コンテントヘッダー

土曜日の気になる新馬(福島、中京編)

福島の新馬戦は1頭だけ。

ウラウラの父メイショウボーラーはカーリアン≒ストームキャットのスピードが強力な武器となっています。
なのでこれを刺激するのは良いんじゃないかと思っているのですが、少し柔らかすぎるような気も。
なので、もし増幅するならばウラウラのように、≒マルゼンスキーを使ってパワータイプにシフトさせるのが面白いかな~なんて考えました。


中京は触れたい馬がたくさんいます。

まずマイネルグアテマラ。
2つ前のエントリーでまとめましたが、チチカステナンゴはパワーの補強が重要だと思っていて、その際にロベルト、ニジンスキー、インリアリティを好相性の血脈として紹介しました。
この馬はそれを3つとも持っている“最強の配合”です(笑)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1028.html

チチカステナンゴ×リアルシャダイは6頭中、4頭が勝ちあがり、しかもチチカステナンゴ唯一の2勝馬ダイワブレイディも持っている組み合わせです。
チチカス産駒にしては破格の成績ですよね(笑)


続いては注目の良血レッドアルヴィス。
週中のエントリーで書きましたが、ゴールドアリュールはリラクタントゲストを増幅するのが良さげです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1027.html

となるとストームキャットを持ってるこの馬も、絡みとしては似たような仕組みになってそうですし、結構良いんじゃないかと思ったりはします。
ただ、“マルゼンスキーだから”という点で考えた場合、軽快なスピードを持っているストームキャットで代用がきくのかは謎なんですよね。
しかもチャールストンハーバーはサーゲイロード≒セクレタリアトを始め、ナスキロ血脈3本構成で非常に柔らかいタイプだったりしますし(^_^;)


人気になりそうなステファノスですが、僕の同人誌的にはどの成功パターンにも属してません。
特に書くこともありませんし、考察は放棄します(笑)


最後はフェルメッツァ。
これも僕の同人誌を読んでもらいたいのですが、ディープ×トニービンはPOG向きの頑丈さにかけます。
そこでフェルメッツァのように、フォルリを併用してフェアトライアル的な推進力を補うのは、とても大切なことだと思います。
ただフェルメッツァの場合はトニービン×ヌレイエフですから、僕がディープに求めている「ハイペリオン×フェアトライアル」的な頑丈さよりも、「ナスルーラ×ハイペリオン」的な柔軟さの方がONになりそうだな~ってのが心配ではありますね(^_^;)



ちなみに私、ウマニティPOGでマイネルグアテマラを落札しましたよ(笑)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク