FC2ブログ
ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.ダノンチェイサー
 3.サターン
 4.ダノンジャスティス
 5.グランデストラーダ
 6.オウケンドーン
 7.アルクス
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.ジャカランダシティ
 2.エイティーンガール
 3.プラチナポセイドン
 4.タイセイセイヴァー
 5.レッドエンヴィー
 6.ミッキーポテト
 7.トオヤリトセイト
 8.
 9.
10.

 

2018年10月10日(水)
ディエンティの2017

 


ディープ×「ダンジグ+アリダー」については、以前サトノダイヤモンドにギャフンと言わされてから(詳しくは下記URLにて)、毎年注目している組み合わせです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1523.html


現1歳でこの組み合わせをもつ馬は5頭います。
母コンテスティッド(ギベオン全弟)、母サマリーズ、母スターアイル(ミッキーアイル全妹)、母ディエンティ、母ドナブリーニ(ドナウブルー=ジェンティルドンナ全妹)。


母スターアイル、母ドナブリーニ、母コンテスティッドは好配合ですが、これまでもブログや同人誌で兄・姉を紹介しているので、今回取り上げるのは別の馬にしようかなと。
参考までに、ミッキーアイルを考察した記事URLを貼っておきますね。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1079.html

なんか昔のほうが、細かく真剣に血統考察してますね、ボク (^_^;)


父:ディープインパクト
母:ディエンティ
母父:ストームキャット
http://db.netkeiba.com/horse/2017104513/

母のディエンティは、ストームキャット×アリダー×ダンジグという上質な血統構成。
さらに牝系はヘイローの母として有名なコスマー。

キズのなさで言ったら、ミッキーアイル(ロックオブジブラルタル×ヌレイエフ×アリダー+マイビューパーズ牝系)やキズナ(ストームキャット×パシフィックプリンセス牝系)、リアルスティール(ストームキャット×ミスプロ+ミエスク牝系)に匹敵しますね。

スタミナ要素には少し乏しいので、クラシック路線でどうかは判断が難しいところですが、マイラーとして堅実なスピードを武器に活躍してくれるのではないでしょうか。



【宣伝】
2年半ぶりに、血統の同人誌を発売しました!
詳細は下記URLをご参照ください(^^)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1814.html

スポンサーサイト
 
 

2018年10月09日(火)
リアアントニアの2017

 


ディープインパクト×アンブライドルドのニックスは、牡馬に生まれた方が効果をみせていました。

ただ今年になって牝馬のアンドリエッテが重賞を勝ち、さらに2歳馬のグランアレグリアもクラシック路線でも期待できる走りで重賞制覇。
少し傾向が変わってきた感がありますね。

というわけで、ここらへんでアンブライドルドもちの牝馬の産駒を狙ってみるというのもアリな気がしてきたので、現1歳を調べてみました。


該当馬は6頭。
母ザズー、母シュガーショック、母ピラミマ(スワーヴリチャード半妹)、母ファッションプレート、母ラヴェリータ、母リアアントニア。


そのなかで一番お気に入りはこの馬です。

父:ディープインパクト
母:リアアントニア
母父:ロックポートハーバー
http://db.netkeiba.com/horse/2017105613/


血統的に気になった馬は他にもいたのですが、この馬の良いところは馬体重。

アンドリエッテは、デビュー時から40キロ以上増量して、474キロでマーメイドSを優勝。
グランアレグリアも新馬戦から18キロ増やして、476キロでサウジアラビアRCを制覇。

このニックスはアメリカ血統の馬格からパワーを得ることが秘訣なので、線が細い牝馬だと良さが出づらいとこはあるでしょう。
そう考えると、本馬が10月1日現在、467キロと大きめなのが何よりも心強いです。



【宣伝】
2年半ぶりに、血統の同人誌を発売しました!
詳細は下記URLをご参照ください(^^)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1814.html

 
 

2018年10月03日(水)
ダイワラスターの2017

 


オメガパフュームは、僕が初めて連れていってもらった千葉セリに上場されていた馬。
血統的にも注目していたこともあって、万世のカツサンドの美味さとおなじくらいよく覚えています(笑)

馬の良し悪しを見抜くことが容易ではないうえ、気に入った馬がいたとしても、思い通りに所有できるとは限らない。
本当に難しい世界ですよね~。


インスタの投稿に書いたように、オメガパフュームの配合的なツボは、ゴールドアリュールの母父ヌレイエフにあります。
というわけで、母方にヌレイエフをもつスウェプトオーヴァーボード産駒の1歳馬を調べてみました。

該当馬は6頭。
母アインステージ、母エインセル、母クイーンベジタブル、母ダイワラスター、母デルマキャッツアイ、母マイノチカラ。


そのなかで一番お気に入りはこの馬です。

父:スウェプトオーヴァーボード
母:ダイワラスター
母父:キングカメハメハ
http://db.netkeiba.com/horse/2017103294/


母のダイワラスターは、キングカメハメハ×ダンスインザダーク×ドクターデヴィアスという構成なので、結構重厚さが強いタイプ。
エンドスウィープの軽快なスピードを武器にするスウェプトオーヴァーボードの相手としては、ちょうど良いのではないでしょうか。

