やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

東サラの募集馬をサラッと見てみました…その3 2013-09-02-Mon

前回までのはコチラ
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1045.html
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1046.html

今回が最後です。


・スターリーロマンス
ジャンポケは欧血タップリで、しかもフェアトライアル的な要素が非常に色濃いです。
なので母に必要なのはそれとは逆。
米スピードを持ってきつつ、フェアトライアルを持たないこと…それが活躍馬を多く出すパターンとなってます。
スターリーロマンスはジャンポケと相性の良いサンデーサイレンス産駒であり、他にもインリアリティ、ボールドルーラーなど、米血を中心に構成されています。
そしてフェアトライアルを1本も持ちません。
ジャンポケの相手としては非常に適した母だと思います。


・レッドリップス
メイショウサムソンってだけでノーサンキューって感じですが・・・(^_^;)
これまでサムソン産駒で2勝を挙げている3頭の内、2頭が母父エルコンドルパサーですから、サムソンの重厚な面(サドラーズウェルズ)を大きく強調していることになりますよね。
これってちょっと意外な感じもするんですけど、まあそれが正攻法なんだとしたら、レッドリップスはそこまで褒めるような配合でもないような気もします。


・アドマイヤリッチ
この馬もメイショウサムソン産駒ですが、母がサンデー×ミスプロというスピード寄りとなっています。
なのでやっぱりメイショウサムソンの方向性とは少し違うのかも。


・スプリングアマイン
チチカステナンゴの成功パターンはファビュラスダンサー(のブラックボール)を増幅するような、パワーの補強が良さげな感じです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1028.html

それを踏まえると、母が持つブサンダ≒ベターセルフ≒ストライキングでブラックボールを刺激するのは中々良さげかも。
更にナスキロ柔い父に芯を一本通すためにも、ノーザンテーストの存在も良い味を出してます。
配合的には結構オススメだとは思います・・・が、所詮チチカステナンゴ(笑)のイメージは拭えません(^_^;)


・シーディザーブス
フレンチデピュティのスピード補強として、サンデーサイレンスを合わせつつ、ミッターランド≒ヘイルトゥリーズンとするのは最もオーソドックスなパターン。
これだけだとやや米血中心すぎてしまうので、祖母の部分にアルゼンチン血統を混ぜたのは個人的に好きですね。
メチャクチャ褒めるほどでもないんですけど、良い配合だと思ってます。


・タッチオブゴールド
スイマセン、タニノギムレットはさっぱり好みがわかってません(;´∀`)
兄がゴールドアグリだからって褒めるのもヘンですし、この馬はパスでお願いしますm(_ _;)m


・ショウダウン
ファルブラヴの牡馬なんて出資したくないです。


・ラピーダシャリナ
レッドスパーダの従兄弟で同じタイキシャトル産駒ですね。
しかしあっちはカーリアン≒ストームキャットのスピードが強力な武器になってますが、こちらにはそれがありません。
代わりにカーリアン≒Escrow Agentと言っても良さそうなので、配合の試みとしては面白い部分もありはします。
でも基本ワイルドアゲインやセックスアピールの血を引く母父Vicarのパワーの影響は強そうな感じですしねえ。
やっぱりレッドスパーダのようには好きになれないです。


・アルレシャ
キングマンボ×ラストタイクーン×レーヴドスカー同血妹ということは、キンカメ×レーヴドスカーのイメージで見ればいいんですかねえ?
ただ基本的にキングマンボ系って牝馬はダメなイメージが強いんですよね。
キングスベストもこれまで持ち込まれた産駒を見ると、牡馬は11頭いてエイシンフラッシュを筆頭に、コスモメドウ、ビーオブザバン、ネヴァキングダム、シャドウパーティーなど活躍馬が多いのです。
しかし牝馬の方は、5頭しかいないとはいえ勝ち星はゼロ。
ちょっと不安な感じがします(^_^;)


・スプリングシーズン2
ありとあらゆる名血がゴチャゴチャ入ってて、しかも満遍なくクロスしてます。
良いか悪いかはさておき面白い配合ですね。
でも母がデインヒルにキングマンボにロベルトだもんなあ。
牝馬としては少し重たすぎるような・・・。


・スープリムゴディス
全体的に重たい構成の母で、キンカメならばもっと軽い仕掛けがあっても良いと思います。
それとミスプロのクロスはキンカメにとって大減点。


・カロンセギュール
母父フォレストキャンプは、フレンチデピュティと構成が似てますね。
ゼンノロブロイとフレンチデピュティは相性がいいです。
その根拠となる血脈については、フレンチデピュティ程とは言えませんが、フォレストキャンプもちゃんと持ってます。
母全体の構成もナスキロ豊富で、ゼンノロブロイとは合いそうな感じがします。
ただ、やっぱりゼンノロブロイって牡馬の印象良くないんだよな~(-_-;)


以上、これで全部終わりました。
赤文字は個人的に好みの配合をしている馬です。

少しでも出資の参考になれれば幸いです!

スポンサーサイト

CATEGORY一口 Trackback 0 Comment 4 △Page Top

« ミッキーアイルが良さげ | ホーム | フォーエバーマークが持つ、ボールドネシアン×ニジンスキーのニックス »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます  | | 2013-09-08-Sun 20:47 [EDIT]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 くりがしら | URL | 2013-09-09-Mon 10:50 [EDIT]

ステゴ×フレンチは確かにノーザンテースト≒ヴァイスリージェントですから、相性は良い組み合わせだと思いますし、アリバイやヘリオポリスもプラスに働くハズです。

ただキューという繁殖牝馬はミッターランド≒ペロキサイドプリンセス2×2の強力なクロスを持っていて、結構自己主張の強いタイプだと思います。
そしてその伝える質というのは、ボールドルーラー×プリンスキロの切れ味が強いです。

ステゴとナスキロっぽさは相性が良いとは言えませんから、そこがどうなんだろうって感じですかねえ(^_^;)

個人的な感想でいうと、ノーザンテーストのニアリークロスによる魅力と同じくらい、ナスキロが及ぼす弊害の方も心配です。
ですから、ちゃんとパワー面が優先的に産駒に伝わっているのかどうか、馬体をチェックしてみてください(^o^)
僕は馬体がわかりませんので後は任せます!(笑)

馬体もすごい レプティリア | URL | 2013-09-15-Sun 14:19 [EDIT]

くりがしらさん、こんにちは^^

ルシルク12の馬体、一足先にシルクラウンジで動画を観てきたんですが、全馬の中で一番すごかったです(^_^;)
今はHPにもカタログPDFとともにアップされてるので、くりがしらさんも良かったらご覧ください(^^)/
ただ、まだ測尺が出てないのですが、デカすぎる可能性があって、そこだけが懸念材料です(>_<)
あとはみんなその良さには気づいてるので、確実に抽選になると思われ、実績制のシルクでボンビー一口の自分が出資できるかが一番の課題です(T_T)(笑)

>レプティリアさん くりがしら | URL | 2013-09-16-Mon 22:01 [EDIT]

馬体もスゴイってことは、ダイナフォーマーのイカツさや、ノーザンテースト≒ヴァイスリージェントがしっかりと出てるんですかねえ。
それだったら好意的にとっても良いと思います(*^_^*)
抽選でダメだった場合は・・・どうしましょうか(笑)


トラックバック

TB*URL

| ホーム |