コンテントヘッダー

エピファネイアとマジェティハーツ

神戸新聞杯は元POG指名馬のワンツー。
非常に嬉しい結果となりました。

テンションも上がってることですし、この2頭の配合について簡単にまとめておきます。
全体の構成の良し悪しというよりは配合パズル的な解説がメインなので、そこんとこはご了承くださいね。


まずエピファネイア。

この馬はクリスエス≒ハビタット2×4から「ターントゥ×プリンスキロ」のスピードを受け継ぎ、これが強力な武器となっています。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-901.html


ただしシンボリクリスエスの場合は元々が鈍足なタイプなので、もう少々スピードを強化しても良いくらい。
その点、エピファネイアはサンデーサイレンスを通じて発生するボールドネシアン≒ヘイローが、スピードの強化に貢献しています。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-902.html


一方パワー面はというと、マイチャーマーやバックパサーが与える「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」パワーは当然有効のハズ。
・・・なのですが、配合パズル的に決め手となったのは、サドラーズウェルズが持つ「ボールドリーズン」なんじゃないか説を唱えてます。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1054.html

シンボリクリスエスの配合で最も重要なのは、クリスエスとシアトルスルーが与える「ナスルーラ×プリンスキロ」資質だというのは間違いありません。
しかし他にも、ボリクリ自身はヘイルトゥリーズン≒フランシスエスであり、更に母ティーケイはグラマー≒フランシスエスになっていることも忘れちゃいけないと思うんです。
僕としてはこの「フランシスエス」を刺激することも大切な要素だと考えたいですね。


ということで、エピファネイアを配合パズル的に分解すると・・・
シンボリクリスエス×ハビタット×サンデーサイレンス×サドラーズウェルズとなり、即ち・・・

ボリクリ×ナスキロ×ヘイロー×フランシスエス増幅という成功パターンに合致する馬だと考えています。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-942.html


最近、母父スペシャルウィークが大活躍をしていますが、それについてはまだ僕自身がイマイチ方向性を掴みきれてません。
なので今回そこには触れずにスルーします(笑)


続いては2着のマジェティハーツ。

これは一目見て好配合だとわかる馬。
こう言っちゃなんですが、ユニオンの馬というのはPOG的に見たら決して魅力的なプロフィールではありませんよね。
でも内心は自信満々でPOG指名しました。


この馬はハーツクライにとって、ニックスとなる2つの血脈を併せ持っています。

1つ目がストームバード。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-910.html

そしてもう1つがボールドリーズニング。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-914.html


アメリカ色の濃い2つの血脈を通じて、ノーサードチャンス≒リヴォークド≒ブルページ≒アラブル―が発生していて、これは間違いなくプラスに作用しています。

しかし、ハーツクライの配合論を研究するにつれ、マジェティハーツという馬はPOGで指名してはいけない馬だったんじゃないかと思うようになりました(;´∀`)
なぜなら母エアラホーヤは、シアトルスルー×ストームキャット×ミスプロ・・・軽いスピード色が濃すぎるからです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-950.html
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-952.html

マジェティハーツは2歳時に骨折してしまっていました。
ですからPOG期間に活躍しきれなかったのを血統の影響と言うには乱暴すぎます。

だだこれまでの活躍馬の傾向を見ると、アドマイヤラクティやカポーティスターのように、今後はもっと成長出来るタイプの馬だと思ってます。
全体的に軽い配合こそしていますが、ブサンダ≒ストライキング=ブッシャー≒ベターセルフという「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」血脈モリモリのニアリークロスを兼備しているため、決してパワー要因が不足しているわけではないですからね。


ま~そんなカンジで、この2頭に加え、セントライト記念2着のダービーフィズも元POG指名馬ですので、この3頭を中心に菊花賞を応援したいと思います。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ハーツクライってCaro持ちが活躍してるのは気のせいですかね?

>ダンスさん

調べてみたらハーツクライ×カロは15頭いて、ギュスターヴクライ、セコンドピアット、リフトザウイングスなどが主な活躍馬ですね。
う~ん、どうなんでしょう。
確かに頭数が少ないわりには良い馬が揃っている印象はありますが、もうちょい様子を見てみたいパターンですねえ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

サドラーズウェルズにはシアトルスルー無しのボールドリーズン有りなのでハーツクライに合いませんかね?

>ナスエクさん

サドラーズウェルズはボールドリーズンですが、シアトルスルーの場合はボールドリーズニングなので、全く別物の血脈です。
ただしボールドリーズンの方もハーツクライの米血を刺激するには十分ですから、ハーツクライと相性が良い可能性はありますよ。
POG的に考えれば、もっとコテコテのアメリカタイプの方がハーツクライには良いと思います。
ヨーロッパ向きの適性を持つサドラーズウェルズとの組み合わせの場合、若い内に必要なスピード勝負でちょと苦しいかもしれませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この配合良いですよね~。
僕も来年度の注目候補としてチェックしてました(・∀・)

おっしゃる通り、ノーザンダンサーのクロスはあったほうが良いと僕も思います。
この馬はそれがないので、どうなんでしょうねえ。
ジャスタウェイもノーザンダンサーのクロスはありませんでしたが、代わりにノーザンダンサー≒アイスカペイドがありましたからね。
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク