やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Category [競馬 ] 記事一覧

くりがしら氏の愛機、逝く・・・

先日のことですが、サラブレの編集さんに提出した『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟』の最終話が、ラストのチェックもOKとなって後は発売を待つのみ……となった矢先、我が家のデスクトップPCがぶっ壊れました。4月1日に日が変わった瞬間に逝くとか、マジ嘘であってほしいわ……。思えば原稿製作中のときから、何だか最近動作が重たいな~という予兆はありました。その後数日は同じ症状はあるものの問題なく操作できていたため深く考...

大切なお知らせ

最近ブログの更新が滞り気味で申し訳ありません。およそ半月ぶりの更新になりますが、今日はみなさまにお伝えしたいことがあります。これまで4年間、毎年制作していた血統同人誌「配合パズルでアタリはわかる」シリーズですが、今年はお休みさせていただくことを決めました。自分自身、初めて制作した頃に比べて血統知識の向上は実感できています。しかし悔しいことに、その情報を上手くシンプルに表現するための技量が今の僕には...

今年も2歳戦の予想を頑張る

普段、POGの血統記事を偉そうに書いてる僕ですが、馬券の成績はホントサッパリ。最後の直線でカメラがズームインして先頭の集団を映した後、ズームアウトした時には僕の本命馬はすでに画面の遥か後方。そのまま一切映らずゴールイン!いう大惨事が頻発したことから、“バシルーラくりがしら”という異名を持っています(笑…えないです)。その泥沼から脱却すべく、普段から研究する機会の多いPOG期間の2歳~3歳戦に限定し、毎レース...

ハーツクライとアドマイヤラクティ

同人誌のハーツクライ編の中、シアトルスルー持ちパターンについて、POG向きじゃないから様子見するのが無難と書きました。この理論については、特に自分が実際に指名した2頭の馬から受けた印象が大きく影響しています。1頭はマジェスティハーツ。そしてもう1頭はアドマイヤラクティです。2頭は素質の片鱗を見せながらもPOG期間は伸び悩み(マジェスティハーツは骨折の影響もありますが)、しかし期間後に徐々に成長し、古馬の...

栗山求師匠にお会いしました

昨日、栗山求師匠と初めてお会いしました!(゚∀゚)僕が同人誌で書いている「配合パズル」理論のベースになっているのは、以前栗山師匠がブログで書いておられた「マンハッタンカフェ整理整頓」です。http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/07/post-ec5e.html僕が血統に興味を持った当初、色々な方の血統考察文を読んでみたものの、何を言っているのかサッパリわかりませんでした。そんな中、最初に血統を調べるきっかけを与えてくれ...

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.