やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

レッドラウディーとクールオープニングの違い

今週デビューするレッドラウディーとクールオープニングの良血2頭は、どちらもマンハッタンカフェの産駒です。
それだけでなく、母方の血統構成もかなり似ています。


1,ストームキャット持ち
マンカフェはストームキャットとニックスの関係です。
素軽いスピードを与えてくれる組み合わせで、POGに向いた配合と言えます。

2,トムロルフの増幅
レッドラウディーはそのまんまトムロルフをクロスしているのでわかりやすいですが、クールオープニングはトムロルフを持ちません。
その代わりにブライアンズタイムの母ケリーズデイが、トムロルフと同じ「リボー×ローマン」の組み合わせです。
これによりトムロルフが持つ重厚な底力+パワーを上手く増幅しています。

3,ロベルト持ち
今回の記事の最重要テーマはこれ。

最初の2つは褒める要素でしたが、3つ目のロベルトはそうではありません。
POG向きのマンカフェを選ぶ場合、とにかく素軽いスピードの補強が最も重要です。
そのため、鈍重な粘りを特徴とするロベルトとの相性が良くないんですよ。

・マンカフェ×ロベルトのPOG成績
頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
マンカフェ全体 738 18.1% 20.0% 171万円
ロベルト 90 12.7% 14.6% 113万円


レッドラウディーもクールオープニングも、せっかくストームキャットでスピードを補っているだけに勿体無いですね~。
マンカフェ×ストームキャット×ロベルトと言うと、トレンドハンターがいるのでプラスのイメージを持つ方もいるかもしれませんが、ハッキリ言ってロベルトの存在は邪魔ですよ(;´∀`)


ただですね、この2頭は同じような構成こそしているものの、中身については結構違いがあると思っています。

クールオープニングのロベルトは、ブライアンズタイムを介してのもの。
ブライアンズタイムは近年では専らダート専門になっているように、基本的にパワーの要素が強いです。
しかもこれぞロベルト系というような重々しい粘りを持っています。
いくらトレンドハンターがこのパターンだからとは言え、これはあまり好ましくありません。


その反面、レッドラウディーの場合はシルバーホークからロベルトの血をを引いています。
このシルバーホークは成績がかなり芝向きに偏っている血で、軽いスピードが特徴なんですよね。

ちなみに、僕の中では「シルバーホークはロベルト系だと思うな」っていうマイルールがあるくらいです(笑)
参考になるかはわかりませんが、以前クロフネの考察をした時の記事のリンク先を貼っておきます。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-922.html

ただマンカフェ×シルバーホークは7頭しかいないので、実際にどのように働いているのかはわかりません(^_^;)
まあでも一応エーシンミズーリを出していますし、こういうロベルトだったら、別にマイナスにはならないんじゃないですかねえ。


ということで僕の個人的な好みで言えば、レッドラウディーは「ぶった斬らない」で、クールオープニングは「ぶった斬る」。
こんな感じです。

ただ、ブライアンズタイムやストームキャットって、色んな要素が上手く“プラスに”作用した時は、常識を凌駕する爆発力を秘めている血なんですよね~(^o^;)
だからクールオープニングも十分コワイ存在なのは確かです。


・主なPOGデータ
頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
マンカフェ全体 738 18.1% 20.0% 171万円
ブライアンズタイム 36 9.7% 15.9% 104万円
シルバーホーク 7 30.4% 5走のみ 168万円

マンカフェ×シルバーホークの連対率が飛び抜けてますが、これはほとんどがエーシンミズーリ1頭で稼いだもの(笑)
データはアテにしないでくださいね(^_^;)

スポンサーサイト

*Comment

愛読してます 

くりがしら先生、はじめまして。

面白いデータをいつもありがとう。
私の出資馬レッドラウディーが「ぶった斬らない」で良かった。でもダービー馬キズナが「ぶった斬る」だったので複雑な気持ち(笑)
  • posted by セシリアン 
  • URL 
  • 2013.06/06 15:27分 
  • [Edit]

>セシリアンさん 

はじまして!
キズナの“ぶった斬る”は最もイタイところです~(>_<)
当時はディープ×ストームキャットがまだ半信半疑だったんですけど、あれをぶった斬ってしまったのに、ディープ本なんて発売しちゃって良かったんですかねえ(笑)
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2013.06/06 17:40分 
  • [Edit]

勇気づけられました! 

