FC2ブログ
ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.ダノンチェイサー
 3.サターン
 4.ダノンジャスティス
 5.グランデストラーダ
 6.オウケンドーン
 7.アルクス
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.ジャカランダシティ
 2.エイティーンガール
 3.プラチナポセイドン
 4.タイセイセイヴァー
 5.レッドエンヴィー
 6.ミッキーポテト
 7.トオヤリトセイト
 8.
 9.
10.

 

2014年01月07日(火)
シンザン記念血統考察・・・ミッキーアイル

 
・ディープ×デインヒル
デインヒルはかなりムキムキな体質を伝え、なおかつ主張力が強いです。
ディープインパクトとムキムキは基本的には好相性ですが、そうは言ってもデインヒルの存在感は別格ですからね(^_^;)
まずそこの相性がどうなのか…、以前からそこに注目してきました。

しかし昨年のオークス2着馬エバーブロッサムを輩出しましたので、相性については全く問題ないようですね。
だとすれば、デインヒルの硬質な資質というのは心強いサポートと考えてもいいでしょう(^_^)


・母父ロックオブジブラルタル
ロックオブジブラルタルは、前述のムキムキデインヒルを父に持ち、母父も硬質な血統であるビーマイゲスト。
頑丈さについてはお墨付きです。
ロックオブジブラルタルの全妹ルビーが、ディープとの間にフィエロを産んでいるように、このパターンは非常に魅力的と言えますね。

ロックオブジブラルタルは硬質なスピードを武器とした、歴史的なマイラーです。
デインヒル系だけあって主張力はかなりのものでしょうから、やっぱりミッキーアイルもマイラーに出ているのかなと思います。


・テューダーミンストレル×フォルリ
僕の同人誌「配合パズルでアタリはわかる」でも書きましたが、ディープ×テューダーミンストレル×フォルリというのは鉄板のニックスです。
マルセリーナ、ヴィルシーナ、デニムアンドルビー、フレールジャック、ベストディールの重賞馬がいて、今期もこのパターンに該当するアトムがすでに結果を出しています。


・デインヒル×フォルリ
基本的にディープインパクトと「ハイペリオン×フェアトライアル」血脈は相性が良いです。
デインヒルの中で言うとダンジグがこの「ハイペリオン×フェアトライアル」に該当します。
しかしダンジグというのはフェアトライアル的な資質は強いのですが、あまりガチガチな資質を伝えるという印象ではありません。
そこで同時にフォルリを合わせ、より「ハイペリオン×フェアトライアル」的な色合いを濃くしてあげることで、ディープに足りないパワーを補強することが出来ます。

エバーブロッサムも母がデインヒル×フォルリです。


・Burghclere×Fair Alycia
ロックオブジブラルタルが5代目に抱えるフェアアリシアという血は、「ハイペリオン×フェアトライアル×ドナテッロ」で構成された血。
これはディープのスタミナ源となっていたバークレアの構成と一緒です。
バークレアをいじって活躍しているディープ産駒は数多くいますから、この仕掛けは大きな長所でしょうね。



総合評価(S)
母方の構成がパワー満点で、ディープにとってはそれが何よりも魅力的です。
しかもデインヒル、テューダーミンストレル、フォルリ、フェアアリシアなど、配合論的にディープと好相性となる血脈も多く抱えていて、まさにカンペキと言えるかもしれません。

全体の配合的に見ると、中距離向きというにはちょっと固すぎる気がします。
良い意味でのゆとりがないんですよね。
ただ、マイラーとしてはスピード、頑丈さ、タフなスタミナ、いずれもバッチリのスペシャルな配合です。


仲間内POGで指名されちゃってるんで複雑ですけど、僕はこの馬の配合が大好きですよ。
スポンサーサイト
 
 
 

Comment


    
 

遅ばせながら明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。ミッキーアイルについては望田氏も自身のブログでも絶賛していますね。ここは浜中君が変な色気を出さず、まずしっかり賞金を加算できれば、見通し明るいですね。同型配合のフィエロはNHKマイル狙いのPOGで指名し、先日勝ちオープン入りしたので、間に合えば安田記念で本命にしたいと今後の活躍期待です。

2014/01/09(Thu) | とる | URL | Edit
 

>とるさん

今年もよろしくお願いします!(^o^)
ミッキーアイルが順当に勝ってくれれば、僕も自分のディープ論に自信が持てます。
身内POG的にはイタイですが、ここは頑張って欲しいです。

2014/01/09(Thu) | くりがしら | URL | Edit