09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

オリエンタルポピーをぶった斬っときます

母のトールポピーは、僕が初めてPOGに本格参戦した時に指名した馬でした。
あの年はキャプテトゥーレも指名していてぶっちぎりの優勝だったっけ。
ついでにカジノドライヴも持ってたので、アメリカンドリームも体験することが出来て楽しかったですよ(笑)

当時は血統なんて全くわからなかったんですけど、今トールポピーの血統表を見ると良い配合してますよね~(笑)

ジャングルポケットというのは、トニービンとヌレイエフの「ハイペリオン×ナスルーラ」的な持続力のある斬れを武器としています。
ただ血統表中には大量のフェアトライアルが眠っているので、そこを刺激せず、なるべく硬さを出さないようにすることがコツ。

トールポピーの場合は母父のサンデーサイレンスからロイヤルチャージャー譲りの素軽いスピードを補給しています。
そういやトニービン×サンデーって、カンパネッテ≒ガルフストリームになってるんですね。
この組み合わせの相性の良さは、これも大きな要因になってるのかも。

話はトールポピーに戻ります。
母アドマイヤサンデーはフェアトライアルは1本も持ちません。
ジャングルポケットの良い面だけを引き出すことができています。

しかもホーンビーム≒サンセット4×5まで発生する特典付き。
ホーンビームといえば、トニービンの中心となっている血と言っても過言ではありませんので、このニアリークロスもプラスになってるんでしょう。

ついでにアドマイヤサンデーは全体的に米血が中心ですから、欧血主体のジャングルポケットに合うのも納得。


ま~そんな感じでトールポピーの血統は、ジャングルポケットの教科書的な好配合です。

では、今週デビューするオリエンタルポピーはどうなんでしょうね~。

キンカメ×トールポピーとなると、ヌレイエフとホーンビームがクロスになります。
先程も書いたように、ジャングルポケットはトニービン(ホーンビーム)やヌレイエフの「ハイペリオン×ナスルーラ」を武器にしています。
トールポピーの長所をそのまま継続して強化しているワケですから、これは非常に魅力的だと思うんですよね。

この要素を高く評価し、POGで指名しても全然OKだと思います(・∀・)


ただ!
ここで僕はオリエンタルポピーを敢えてぶった斬ってみたいです。

その理由はトライマイベスト=エルグランセニョール4×4にあります。
キンカメの配合を考える際、セックスアピールの米パワーには触れたくないのですよ。

過去に考察した記事があるのでそちらを見てもらいたいのですが、特に牝馬の場合はセックスアピールを刺激するとロクなことがありません(^_^;)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-831.html
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-832.html


ま~でも、不安な点といえばこんなもんしかないんですけどね。
これを重箱の隅をつつくような指摘と見るか、結構重大なマイナス要素と見るか、そこは皆さんで考えてください。
僕はいくら思い入れのある血統だからと言って、配合が好きになれない馬は指名したくありません。
仮に大活躍されちゃっても後悔はないですし、トールポピーには悪いけどパスにします。

スポンサーサイト

Comment

こんばんは

オリエンタルポピーは、くりがしらさんの推測が当たっていそうな、かなりパワー型のような感じがしますね。外回りより内回り向きの感じもしました。

2013/09/22 | とる[URL] | Edit

>とるさん

やっぱりセックスアピールのパワーは強烈なんですかねえ。
キンカメ×アドマイヤサンデーのナサニエルもダート馬でしたし。

2013/09/23 | くりがしら[URL] | Edit