10 | 2013/11 | 12

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

サングレアルの可能性を探る

ゼンノロブロイ×カーリアンという組み合わせは、これまで目立った成績を残せてはいません。

・POG成績
頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
ゼンノロブロイ全体 408 15.8% 16.1% 138万円
カーリアン 19 16.0% 5.3% 70万円


ただ、個人的には活躍する可能性を秘めた配合だと思うんですよね。

まずゼンノロブロイの配合のポイントをざっくり説明すると…


・ゼンノロブロイが持つ、ヘイルトゥリーズン×インピッシュを増幅する
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-917.html

・「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかいスピードを補給する
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-918.html

・そのナスキロを更に増幅させる
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-962.html


この3点です。

その点、カーリアンはというと…

祖母リーガルグリームの父がヘイルトゥリーズンなので、ゼンノロブロイのポイントであるヘイルトゥリーズン×インピッシュを継続して増幅しています。
ついでにBimelech=Big Hurryもあるので、ラトロワンヌ的な要素も増幅出来るオプション付きですね。

そしてカーリアンの母フォアシアーは「ロイヤルチャージャー×プリンスキロ」で構成されていて、カーリアンはここから柔らかいスピードを受け継いでいる血脈です。
よってゼンノロブロイが最も欲しいスピードについても、補ってくれています。

ビワハイジに限っては、カーリアンに加えてサーゲイロードも併せ持っています。
フォアシアーとサーゲイロードは「ターントゥ×プリンスキロ」同士の組み合わせのクロスですね。
この仕掛けにより増幅されたキレ味はかなり強力で、実際ビワハイジの産駒は柔らかいキレに長けたタイプがほとんどですよね。


ということで、ゼンノロブロイ×カーリアンは活躍馬を出しても驚きはしない組み合わせだと思いますし、スピードに磨きがかかったビワハイジならば尚更でしょう。

ハープスター、レーヴデトワールに続いて、松博3本目の矢になれるか注目ですね。
スポンサーサイト