やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

チチカステナンゴについて考えてみようよ 2013-07-19-Fri

チチカステナンゴが種牡馬デビューする前、僕の想像としては母スマラ(Smala)が持つサーゲイロード=スワンシー3×5を増幅させるような血、即ち「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×プリンスキロ」の増幅がポイントだと考えていました。

しかしこれまでの結果を踏まえると、ちょっと違うように思っています。


どうやらチチカステナンゴは前述のナスキロ的な柔らかさと、父系のカロの軽さが相まって、すこし軟弱な傾向のあるっぽいです。

それを補う手段としては2つの方法があります。

まず1つは、スマラが持つブラックボールという米血を、パワー資質の濃い血脈を使って増幅させる戦法。
具体例としては・・・

・ロベルト
ノーサードチャンス≒レアリーを持ち、それがブラックボール≒ノーサードチャンス≒レアリーで絡みます。
ロベルトのようなスタミナパワー型と相性が良いということは、チチカステナンゴに必要なものはやっぱりナスキロ柔さじゃないような気がするんですよね。

・ニジンスキー
ブルページがブラックボールに絡みます。
ニジンスキーは父がノーザンダンサーなので、ブラックボール増幅というよりは、ファビュラスダンサーを強化しているというイメージですかね。


続いて第二パターン

今度はチチカステナンゴの祖父カルドゥン(Kaldoun)が持つ、レリック4×4を増幅する手法です。

・インリアリティ
ウォーレリック3×3の強いクロスを持ち、かなりのパワーを秘めたインリアリティを使えば、チチカステナンゴに欲しいものの補強はバッチリかも。



とりあえず目立っているのはこのあたりですかね。
もっと真剣に探せば色々と見つかるかもしれませんが、チチカステナンゴの成績を見てると、その気力が失せます(笑)

・POG成績

頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
チチカステナンゴ全体 69 14.4% 4.1% 77万円
ロベルト 13 19.1% 5.0% 124万円
ニジンスキー 17 20.0% 3.0% 89万円
インリアリティ 16 16.9% 0.0% 108万円


・・・にしても、チチカステナンゴって2勝馬がまだ1頭しかいないんですね(^_^;)
例え好相性を導けたとしても、なんて夢のないニックスなんだ(笑)

スポンサーサイト

CATEGORY血統を勉強中 Trackback 0 Comment 8 △Page Top

« 土曜日の気になる新馬(函館編) | ホーム | マルゼンスキー“だから”良いのだとしたら »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

考察から答えを導くと… Y子 | URL | 2013-07-19-Fri 15:19 [EDIT]

くりがしらさんの考察から、答えを導くと、チチカスには、ウォーニング(父父がインリアルティで母父がロベルト)×ニジンスキーが良いということになりますか?
それにしても、日本のチチカス産駒とサオノアの違いは、何処にあるのかわかりませんね

管理人のみ閲覧できます  | | 2013-07-19-Fri 22:40 [EDIT]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title バリアシオン | URL | 2013-07-19-Fri 23:11 [EDIT]

こんばんは!

お久しぶりです!

チチカステナンゴがこんなに走らないとは思いませんでした・・・

もっさりですよね~。

うちのディナシー11(アルーシュ)夢のある血統馬だ!

筋肉のボリュームもある!歩様もいいぞ!

と思って出資してみたのですが、不安がいっぱいです。

血統的にはニジンスキーは一応持ってますね~

希望の光は無くは無いですね!

走らせてみない事には、まだまだ分かりませんから希望を持って見守っていきたいです!

>Y子さん くりがしら | URL | 2013-07-21-Sun 12:06 [EDIT]

確かにウォーニングは良さげですね(^^)
ま~チチカステナンゴは好成績を上げている産駒自体が極端に少ないので、今回の理論は全くアテにはならないと思ってますけども(^_^;)
チチカスの苦戦は、単なる日本適正の差で片付けてしまっていいものなんでしょうかねえ・・・。

>非公開コメントさん くりがしら | URL | 2013-07-21-Sun 12:10 [EDIT]

こんばんわ(^o^)
あくまで推測ですが、ボールドネシアン≒ミスプロや、ボールドネシアン×ニジンスキーというパターンは、マンカフェとファルブラヴが多くの活躍馬を輩出することで実績を残しています。
なので母父ジェイドロバリーは結構良いのではないかと思いますよ。

>バリアシオンさん くりがしら | URL | 2013-07-21-Sun 13:02 [EDIT]

どうもです~(^o^)
個人的にはディナシーの血統はチチカステナンゴに合うと思ってるんですけどねえ。
でもチチカステナンゴ自身の成績がアレなだけに、ちょっと心配にはなりますよね(^_^;)

No title TACO | URL | 2013-07-21-Sun 22:18 [EDIT]

くりがしらさん、こんばんは。
今日の福島新馬はダノンミシガンが3着に入って、薄めですが馬券が取れました、ありがちとうございました。

ダノンミシガンの母父はフジキセキでIn Realityを持っており、ナスキロのMillicentは遠目のクロスになるので母系のチチカスとはニックスになっている可能性は高いですね。チチカス産駒は大物は多くはでないのかもしれませんが馬券にはなりそうなので、今後も注目して行きたい配合だなと思っています。

>TACOさん くりがしら | URL | 2013-07-22-Mon 00:24 [EDIT]

それはおめでとうございます!

僕なんか自分で考察記事を書いておきながら、マイネルグアテマラにばかり注目していましたよ(^_^;)
前日にはダノンミシガンの血統表もチェックしていたんですけど、「チチカステナンゴ(笑)」で済ませて素通りしました(笑)


トラックバック

TB*URL

| ホーム |