月だったので、さすがにPOG期間は苦しい成績になってしまいました。
しかし古馬になってから3連勝し、重賞でも5着と活躍していますから、配合自体のポテンシャルは悪くないはずです。



厩舎ニックスを加味して考えた場合、リラックススマイルがシアトルスルーの血を持っているので、全姉と同じ堀厩舎でも問題ないと思います。
ただシアトルスルー自体はディープの配合にとって特別プラスの血ではありませんので、相性はマズマズといったところでしょう。

理想的な厩舎を挙げるとすれば、リラックススマイルが持つヌレ≒サドの中で増幅されている『アリストファネス』からスピードを引き出すのが得意な友道厩舎や藤原英厩舎。
もしくはリファールのクロスからフワッとしたスピードを活かすことで、女子力を高めることができる角居厩舎(詳しくは来月のサラブレ4月号にて)。

もちろん配合自体が良いので別にどこの厩舎でも構わないのですが、このあたりの厩舎に委託されるようでしたら激アツですね。


ところで僕は血統以外のことは全く知識がないんですけど、この馬がどの厩舎に預けられるのか、dskさんならある程度は推測出来るのかなあ。
netkeibaの掲示板にでも書き込んでくれないかなあ・・・|д゚)チラッ
(これだけお世話になっておきながら、まだ無茶振りをするゲス行為)


まあそれはともかく、dskさんのブログを読んでいる方ならお人柄はよくご存知だと思いますが、ここまでの心遣いをしていただいてホント胸いっぱい。
もうボク抱かれてもいいです(*´ェ`*)ポッ


・・・あ、これは無茶ぶりじゃないんで、ただの冗談なので!!


大切なお知らせ ⇒ コチラ

スポンサーサイト

ぶった斬る2017  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |