やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

東サラの募集馬をサラッと見てみました…その1 2013-08-19-Mon

最近は有力な新馬もそこまでいなかったので、ブログ更新を休んでました(^_^;)

ボチボチ再開していきますが、以前より更新の頻度はかなり落とすと思います~。



東サラのカタログが家に届きました(^o^)
せっかくなんで、自分の好みで血統をザックリとコメントしておこうと思います。


・サセッティ
ディープについては、同人誌『配合パズルでアタリはわかる』を書いただけに、それに則った選別をしないとダメですよね(笑)
この馬については、ディープと相性の良いテューダーミンストレルの血をもってます。
ただ、それだけでは説得力のある配合とは言えません。
悪い配合だとは思いませんが、褒める程でもないですかね。


・スカーレットドレス
ディープ×ホワイトマズルという組み合わせは、個人的には結構好きです。
ただ少し重厚すぎるのに加え、リファールのクロスもありますし、やや粘り寄りかもしれませんね。
ちなみに僕の同人誌的には、特に合致しているポイント等はありません。


・マンダララ
ディープと相性の良いダマスカスを持ってますね。
ただディープ×ダマスカスって、カミノタサハラ、キズナ、ファイナルフォームなど、なぜか牡馬しか活躍していないんですよ。
なので、現状で言えばマンダララはナシですかね。
ま~この考えが来年のデビュー時期までに覆っている可能性もありますけども(^_^;)


・エリモピクシー
これは中々注目されている馬ですよね。
ディープと相性の良いリファールやヴェイグリーノーブルを持っていて、中々良いと思います。
ただしこの馬のリファール3×4のように、リファールの影響が濃い馬は、ややピリッとしない面がありますね。
スマートロビン、パッションダンス、クランモンタナあたりがそんな感じでしょうか。
それと、ディープとしては強靭なパワーの補強が最優先なので、サーアイヴァー≒ドローン≒デプスの柔らか体質がメインになりそうなのも、ちょっと心配ではあります。


・フェルメールブルー
ディープ+トニービン+ノーザンテーストというのは、グルヴェイグ、コティリオン、ラウンドワールドを輩出している組み合わせですね。
POG期間ではやや本格化が間に合わない印象もありますし、一口の方がより楽しめそうな配合だと思います。
トニービンのナスルーラ的な柔らかさよりも、ノーザンテーストのレディアンジェラ的なパワーが強いほうがディープ的には良いとも思いますので、母父にノーザンテーストを据えて、トニービンを1代奥に引っ込めてるのも良さげです。


・マウントコブラ
ディープ×テューダーミンストレル×アバーナントという組み合わせは、ムーンリットレイクやパララサルーと同じ組み合わせです。
ただこのパターンって活躍馬は他の部分でフェアトライアルを強く補っていることが多いのです。
その血を1本も持たないこの馬は、少しだけ甘ったるい配合ですかね~。


・アイシーサイレンス
う~ん…特になんも書くことがない(^_^;)
僕にはようわからん配合なのでパス(笑)


・ヒカルラフィーネ
これは大人気必至ですかね。
ステゴ×マックで母母父がノーザンダンサー系というソツのない好配合です。
母方はリマンド×フォルリで「ハイペリオン×フェアトライアル」の強靭さを備えていますし、アリシドン≒ハイハットのニアリークロスもステゴにとってはプラスでしょう。


・オレンジパラダイス
この馬はちょっと判断が難しいです。
ノーザンテーストのクロスですし、基本的に嫌いではないんですけども…。
しいて不満を挙げるとすれば、ステゴは牝馬がイマイチってことと、スルーピーのナスキロ柔らかさは余計だったな~ってくらい。


・スタイルリスティック
ステゴはパワーの補強が重要課題なので、ノーザンテースト≒ストームバードのニアリークロスはともかくとしても、母父が素軽く影響力の強いストームキャットってのは、決してプラスだとは思えません。
活躍しても驚きはしませんが、僕は嫌う方針です。


・セイランクイーン
これもステマ配合ですか~。
リマンドのクロスもあって面白いですね。
ただ先程も書きましたが、ステイゴールドは牝馬があまり良くないですし、実際ステマ配合でも牝馬は苦戦していますね。
それと、ノーザンダンサーのクロスを持たないってのは、ステゴの配合的には論外です。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-889.html

なので配合オタクの僕としては全く興味がない馬です。



とりあえず今回はここまで!
赤文字表記の馬は個人的に注目している馬です。

スポンサーサイト

CATEGORY一口 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« 東サラの募集馬をサラッと見てみました…その2 | ホーム | キミノナハセンターとボクノドウジンシ »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます  | | 2013-08-19-Mon 14:29 [EDIT]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title くりがしら | URL | 2013-08-22-Thu 10:34 [EDIT]

どうもです(^^)
ステゴ×マックは人気になるでしょうねえ。

新潟2歳S楽しみですね。
重賞のレースに有力どころとして出走馬を送り込めるなんて羨ましいです!


トラックバック

TB*URL

| ホーム |