マルゼンスキー“だから”良いのだとしたら

ゴールドアリュール×マルゼンスキーは相性の良い組み合わせとなっています。

ゴールドアリュールの祖母リラクタントゲスト(Reluctant Guest)とマルゼンスキーは、ニジンスキー、フレーミングページ≒バックパサー、プリンスキロ、カウントフリートなどがクロスになる相似な関係なのです。

おそらくゴールドアリュールの配合的なポイントは、リラクタントゲストの増幅にあるのでしょう。

んで、このパターンから輩出された活躍馬は、トウカイパラダイス、タケミカヅチ、トップカミングなど、芝での活躍馬が多いです。
これについては理由がわからなかったのですが、りっちはりすさんが先日の記事に非常に重要なコメントを下さりました(^^)

リラクタントゲストは芝のG1を勝った馬のようで、これを増幅することで芝向きの適正が伝わりやすいのかもしれません。


ということで、ゴールドアリュール×マルゼンスキーの根拠については納得できました(^o^)


ただ、ゴールドアリュール産駒の活躍馬の血統表を眺めていて、ふと思ったことがあります。

ダート向きにしても芝向きにしても、母方が“柔らかいスピード構成”っていうのが少ない気がするんですよね。
特に「ナスルーラ×プリンスキロ」っぽさがメインとなってそうなタイプが見当たりません。

まあダート向きだったらそれも納得なんですけども。
でも芝向きの場合も、ゴールドアリュールの長所を全面に出す=パワー重視・・・が有効な可能性だって、なきにしもアラン・ドロンだったりしませんかねえ。


そうなると、リラクタントゲスト増幅のために相似な血脈を合わせるにしても、“マルゼンスキーだから良かった”のかもしれません。

これについては詳しく調べてません(^_^;)
何とな~く漠然と考えただけなので、実際どうなのかはわかりませんよ。


でもひょっとしたら、ナスキロ柔いカーリアンやストームキャットでは安定感こそあれど、パワーかスピードか、どっち付かずのタイプになったりするかも?と思ったりして。

さて、今週デビューするアイツはどうなんでしょうかね~。
♪~(´ε` )
スポンサーサイト

Comment

No title

こんばんは。
私ものんびりと「ゴールドアリュール×マルゼンスキー」について考えています。現時点での一つの考えとして、「マルゼンスキーだから」というのは、わりと重要で、その鍵となるのはカウントフリートではないか?と勝手に決め打ちしています(^_^;)

>りっちはりすさん

最近のトレンドとして、母方にストームキャットやカーリアンを持つことでスピードを補っている配合はよく見かけますけど、マルゼンスキーが決め手になるパターンってのはあんまりいないんですよね。
なのでゴールドアリュールがマルゼンスキーと相性が良いのは、やっぱりマルゼンスキーだから良いのではないかなと思ってます。
りっちはりすさんのブログも読んで、勉強させてもらいました(^o^)
カウントフリート説にも注視しつつ、今後の動向を観察しておこうと思います。
Secre

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

カテゴリ

最新コメント

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.アプルーヴァル
 8.ヴェルテアシャフト
 9.ミッキーワイルド
10.オールフォーラヴ

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.タガノエルフ
 9.デンセツノマジョ
10.

リンク