≪ 2015 08                                                2015 10 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -

ヒデちゃんとのジャンケン勝負に勝ち、POGでエルリストンの指名権をゲットしました。

詳しい考察は先日の記事を読んでもらいたいのですが、マンカフェの配合としては結構見どころタップリ。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1474.html

芝、ダートどっちのタイプでもいいので、戦力になってくれることを期待していますよ╭( ・ㅂ・)و ̑̑



さて、気分が良いので芙蓉Sを予想しました。


◎ルノートル
◯プランスシャルマン
▲ストロングタイタン
△プロディガルサン




◎ルノートル

いかにもダノンシャンティらしいヘイロー的なタイプ。
母父モンズーンも良いカンジに引き立て役になってくれているようです。

ダノンシャンティのツボはまだよくわかりませんし、決して中山向きのタイプとは思いませんが、体質がすごく柔らかいのに、それでいてダラシなさがなく俊敏に脚が回るところに惚たので、ここは本命で。



◯プランスシャルマン

ジャンポケ×ノーザンテーストの成功パターン。
ロベルトも持っていておそらく中山向きでしょうから、本来ならこの馬を本命にするべきかもしれません。

ただノーザンテーストを組み合わせると、どうしてもハイペリオンが主張してしまうため、トーセンジョーダンにしてもジャガーメイルにしてもクイーンスプマンテにしてもダイワファルコンにしても、大体の活躍馬が晩成タイプに出ています。

ま~今回は重賞ではなくオープンなので、これくらいなら素質でなんとかしてくれるかもしれませんが、配合的には若駒の頃からバリバリとやれるようにも感じないので、今回は機械的に印を下げてみました。



▲ストロングタイタン

ダンジグ4×4なので、もっとゴツゴツしたタイプかと想像していましたが、思ったよりは柔らかく、ミスプロのクロスが結構効いているのかもしれませんね。
ただ本来はダート馬でもおかしくないような配合馬で、最高速には不安がありそうな気もするので、評価としては▲くらいなかと。



△プロディガルサン

中間の調教動画を見ましたが、グッと沈むようなフットワークで走っていて、随分と成長してきてるな~と思いました。
ただディープ×ストームキャットの中でも、走法的にラングレーやサトノアラジンに近い緩慢さを感じるので、新馬からの上積みがあったとしても中山では機動力面に不安があるのは否めません。

POGの指名馬だけに気持ちではダントツの◎評価で、勝ってくれればハッピーなんですけど、馬券的にはちょっとコワイので本命するのはやめました。




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ




スポンサーサイト
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.