FC2ブログ
コンテントヘッダー

身内POGでダノンジャスティスを指名します


ダノンジャスティスは、マイラーとして大活躍したキングマンを父に、1400mのGⅢカルヴァドス賞を勝ったマンビアを母にもつ血統。
生粋のスピード値に優れた父と母の組み合わせによって誕生しています。

しかも本馬は多数のクロスをもつ相似配合。

ミスタープロスペクター5×3
クリス4×4
リファール5×5
グリーンデザート≒ダンシングブレーヴ≒エイヴィアンス3×4・5

・・・など、脚が速くなりそうな血をごっそりと増幅して、両親の資質を継続して引き継いでいることに好感をもちます。

調教の動画の感じでは、回転の速いピッチ走法で突っ走っていくタイプに見えました。
ちゃんと血統の美点が表現されてくれているんじゃないなか~と期待しています。


僕はこういうドギツい構成の馬が大好きなんですよね(^_^;)
過去の指名馬に例えるなら、(海外種牡馬の産駒ではありませんが)サドンストーム&ティーハーフ兄弟のように活躍してくれるといいですね~。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

身内POGでミッキーポテトを指名します



現在ノヴェリスト産駒は、牡馬で2勝を挙げている馬がゼロ。
なので血統的にツボを見つけるような状況ではありません(^_^;)

というか、ノヴェリストの血統内には高い主張力をもった血がありませんし、子孫へとガンコに伝えそうな特徴的なクロスもありません。
そもそもツボ自体がないんじゃないかとも思ってます(笑)

そんなわけで父はよくわかりませんが、そのぶん母方はわかりやすい構成をしているほうが良いだろうと思い、本馬を狙ってみました。


母のディナシーは、トゥザグローリー&トゥザワールド&トーセンビクトリーなどと同血のきょうだい。
このきょうだいはヌレイエフ4×3によるパワーが凝縮された、“わかりやすい”血統をしています。

それがノヴェリストにとって良いのか悪いのか・・・どうなんでしょう (゜_゜)

でもヌレイエフをもつノヴェリスト産駒の牡馬は、7頭中3頭が勝ち馬。
ノヴェリストにしては悪くない成績だと思うので、洋芝でパワーを活かして頑張ってほしいですね。

コンテントヘッダー

身内POGでレッドエンヴィーを指名します

ジャスタウェイは新種牡馬なので、まだタイプやツボはハッキリとしていません。
一応ドラフトの段階での予想としては、ハーツクライに近い適性を伝えつつも、ワイルドアゲインが入るぶん、父ハーツクライよりも頑丈さが強くでるタイプなんじゃないかというスタンスです。

この頑丈さはハーツクライにあった非力さの軽減であり、POG向きに完成度が早まるという見方もできますから、前向きに捉えたいポイントです。


さて、レッドエンヴィーの母スタイルリスティックは、ストームキャット×シルバーホークというコテコテのアメリカ血統。
(ジャスタウェイの父)ハーツクライ産駒の牡馬は、アメリカ血統豊富な繁殖牝馬をもつ活躍馬が多く、ストームキャットとの組み合わせにはゴーフォザサミット、マジェスティハーツ、ステラロッサ、アドマイヤアルバなどがいます。
またシルバーホークからも、ツルマルレオンとグレイルが出ています。


ジャスタウェイが僕の予想通りに、父ハーツと似た適性であるなら・・・アメリカ血統豊富な本馬は悪くないはずです。

ま~僕の予想通りなら・・・っていう条件が、もっとも信頼できない条件なんですけどね(自虐)


コンテントヘッダー

身内POGでタイセイセイヴァーを指名します

こんにちは。
すでに今期POGが低空飛行になっている、くりがしらです。。。

これまで6頭指名して、勝ったのはジャカランダシティ1頭。
他の馬もみんな掲示板には乗っているので、絶望的な状況ではないのですが、ダノンチェイサー、サターンと連続して不発に終わったのはさすがに堪えました(´・ω・`)

でも指名したディープ産駒が不調なのは今期に限ったことじゃないのでね(笑)



さて、本馬はもともと春の時点で注目していた馬。
ブログでも記事を書いています。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1775.html

厩舎も願っていた矢作厩舎になって良かったです。


少し補足しておくと、ダイワメジャーはノーザンテーストの頑丈さをほぐすために、「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)+プリンスキロ」血脈を補給することが有効です。

シンボリクリスエスにはクリスエス、シアトルスルーという2本の「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)+プリンスキロ」血脈を持っています。
またカーリアンの母フォアシアーも「ロイヤルチャージャー+プリンスキロ」血脈。

タイセイセイヴァーは母方に合計3本の「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)+プリンスキロ」血脈をもっており、本数としては十分です。


そろそろPOGも上昇気流に乗らないと心のほうがもたないので、頑張ってほしいです。


コンテントヘッダー

身内POGでサターンを指名しました


ディープインパクト産駒で日本ダービーを狙うにあたって、僕が重視しているのは以下の4点。


1,アルザオの切れ味増幅
2,ドナテッロの直接クロスを絡めたスタミナ増幅
3,パワーの補強
4,大きめの馬格



本馬の場合、切れ味に関してはアルザオ≒ラストタイクーンのニアリークロスでポイントを抑えています。
この組み合わせからは、今年のダービー馬ワグネリアンのほか、ヴァンキッシュラン、グリュイエール、ファイナルフォームなどの活躍馬が出ています。


またバークレアのスタミナについては、アクロポリスを組み合わせることで増幅。
ダービー馬のキズナや、ラストインパクト、ワールドエース、ゼーヴィント、モンドインテロ、ヴァンキッシュランなど出すパターンです。


パワー面は、サドラーズウェルズが機能しています。
皐月賞を勝ったディーマジェスティをはじめ、トーセンラー&スピルバーグ、アンビシャス、アドミラブル、ヴァンキッシュラン、アダムスピークなどの活躍馬がいます。


馬格ですが、ディープインパクトから誕生したダービー馬のデビュー戦の馬体重をみると、ディープブリランテが490キロ、キズナが482、マカヒキが506と、いずれも大きめでした。
サターンはPOG本では502キロと書かれていて、今週のギャロップによると470~80のデビューになりそうです。
もう少し大きくても良かったですけど、まあ良いでしょう。


そんなわけで、これまでのダービー馬たちに近いプロフィールをもつ本馬をドラフトで指名したわけです。

ただ、ドラフト後に行われたダービーでは、ドナテッロをクロスしておらず、デビュー戦の馬体重も450キロと決して大きくはなかったワグネリアンが優勝。
僕の狙いを全部ぶち壊してくれました(笑)


と言っても、上のツイートでも書きましたが、サターンは構成的にヴァンキッシュランに近いタイプ。
ダービーというよりは青葉賞向きのように思います。
重賞級の活躍をしてくれるなら、ダービーじゃなくてもどこでも良いです。


今期はすでに、指名馬のダノンチェイサーが新馬戦で人気を裏切ったので心が折れそうですが、どうせ毎年この時期は折れているので、のんびりマイペースに見守ってます╭( ・ㅂ・)و ̑̑


ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.ダノンチェイサー
 3.サターン
 4.ダノンジャスティス
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.ジャカランダシティ
 2.エイティーンガール
 3.プラチナポセイドン
 4.タイセイセイヴァー
 5.レッドエンヴィー
 6.ミッキーポテト
 7.
 8.
 9.
10.
リンク