09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

ハープスターをぶった斬る!

ディープインパクト×トニービン×アンティックヴァリューということで、サトノノブレスの考察も参考になるかもしれません。
サトノノブレスのデビュー前に考察した記事なので結構古いですが、一応URLを貼っときます。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-763.html

ディープ×トニービンは好相性の組み合わせですが、芯がしっかりとしないので完成度が遅れる傾向にあります。
しかもアンティックヴァリューが加わると、ヘイロー≒サーアイヴァー≒ムーンスケイプのニアリークロスで更に素軽さが増すため、その傾向はより顕著になると思われます。

ただしハープスターの場合は、母父ファルブラヴがフォルリを持っていることで、その弱点を補おうとしています。
フォルリというのはライオット≒フェアトライアルの硬質なパワースピードが持ち味で、ディープインパクトとの組み合わせから多数の活躍馬を輩出しているのです。


ただですね、ファルブラヴはフォルリを持つという面に関しては助かる存在なのですが、同時にディープにとっては不要な血も持ってるんですよ(^_^;)

それがシアトルスルー。

シアトルスルーは「ナスルーラ×プリンスキロ」の柔らかさが持ち味の血です。
ただし、切れ(スピード)ではなく、ダート向きのパワー色の方が強いため、ディープの長所である軽いスピードが消されてしまいます。
元々が柔らかいディープにとっては、「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかさの強調というメリットよりも、スピードを削がれてしまうデメリットの方が深刻なんですよね。

なので、ディープ×シアトルスルーは相性が非常に悪いです。

・POG成績

頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
ディープインパクト全体 387 31.2% 22.8% 347万円
シアトルスルー 27 21.5% 21.4% 130万円


ファルブラヴの場合、父のフェアリーキングのパワーが結構強いため、あまりシアトルスルーっぽい感じはしません。
なので一般的なディープ×シアトルスルーよりは好意的に受けとっても構わないとは思います。

とは言え、そもそもトニービン×ムーンスケイプにより、POG向きではないかも?という不安のある構成ですからねえ。
そこにシアトルスルーがあることで、余計に不安点が増えてしまうが何とも心許ないです(^_^;)


ファルブラヴが母父にいることで、フェアリーキング(フォルリ)的な強靭さを期待するか、それともシアトルスルーが足されることを嫌うか・・・これは人それぞれ好み次第でしょうね。

ま~でもディープ×トニービンはハズレの少ないニックスだと思いますので、大物かどうかはともかく、オープンクラスで頑張る孝行馬になってくれると思いますよ。


なお、ディープ×トニービンについては僕の同人誌14ページを、ディープ×フォルリは8~9ページを読んでください。
m(_ _)m
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-888.html
スポンサーサイト

Comment