やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.アプルーヴァル
 8.ヴェルテアシャフト
 9.ミッキーワイルド
10.オールフォーラヴ

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.タガノエルフ
 9.デンセツノマジョ
10.

ディープインパクト基礎考察編…ポイントは“ハイクレア” 2014-04-23-Wed

ディープインパクトは「ヘイロー≒サーアイヴァー」の柔らかい資質を強く伝えます。
そのため産駒は軟弱な傾向になりやすいです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1124.html

ただ実は、ディープインパクト自身はパワー血脈を豊富に抱えています。
普段はヘイロー≒サーアイヴァーの柔らかさの影に隠れてしまっているだけなんですよ。
つまりパワー強化を狙うのならば、ディープの血統に眠っているパワー血脈を呼び覚ましてあげるだけで良いんです。
これが最もオーソドックスな作戦でしょう。


そこで狙うべき血脈は、ディープの3代母“ハイクレア”です。

特に鍵を握るのが、ハイクレアの父クイーンズハサーが持つ“フェアトライアル3×3”。
そして母ハイライトが持つ“ハイペリオン3×2”です。

ハイクレア


フェアトライアルは機動力や推進力に優れています。
ハイペリオンは持続力、底力が最大の特徴です。

どちらの血脈も、本質は硬質なパワーによってもたらされています。
両血脈の資質を強く受け継いだハイクレアのパワーは、ディープインパクトの生命線と言っても過言ではありません。

このハイクレアの増幅こそが、ディープインパクト最大のテーマなのです。





「配合パズルでアタリはわかる2014」

4月30日に血統専門の同人誌を発売いたします。
ディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ、クロフネの4種牡馬を取り扱っています。

今回の記事を読んで、POG向きの血統について興味を持っていただけましたら、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです(*ノω・*)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html

スポンサーサイト

CATEGORYディープインパクト Trackback 0 Comment 2 △Page Top

| ホーム |