≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

今週からスタートする函館の新馬戦は、シュヴァリエの配合が一番好きです。

先週のマラムデールの時にも書きましたが、フレンチデピュティはデピュティミニスター系ではあるものの、母方のスピードを上手いこと引き継いでいます。
だから配合としては、そこをもっと明確にしてあげるような工夫をしてあげれば良いのです。

そんなフレンチデピュティの活躍馬に多くに見られるのが、ヘイルトゥリーズン持ち。
これはクロフネの配合考察の時に書きましたので、そちらをご覧ください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-921.html

このシュヴァリエの場合はカーリアンがポイント。
カーリアンの母フォアシアーは母父がヘイルトゥリーズンということで、ミッターランドへの刺激はバッチリ押さえています。
しかもフォアシアーは「ロイヤルチャージャー×プリンスキロ」血脈でもありますので、「ナスルーラ×プリンスキロ」で構成されたミッターランドから、柔らかさを引き出す効果も期待出来るハズです。

・POG成績
頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
フレンチデピュティ全体 602 19.0% 23.1% 135万円
カーリアン 21 31.0% 30.4% 190万円

期間内の大物はいませんが、それ以外ではサンアディユがこのパターンですので、爆発する可能性を秘めた組み合わせだと思います。
ちなみに現役生活こそ目立たなかったものの、母としてボレアス&マウントシャスタ&カミノタサハラを産んだクロウキャニオンもこのパターンです。



他の新馬戦ではエイシンソルティーが凄いですね~(^_^;)

なんと言ってもアンブライドルドの3×3に度肝を抜かれるんですけど、その他にもミスプロ≒ボールドネシアン4・5・6×4・5や、インリアリティ5・6×6、更にはバックパサー≒フレーミングページ5・6・7×6・7になるなど、もうハンパじゃないです(笑)

でも僕、栄進さんのこういう試みが大好きなんですよね(・∀・)

「お~凄い大胆な配合だなあ(゜o゜)」・・・と関心するような馬は結構見かけますが、栄進さんの送り出す馬はちょっと違って

「キャ~!ぜってーダート馬!!(≧∀≦)」

っていう感じなのです(笑)

なのにエーシントップのような芝の大物を出しちゃうのが凄いところ。
だから配合を見ていて、これはいくらなんでもダメだろうと、しかめっ面になっているのにも関わらず、内心ワクワクしちゃう自分がいます。

ガキの頃、オナラをした奴に「クッセー!!」ってキレつつも、ちょっとテンション上がって(≧∀≦)ってなってる・・・そんな感じです(どんな感じやねん、笑)


もちろんエイシンソルティーが芝向きだと言っているわけではありませんよ(^_^;)
しかも今回のレースにしても、グランシェリーの方が良いんじゃないかとすら思ってます。

でも僕はエイシンソルティーに「キャ~!!(≧∀≦)」ってなれるだけで幸せなのです(笑)

スポンサーサイト


エイシンソルティーは、私のPOG指名馬です。
私はアメリカ血統が苦手なので、立ち姿の良さと栄進ブランドで選びました。
まあ、初戦はこんなものだと思います。
デビュー戦としては見どころ十分でしたね。
今後の活躍が期待出来そうです(^O^)
僕はPOGで指名しませんでしたが、配合は大好きなので今後も応援しています(・∀・)
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.