ステルヴィオを考える


というわけで、考察するのはステルヴィオとなりました。
投票してくださったみなさま、ありがとうございます(・∀・)


まず血統表を見て、最初に目につくのが「ヌレイエフ≒フェアリーキング」5×3の4分の3同血クロス。

ヌレイエフはロードカナロアのパワー源となっていた血。
フェアリーキングはガチッとしたパワーを伝える血。
この両者が同調することにより、ピリッとしたパワースピードが増幅されます。
個人的には母方にフェアリーキングを持つロードカナロア産駒は面白いのではないかと注目しています。


そんなわけで、このパワー資質がメインになっているのだろうと、ステルヴィオの調教動画を見てみたところ、……あれ?ちょっと違うなと。
イメージ的には突進的に走るタイプだと思ってたのですが、実際はトビが大きくゆったりと走っていました。

レース本番になったら、やっぱりフェアリーキングらしくパワースピード全開という可能性もあるかもしれません。
ですが調教どおりのタイプなのだとすれば、ヌレイエフ≒フェアリーキングの中でも、僕が思っていた部分ではないところが伝わっているのでしょう。

ヌレイエフ≒フェアリーキングが伝えるピリッとしたパワースピードは、主にスペシャルが持つ「ハイペリオン×レディジュラー」資質によってもたらされます。
しかしステルヴィオにおけるヌレイエフ≒フェアリーキングの場合、どうやらスペシャルの中でも「ナスルーラ×ハイペリオン」の方が強く発現しているっぽいです。


ステルヴィオの血統内を見ると、(ヌレイエフとフェアリーキングが持つ)スペシャル以外にも「ナスルーラ×ハイペリオン」資質が数多く存在しています。

まずロードカナロアの父キングカメハメハが抱える『ホーンビーム』が「ナスルーラ×ハイペリオン」。
またロードカナロアの4代母父リヴァリッジは、ナスルーラと4分の3同血のロイヤルチャージャーとハイペリオンを併せ持つ血脈ですから、これも「ナスルーラ×ハイペリオン」に準ずる血と言えます。
更にステルヴィオの3代母ファーストクラスの祖父『テスコボーイ』も「ナスルーラ×ハイペリオン」。
そのファーストクラスの2代母父『スピードシンボリ』が、「(ナスルーラと4分の3同血)ロイヤルチャージャー×ハイペリオン」です。

  ┌ Hyperion
 ┌◯
┌◯
Special
│ ┌ Nasrullah
│┌◯
└△

┌ Hyperion
Hornbeam
│┌ Nasrullah
└△

  ┌ Royal Charger (ナスルーラと4分3同血)
 ┌◯
┌◯
Riva Ridge
│ ┌ Hyperion
│┌◯
└△

 ┌ Nasrullah
┌◯
テスコボーイ
│┌ Hyperion
└△

 ┌ Royal Charger (ナスルーラと4分3同血)
┌◯
スピードシンボリ
│ ┌ Hyperion
│┌◯
└△


「ナスルーラ×ハイペリオン」というのは、ナスルーラの柔らかさとハイペリオンの持続力が融合し、柔らかく持続的な斬れ味を伝えます。

ヌレイエフ≒フェアリーキングだけを見ればパワースピードが基本ですが、ステルヴィオの場合は血統全体に散りばめられたホーンビームやテスコボーイなどにより、「ナスルーラ×ハイペリオン」の柔斬れが引っ張り出されているのでしょう。

それならゆったりした走りも納得できますし、短距離よりもマイルの方が良さそうですね。


新種牡馬ロードカナロアがどんな産駒を世に出すのか、ステルヴィオの初陣が楽しみです。



大切なお知らせ ⇒ コチラ


スポンサーサイト
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク