07 | 2014/08 | 09

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

フェスタジュニーナ指名しました

栗山師匠は、ハービンジャー産駒のサンマルティンが新潟でどんな走りをみせるのか注目していると仰ってました。
僕もサンマルティンは配合的にも面白いと思っていて、明日のレースが楽しみです。

しかし身内POGでサンマルティンはおしづさんの指名馬になっているため、本音を言うと活躍されると困ります(笑)


僕はフェスタジュニーナを指名しました。
全兄がナカヤマフェスタですから、配合については何も問題ないのですが、せっかくですので一応ポイントをまとめておきます。

ディアウィンクの父タイトスポットはパワータイプですから、ステイゴールドの相手としては良いと思います。

しかし、タイトスポットが抱えるリファールはステイゴールドと相性が良いのですが、活躍する馬はほとんどの場合が古馬になってからという特徴があるんですよね。
詳しくは同人誌の53ページを読んでもらいたいのですが、要するにPOGに不向きなニックスなんです。

ただリファールが古馬向きなのは晩成的な血脈だからではなく、ステゴに必要なパワー資質に乏しいのが理由だと僕は考えています。

その点ディアウィンクの母父は、ガッチリしたパワーを伝えるデインヒル。
ステゴ×デインヒルは、ナカヤマフェスタの他にもフェノーメノが出ていて相性もバッチリです。

しかもタイトスポットとデインヒルの両血脈は、「ノーザンダンサー、ヒズマジェスティ、ラトロワンヌ」などが共通する相似な関係。
どちらもパワー血脈で構成され、しかもそれが増幅しあっているワケですから、ディアウィンクが伝える資質の強烈さは中々のものです。
これならリファールで補えないパワーのサポートについては全く問題ないでしょう。

ちなみに、フェノーメノの母も似たような血統構成をしていますので、ディアウィンクと見比べてみるのも面白いですよ。


まあちょっとガチガチすぎることもあって、当たり外れの激しい配合型ではあると思います。
でもそもそもステゴ自体が近鉄のブライアント的な存在ですからね。
一発ドでかいホームランを期待しつつ、明日のレースを応援します!!

スポンサーサイト