やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

ディープ×フレンチデピュティの考察をしつつも、遠回しにキュリオスティーを否定してみる(^_^;)

ちょっとディープ×フレンチデピュティについて、改めて考えてみようと思います。

このパターンについては、以前記事にしたことがあります。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-721.html

記事中によると、あんまりフレンチデピュティっぽさが出てない方が良さげなんじゃないか説を唱えています。
それと共に、活躍馬は「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかさが強い配合をしているよ!という分析結果にもなりました。


ただね、自分で記事を書いててアレなんですが、なんか最近この考え間違ってるんじゃねーかと思ってます(笑)


いや、当時活躍していた馬の配合がそうだったんですから、別に間違っているわけではないんですけどもね。
ただ今現在では、個人的に「ディープはパワー補強が第一」を推している以上、少なくとも“ナスキロ柔い方が良い”説を勧めては、自身の配合論に反するんじゃないと思ってきました(^_^;)


ディープ×フレンチで唯一重賞を勝っているクロウキャニオンの子供達は、やっぱりダマスカスのパワーを補強しているからこそ、活躍出来たんじゃないですかね(正確に言えばもう少し綿密なんですけど、今回そこは割愛します)。

リンク先のエントリーで、活躍馬として挙げたエネアドも確かに良い馬ではありました。
しかしカミノタサハラに比べるとパワーの補強が薄く、ミッテラン≒ペロキサイドプリンセスのナスキロっぽさが強いです。
故にPOG期間内では善戦止まりの馬だったと考えるほうが自然・・・というか、僕の配合的な好みには近い気がします。


ということで、以前と比べて考えが変わった今、エネアドの全妹であるキュリオスティーについては指名対象から外そうかな~と、さりげなくぶった斬ってみたりして(;´∀`)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.