やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

阪神JF全馬血統プチ考察(1)


・レーヴデトワール(S)
ゼンノロブロイに欲しいのはヨーロッパ的な斬れ。
特に「ネヴァーベンド×プリンスキロ」血脈との相性は抜群です。
母のレーヴドスカーは、その「ネヴァーベンド×プリンスキロ」血脈のリヴァーマンを持つだけじゃなく、サーゲイロード4×4の鋭い切れ味が最大の武器。
ゼンノロブロイにとっては、もっとも理想的な母親でしょう。
あともうちょっとだけハイペリオン的な要素があっても良かった気もしますが、そんなのは贅沢な話ですね。
素直にS評価で。


・トーセンシルエット(C)
母がスウェプトオーヴァーボード×リアルシャダイ(ロベルト×インリアリティ)×ノーザンテーストってことは、結構パワータイプのスピード馬の印象ですよね。
父トーセンダンスも決して切れるタイプじゃないだけに、特に褒める点はないような…。


・マイネグラティア(C)
ネオユニ牝馬なんてアカンよ。


・メイショウアサツユ(B)
まあ普通の配合かなと。
もう少しカーリアンをいじっても良かったんじゃないですかね。


・ニホンピロアンバー(C)
スウェプトオーヴァーボード×デヒアで、ダマスカスのクロスでしょ…こりゃパワータイプすぎる…。


・フォーエバーモア(C)
ネオユニ牝馬は、例えどんなに強くてもC評価です。


・マジックタイム(B+)
ハーツクライは、ワイルドアゲインのようなガチガチタイプからジャスタウェイが出ように、パワータイプの血脈とは相性が抜群。
ブライアンズタイムとの組み合わせから一発あってもおかしくはないです。
ロベルトを構成するノーサードチャンス×レアリーが、ハーツクライのリヴォークドを刺激するため、配合的な根拠はしっかりとしていますし。

ただ、祖母フサイチカツラがサドラーズウェルズ×クリスで、かなりヨーロッパ的な資質が強いです。
ハーツクライだったらもっと米スピードに凝った配合をしていた方が好みだなあ。


・レッドリヴェール(B+)
個別に考察記事を書きましたので、そちらをご覧ください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1073.html


・エクスペリエンス(B)
母父がモンジューということで、ちょっとズブくなりそうな感じがします。
そもそもステゴ牝馬があまり好きじゃないんですけどね(^_^;)



とりあえず今回はここまで!

スポンサーサイト

*Comment

 

明日の阪神JFは、レーヴデトワールが持っていく気がします。
実は縁あって、この馬の近親を一口で持っています。
その縁というのも、本命が落選したための差し替え馬でした。
明日の結果は、どうなるでしょうかね。
  • posted by Y子 
  • URL 
  • 2013.12/07 14:50分 
  • [Edit]

>Y子さん 

レーヴデトワールが勝っても何も驚かないですよね。
血統も配合も文句なく好きな馬です。
Y子さんが出資なさってる馬にも運気をわけてもらいましょう。
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2013.12/07 15:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.