09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

エルノルテはぶった斬らなきゃだめですかね…?(;´∀`)

今週デビューの目玉として注目している方も多いでしょう。

全兄のアドマイヤオウジャの考察記事は去年書きました。
読み返して確認しましたが、そのまま転載しても通用しそうです(笑)
とりあえずそれを見て下さい。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-674.html

アドマイヤオウジャはそこまでの成功はしませんでしたが、今でも配合自体の評価に変更はありません。


ということで、エルノルテも文句なしの好配合!

・・・と宣言出来るかというと、実はそうでもないんですよね~(^_^;)
ディープ×インリアリティというのは、なぜか牝馬の活躍馬が出ていないのですよ(。・_・。)


ただインリアリティ牝馬といっても、十数頭しかサンプルがいませんから、結論はまだ出せません。
去年だってストームキャットがいきなり大ブレイクしましたし。
今年は何事も無かったかのように、インリアリティ牝馬からもアタリが出だすかもしれません。
だって、なぜ牝馬がダメなのか、僕もあまりわかってないですからねえ(笑)


僕自身は“失敗の確立を極力減らす”というのをモットーにしていますので、一応今年はディープ×インリアリティ牝馬は嫌う方針でいます。
なので一応「ぶった斬る」の方ではあるんですけども、ただ配合自体はかなり好きですし、基本的に成功パターンだと思っていますよ。

ちなみに、ディープ×インリアリティについては同人誌で詳しくまとめてありますので、申し訳ありませんがここでは書くことが出来ません(^_^;)
興味がある方は「配合パズルでアタリはわかる」の15、31ページを読んでください。
m(_ _)m

http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-888.html
スポンサーサイト

Comment

No title

エルノルテが活躍するようだとベユーズラッシーの子供も期待出来ますよね。どっちも音無厩舎ですから共倒れもありそうですが・・・。
キネオダンサーいまいちでした。やっぱりパワーの補強が足りないんですかねえ・・・。トロイとダンジグでいけると思ったんですけど。
母ゴールドインザグラスもパワー補強足りないですかね。
やっぱり栗東さんの同人誌に忠実に行くべきでした・・・。
ところでステゴ産駒の話ですが、ブルーアイドモモ×ヌレイエフは当たり配合にはなりませんかねえ・・・。

2013/06/26 | んちゃデヒ[URL] | Edit

>んちゃデヒちゃん

エルノルテをOKとするならば、ベユーズラッシーも当然OKになりますね。
キネオダンサーのトロイはともかくとして、ダンジグって意外とパワーがないんじゃないか説を唱えています。

母ゴールドインザグラスはテューダーミンストレルがあるので、それ+ダンジグ+スティッキーケースの合体技でなんとかならんかな~(^_^;)

ヌレイエフはノーザンダンサー系なので、ステゴと相性が良くてもおかしくはないよね。
ちなみにステゴ×ヌレイエフを調べると、「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」血脈を持ってる馬はたった9頭しかいません。
しかもその内の6頭は逆ニックスのミスプロ持ち。
残りの2頭はナスキロ複数の柔らかタイプでした。
となるとこれまでのサンプルの中で、普通に良さ気な配合をしているのはマイネエミリーしかいなかったワケで、これじゃあステゴ×ヌレイエフの相性の判断は難しいですね~。


ヌレイエフからパワーを引き出すんだったら、フォルリの「ハイペリオン×フェアトライアル」を活かさない手はないです。
となるとメジロマックイーンが持つリマンドは「ハイペリオン×フェアトライアル」血脈なので、その効果に期待出来ますね。

それとステゴ×マックの相性については、同人誌に書いたようにアリシドンが重要な鍵を握っていると思います。
なので、アリシドン≒ハイハット5×4を持つヒカルラフィーネは中々面白い工夫が施されているな~と思いますよ。

2013/06/26 | くりがしら[URL] | Edit