東サラの募集馬をサラッと見てみました…その2

2013/08/21 09:24

前回はコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1045.html

では続きを頑張ります。


・アグネスラズベリ
ダイワメジャーの相手となる牝馬に僕が求めるのは、「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかいスピードです。
なのでノーザンテーストのクロスでパワーを大きく主張させるようは配合は好みではありません。


・シンデレラロマンス
マンカフェは基本的に牝馬の成績が奮いません。
例外としてカーリアンかストームキャットを持っている馬ならば好意的に評価したいですが、この馬はその血も持ちません。
僕的にはパスかな。


・フローリオット
欧血過多のハーツクライには、なるべくコテコテの米血を補強したいところです。
なので、母がドイツ血統のこの馬はちょっと方向性が違うかなと。


・ダンシングエディ
ゼンノロブロイは「ナスルーラ×プリンスキロ」的な柔らかい切れを補うのが有効で、中でもシアトルスルーとの組み合わせは中々の好成績を収めています。
母ダンシングエディは、そのシアトルスルーの他にも2本の「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈を持っていますから、ゼンノロブロイと結構合いそうな感じですね。


・レックスレイノス
ゼンノロブロイは米血過多なので、あまりこれ以上はアメリカ的な血を主張させたくありません。
なのでミスプロのクロスはあまり好きではないですね。
それとゼンノロブロイはロベルトとも相性が良くないです。


・アルウェン
先程も書きましたが、ゼンノロブロイは米血過多なので、母方から強い欧血…特にハイペリオン的な色合いの強い血を補うのは非常に有効だと感じます。
アルウェンはトニービン×ノーザンテーストということで、これぞハイペリオンという構成をしていますね。
とても魅力的な組み合わせだと思いますし、姉のギンザボナンザが活躍したのも納得です(^^)


・チーフオフィサー2
ウォーエンブレムは結構どんな相手とでも一発デカイのを出すので、イマイチはっきりとしたことが言えない部分はあります(^_^;)
ただ配合としては特別良いな~と感じる馬でもないような…。
母のチーフオフィサーというのは、祖母のExquisite Mistressが持つBoldnesian≒Search for Gold3×2を、父OfficerのBoldnesian4×5で大きく増幅した配合構成をしています。
更にそこにウォーエンブレムですから、Mr. Prospector=Search for Gold≒Boldnesian3×5・6・6・7で引き続き強化していますね。
それが良いか悪いかわかりませんが(^_^;)、ちょっと面白いな~と思いました。


・ヘヴンリークルーズ
シンボリクリスエスの牝馬なんて出資したくないです(;´Д`)


・ブレンダ
シンボリクリスエスは基本的に鈍足なので、スピードをガンガン強化していくべきだと考えます。
そう考えるとロックオブジブラルタル×サドラーズウェルズというやや鈍重な組み合わせの母では、あまり信頼性のある配合とは思えず…。


・サヤカ
ネオユニヴァースが欲しいのは、自身が武器としていた機動力の更なる強化です。
なので、その方針と相反する「ナスルーラ×プリンスキロ」的なしなやかな緩慢さは、かえって邪魔になると思っています。
よって、母父がエーピーインディであり、しかもそこにボールドビダーやリヴァーマンを足した母では、ネオユニヴァースと合いそうもないな~と。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-980.html


・シーズアン
ネオユニヴァースの牝馬なんて出資したくないです(;´Д`)



とりあえず今回はここまで!
赤文字表記の馬は個人的に注目している馬です。

スポンサーサイト

一口  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する