ミスタープロスペクター4×4、ダマスカス4×6、ホイストザフラッグ5×8など、突進力あるスピード要素をクロスしているので、重戦車のように突っ込んでくる差し馬になりそうです。



【宣伝】
2年半ぶりに、血統の同人誌を発売します!
詳細は下記URLをご参照ください(^^)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1814.html


 
 

2018年10月01日(月)
ラファダリの2017

 


スプリンターズSはアドマイヤムーン産駒のファインニードルが、「シャーリーハイツ」の重厚な切れ味を活かして差し切り勝ち。


というわけで、次世代のファインニードルを探すべく、アドマイヤムーン×シャーリーハイツの1歳馬を調べてみました。

該当馬は5頭。
母ヴィヴァヴォーチェ、母セレーサ(ハクサンムーンと同血のいとこ)、母ニードルクラフト(ファインニードル全妹)、母フィールマイハート、母ラファダリ。

このなかで一番お気に入りはこの馬。

父:アドマイヤムーン
母:ラファダリ
母父:シングスピール
http://db.netkeiba.com/horse/2017106609/


ファインニードルとの共通点はシャーリーハイツのほかに、シャーペンアップのクロスをもつところも一緒です。

母のラファダリは、父方にもつヘイロー+シャーリーハイツと、母がもつクリスエス≒ハビタットのニアリークロスによる、素軽くしなやかな脚さばきが特徴。
それを3代父のサドラーズウェルズと、フォルリのクロスによる強靭さが支えている印象をうけます。
現役時代はダート短距離で3勝を挙げていますが、走りそのものはエピファネイアに似てる感じがします。


ただ……、ダート版とはいえエピファネイアに似てるってことは、ムキムキなタイプではなかったというわけで。
そこにアドマイヤムーンだと、やっぱりファインニードルみたいに完成は古馬になってからのような気もしますね(^_^;)



【宣伝】
2年半ぶりに、血統の同人誌を発売します!
詳細は下記URLをご参照ください(^^)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1814.html

 
 

2018年09月27日(木)
スパークオンアイスの2017

 



正直に言うと、レイデオロがデビューする前、僕はダート馬だろうな……と思ってました(^_^;)

だってキンカメ×ボリクリで発生する「セックスアピール≒ヘイルプラウドリー」5×5のニアリークロスって、かなりパワー色が濃いんですもん。
しかし予想とは違い、レイデオロ=レイエンダ兄弟には芝向きの強靭なピッチ走法として表現されています。

まあ“空を飛ぶ”と称されたディープインパクトを産んだ、あのウインドインハーヘアを祖母にもつ血統ですからね。
そのあたりの影響でしょう。


キンカメ×母父ボリクリから誕生した牡馬の産駒は、5頭いて4頭が勝ち上がり。
レイデオロ=レイエンダ兄弟以外は、ダート3勝のロイヤルネイビーと、ダート2勝のリーガルプレゼンス。
この組み合わせ自体は、本質的にはダート向きだと思います。

いずれにしても、勝ち上がり率も優秀で、なかなか面白いパターンですよね。
せっかくなので、現1歳でこのパターンをもつ牡馬がいないか調べてみることに。
ただ残念ながら、キンカメ直仔は存在しませんでした。

ではキンカメを祖父にもつ孫世代はどうかなというと、該当馬は7頭いました。


ロードカナロア産駒・・・母エレガントマナー、母ファビラスタイム
ルーラーシップ産駒・・・母ショコラディスコ、母スパークオンアイス、母ラルシュドール(クラブで募集中止)
トゥザグローリー産駒・・・母オーマイクリス
トゥザワールド産駒・・・母プロミスウェル


このなかで配合がいいなと思ったのがこの馬。

父:ルーラーシップ
母:スパークオンアイス
母父:シンボリクリスエス
http://db.netkeiba.com/horse/2017105392/


叔父には本馬とおなじルーラーシップを父をもつダノンディスタンス(3勝)がいます。

ルーラーシップと(祖母の)アゲヒバリの組み合わせは、ヌレイエフのクロスによるパワー的な持続力が主体になります。
ダノンディスタンスは芝で走っていますが、本馬は母の父にシンボリクリスエスを挟んでいるため、前述のセックスアピール≒ヘイルプラウドリー」のパワーが追加。
叔父とは違い、ダート馬に出てもおかしくありませんね。

キンカメ×ボリクリはそれでいいんです╭( ・ㅂ・)و ̑̑


ルーラーシップ×シンボリクリスエスからは芙蓉Sを勝ったキングズラッシュが出ていますので、相性も問題ないでしょう。
今週行われるシリウスSあたりを将来的な目標にして、頑張ってもらいたいです。



【宣伝】
2年半ぶりに、血統の同人誌を発売します!
詳細は下記URLをご参照ください(^^)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1814.html