くりがしらさん、こんばんは^^

リクエスト通り、ラウディーを取り上げていただいてありがとうございます!(^o^)/~~
いみじくもよく似た血統のクールオープニングとデビューが重なり、比較する形になったのは幸か不幸か(^_^;)
知名度、人気はクールが上でしょうけど、実力では負けないでほしいと勝手にライバル視してたので、ラウディーがぶった斬られなくてホッとしています(-.-)y-~
とりあえずデビュー戦は気の悪いところを見せずに、無事に回ってきてほしいと思います(^o^)/~~
  • posted by レプティリア 
  • URL 
  • 2013.06/06 18:56分 
  • [Edit]

 

私はサンデー系×ブライアンは、ネガティブニックスだと考えています。
ブライアンの走る馬の条件は、分厚い胸と突き出た腹袋であり、細身のサンデー系を混ぜると、この体型が崩れるため、G1級に出世しません。
これを証明しているのが、タニノギムレットの産駆達です。
母方にサンデーを持つ馬は、重賞は勝てるけどG1ではいま一です。
逆に母方にサンデーを持たないウオッカは、父同様の体型のため、あれだけ活躍できたと言えます。
今後、サンデー系×ブライアンの馬を選ぶ際には、胸の厚さと腹袋の状態を見て、選択するといいと思います。
  • posted by Y子 
  • URL 
  • 2013.06/07 00:02分 
  • [Edit]

No Title 

母父ロベルト母父父ストームバードだとエーシンミズーリ、トレンドハンターに未勝利のヴァールと2/3で当たりになります。
母父ストームバード、母父父ロベルトはレッドラウディーが初ケース。

なぜトレンドハンターが当たりかわからないままだったんですが、コレとかだったら怖いです。
  • posted by くじら 
  • URL 
  • 2013.06/07 00:16分 
  • [Edit]

 

>レプティリアさん
こんばんはー。
ラウディーは完成度の高さで勝負している馬ではないんですけど、この時期にデビュー出来るという順調さは、出資者にとってはこの上ない幸せですよね。
ドキドキワクワクの新馬戦を堪能してください(^O^)

>Y子さん
僕は血統的な好みで、そもそもサンデー×ロベルトが好きではありませんが、ブライアンズタイムだと3割増でもっと嫌いです(笑)
それが馬体的な特徴からも相反しているということでしたら、より説得力が出ますね。
僕も安心してサンデー×ブライアンズタイム嫌いを続けられそうです(笑)

>くじらさん
マンカフェにとってはスピードがあったほうが良いでしょうから、母父ストームキャット、母母父ロベルトの方がベターだと思います・・・が、ストームキャット+ロベルトが特殊な効果を出すのであれば、これまでの確立で言うと、最低でもレッドラウディーかクールオープニングのどちらかはアタリってことになりますね・・・(^O^;)
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2013.06/07 04:17分 
  • [Edit]

こんにちは 

ラウディーの記事とても嬉しいです(^^)/
ラウディーとクールオープニング、ロードストーム。マンカフェにストームキャット持ちで勝手にライバル関係と思ってます(笑)
自分は出資者なのでPOGにこだわってではありませんが、POGの期間終了時点でどんな結果になっているのか楽しみです♪
  • posted by デッカム 
  • URL 
  • 2013.06/07 17:06分 
  • [Edit]

 

マンカフェ×母父ブライアンズタイムだと、トムロルフ≒ケリーズデイとロベルトで、底力のある硬質なパワースピードが伝わるのかと。このままだと硬くて使い物にならないためアベレージは低いですが、母系にマンカフェの柔かい軽いスピードをいかせる血を活かすヘイローやナスキロを入れることで、マイナス面が解消され、ブライアンズタイムの良さがいきると判断しています。

ですので、マンカフェ×ブライアンズタイム×ストームキャットのトレンドハンターは走ったというのが私見です。

調教動いてないですが、母系の血がトレンドより良いクールオープニングは期待しています。
  • posted by チャールズ 
  • URL 
  • 2013.06/08 00:00分 
  • [Edit]

>デッカムさん 

ラウディー惜しかったですね~(>_<)
でも今後も十分楽しめそうですし、出資者としてはワクワクさせてくれる存在じゃないですか。
とりあえず今回はクールオープニングとのライバル対決に勝利したということで、次こそは決めてもらいましょう。
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2013.06/09 16:21分 
  • [Edit]

>チャールズさん 

ブライアンズタイムの優秀さは言うまでもありませんから、これをプラスとして伝えることが出来れば間違い無く大物が狙えますよね。
その点で、チャールズさんが仰っているように、ストームキャットとの併用は効果的なのかもしれませんね。
ただ僕は基本的にネガティブ思考なので、どうしてもマイナスに働いた時のことを考えてしまうんですよね~(^_^;)
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2013.06/09 16:25分 
  • [Edit]

マンカフェ産駒は4月、5月生まれが良い 

あくまで仮説ですが、ディープ産駒は2月生まれが良く、マンカフェ産駒は4月、5月生まれが良い。

マンカフェ産駒の賞金ベスト10に2月生まれが1頭もいません。
  • posted by セシリアン 
  • URL 
  • 2013.06/11 05:49分 
  • [Edit]

>セシリアンさん 

え~・・・マジですか~
てことは僕のお気に入りでは、ロードストームとチリペッパーが該当してしまいますよ!
マンカフェ自身は夏の上がり馬のイメージが強いので、早生まれで完成度を高めた方が良さそうに思えるんですけど違うんですね~(^O^;)
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2013.06/11 20:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.