≪ 2015 01                                                2015 03 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

レース結果は、1着(…)ヤングマンパワー、2着(◯)アルマワイオリ、3着(◎)マテンロウハピネス。
せっかくマテンロウハピネスが頑張ったのに…ワイドで買っておけば良かったよ~(´・ω・`)


2着のアルマワイオリは実績通りの強さを見せてくれましたし、マテンロウハピネスもしぶとさは中々のものでした。
そしてこの2頭を破ったヤングマンパワーについては、ジュニアCで本命にするくらい配合の好きな馬です。

この馬の走法って、首の高い走りというよりは、上を向いて走っているような感じで独特ですよね。
坂を登るには便利そうな走り(?)だったのでジュニアCで本命にして、今回も坂があるのでどうしようかと迷いましたが、中山と違って阪神外回りは直線の長いコースですからね。
斜め上への推進力だけじゃだめだろうと思って無印にしたんですけど、どうやら前への推進力もちゃんと備わっていたようです(笑)


父スニッツェルはデインヒル系のパワータイプで、ノーザンダンサーの影響が濃い(4・5×4・5のクロスを持つ)種牡馬です。

ヤングマンパワーの場合はサンデーサイレンスを配し、サーアイヴァー≒ヘイローで素軽さを引き出した上で、デインヒルにフォルリを合わせてフェアトライアル的な硬質スピードで引き締めています。
ノーザンダンサーについても影響力が濃くなりすぎないよう、母方のノーザンダンサーは1本のみ。

これって要は、ハービンジャーの好配合パターン(スワーヴジョージ、ジャズファンク型)の応用ですね。
ハービンジャーの詳しい説明は、5月に発売する「配合パズルでアタリはわかる2015」に掲載するので、ここでは内緒にしておきます(笑)




ところで、僕はPOG参加2年目にダノンベルベールという馬を指名していました。
この馬は阪神ジュベナイルフィリーズで激走したものの、2着に負けて悔しい思いをしました。
そのときの鞍上がレース後に「抽選を悔やむ」とコメントしています。

ダノンベルベールは赤松賞を勝って、抽選なしでのG1参戦だったので、コメントにある「抽選」というのはダノンベルベールに対してのものではありません。
1勝馬の身ながら17分の6の抽選を勝ち抜き、しかも圧倒的な強さで優勝をかっさらった、あのブエナビスタにあてたものなんです。


阪神ジュベナイルフィリーズ
2着 ダノンベルベール 後藤浩輝騎手
「ほぼ思った通りの競馬はできたし、今持っている力の全てを出せたと思います。悔しさも浮かばないほど、勝ち馬が強かった。抽選を悔やみますよ(笑)」


この発言は凄くユーモアに溢れていて(若干ブラックユーモアも含まれてたりして、笑)、本当に大好きなコメントです。


僕は薔薇一族のファンなので、ローズキングダムの日本ダービーも当然忘れることは出来ないのですが、一番印象に残ってるのはやっぱりダノンベルベールの阪神ジュベナイルフィリーズなんですよね。

今日の競馬は楽しめてるのか楽しめてないのか良くわからず、心にポッカリと穴があいてしまったような感覚ですが、この穴は競馬を満喫することで埋めていきたい、そう思っています。



スポンサーサイト
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.