≪ 2015 09                                                2015 11 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

◎スティーグリッツ
◯サトノラーゼン
▲リアルスティール
△ベルーフ
△ミュゼエイリアン


サトノラーゼンはセントライト記念で本命にして撃沈しましたが、やっぱりまだ柔らかさ≒緩さが抜けていないのかもしれませんね。
それだけに京都コースならば、坂の下りで加速してなだれ込む作戦が通用するのではないかと思っています。
構成は違いますがサトノノブレスのようなレースに期待です。


配合的にはリアルスティールはかなり好きですが、キングマンボのパワースピードを強く受け継いだ走りは、どちらかと言えばマイラー寄りの中距離馬という印象です。
強気に乗れば器の違いで押しきれるかもしれませんが、この距離だと最後のあとひと踏ん張りに欠ける恐れが…。

まあそれ以前に鞍上の福永騎手が強気の競馬をしてくれるのか、そっちの方が不安ですし、ローズキングダムの菊花賞みたいな差し損ねがありそう……って想像しちゃいました(^_^;)


ただサトノラーゼンもリアルスティールも菊花賞向きのスタミナタイプではないですから、せっかくなので他の馬を本命にしたいです。
色々考えてみましたが、思い切ってハービンジャー産駒の成長力に賭けてみました。

出走してる3頭はどれもハービンジャー×ノーザンテースト持ちの成功配合です。

中でもスティーグリッツはスタミナ増幅の仕掛けも豊富で、母系にフォルリを引くため推進力もあり、3頭の中では一番配合が好きなのでこの馬を本命にしました(^^)
ちなみにスティーグリッツの血統構成は、友道厩舎の得意な傾向にドンピシャです。




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ




スポンサーサイト
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.