阪神JF 出走馬プチ考察12(メジェルダ)

阪神JFの出走馬考察12頭目はメジェルダです。


デビュー前にこの馬の血統表を見た時は、マイルをこなせそうな好配合だなというイメージを持ちました。
しかし実際の走りは気分良く突っ走ってしまうタイプで、短距離向きの俊敏さとパワーに溢れている馬でした。

母のメリュジーヌは現役時代に1200m以下で3勝を挙げた短距離馬で、使われたレースは大半が1000mです。
間違いなくこの母の適性がメジェルダに出たのでしょう。

ということで、今回はメリュジーヌの血統について詳しく考えてみたいと思います。


メリュジーヌはフレンチデピュティとストームキャットが「ノーザンダンサー、ボールドルーラー、プリンスキロ、エイトサーティ」で脈絡していて、このあたりの資質が一本気なスピードとして表現されているようです。

ただ注目すべきポイントはもう1つあります。
それはメリュジーヌの母であるメジェールの血統。
構成要素を見ると、ストームキャット、ミスタープロスペクター、ヌレイエフ、ヒズマジェスティなど。
これってロードカナロアの構成と非常によく似てるんですよ。


↓今まではPed Netのリンクを貼ってたんですけど長い間メンテナンス中なので、代わりにネット競馬の配合シミュレートを使ってみました
名称未設定 1
(※画像ではわかりませんが、グロースターク=ヒズマジェスティのクロスを持つという点も共通してます)


なるほど、どうりでメリュジーヌが生粋のスプリンターになり、その子メジェルダも短距離でかっ飛ばしてしまうわけだ。
だってロードカナロアがボトムラインにいるんだもの(笑)


とまあ冗談はさておき、メジェルダはディープの配合的にかなり高得点をあげたい馬です。
しかしここまで突進的なパワースピードが主張してしまうと、ちょっとマイルでもしんどいタイプかもしれませんね~(^_^;)



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ

スポンサーサイト

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

カテゴリ

最新コメント

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.アプルーヴァル
 8.ヴェルテアシャフト
 9.ミッキーワイルド
10.オールフォーラヴ

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.タガノエルフ
 9.デンセツノマジョ
10.

リンク