05 | 2017/06 | 07

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

身内POGでアドマイヤアルバを指名します

ハーツクライ産駒の牡馬のうち、POG期間に重賞を勝った馬は8頭。
大雑把に活躍馬の傾向をまとめると、以下の2点があがります。


ポイント1.母父の血統内にアメリカ血統が豊富

ワンアンドオンリー(母父タイキシャトル)
ジャスタウェイ(母父ワイルドアゲイン)
ウインバリアシオン(母父ストームバード)
スワーヴリチャード(母父アンブライドルズソング)
ロジクライ(母父マキャベリアン)
フェイムゲーム(母父アレミロード)
ベルラップ(母父シンボリクリスエス)
アドマイヤエイカン(母父フレンチデピュティ)

このうち、ジャスタウェイの母父ワイルドアゲインはハイペリオンの影響が強いので、コテコテの米血とまでは言えないかな。
あとはフェイムゲームの母父アレミロードも米血は含んでいますが、欧州のリボー系なので、ちょっと微妙な存在。
あとの6頭の母父は米血寄りの構成をしています。



ポイント2.デビュー戦の馬体重が大きめ。

ワンアンドオンリー(470kg)
ジャスタウェイ(490kg)
ウインバリアシオン(504kg)
スワーヴリチャード(506kg)
ロジクライ(526kg)
フェイムゲーム(458kg)
ベルラップ(490kg)
アドマイヤエイカン(496kg)

フェイムゲームが小さめ、ワンアンドオンリーは標準という感じですが、あとはみんなデカイです。


ハーツクライ産駒は若い頃に緩さが強く出る傾向があるので、筋肉質なアメリカ血統(ポイント1)を補給することが基本。
そして、その筋肉が馬体のデカさ(ポイント2)にちゃんと表現されている馬が良いってことなんでしょうね。


今回指名したアドマイヤアルバの母父バーンスタインは、現役時代は欧州で走っていますが、血統的にはストームキャット×アファームドなので、バリバリの米血です。

正確な馬体重はわかりませんが、競馬王のPOG本によると、500kgくらいあるとのことなので、小さいことはないでしょう。

あと先日、マブダチのdskさんがブログで書かれていましたが、須貝厩舎が管理したダービーまでの重賞勝ち馬は、全馬6月までに入厩しているとのこと(記事には書かれてませんでしたが、コレクターアイテムもそうですよね)。
http://blog.livedoor.jp/gotoupog/archives/5231550.html


調教の雰囲気的に、新馬戦からバリバリやれる感じはしませんが、ロジクライのように少しづつ力をつけていってくれることを期待しています。




大切なお知らせ ⇒ コチラ


スポンサーサイト