≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

今週の一番の楽しみが阪神の新馬戦です。
伝説の新馬戦かどうかは、いずれ判断することですが、とても楽しみなメンバーが揃ったことは確かです。


・リフトザウイングス
もう説明は必要ないでしょう。
先週は坂路で2歳1番時計。
今週も坂路を馬也でサラッと好タイムで上がってきています。


・ヴィジャイ
こっちも説明は要りませんね
残念なことにジャンケンに負けて、ゲバルトさん指名になってしまいました。
なんとか不安点を見つけようとしてみましたが、逆に圧巻の追い切りを見せられてしまい、ぐうの音も出ません(笑)



この2頭は言うまでも無く◎評価です。
でも楽しみはこれだけじゃありません。
他にも超強力な面子が集まっているんですよね。
というわけで、後悔がないようにじっくりと俺なりに吟味していきたいと思います。

以下の考察は、俺個人の考えかたなので参考にはならないと思います。
皆さんそれぞれのポリシーなどを大切に、各々で考察してくださいね。



やっぱり大舞台で勝つためには、何よりも厩舎が重要だと思っています。
牡馬は厳しく、牝馬は若干緩めに切っていきましょう。

・厩舎で切った馬
サトノパンサー(南井)タガノマルシェ(田中)テンシノイツル(田所)ヒミノキンカメ(川村)ビップセレブアイ(清水)レッドジュバ(高橋)


・・・ほとんどいなくなってしまいました(笑)
サトノパンサーやビップセレブアイなどは調教でかなり走っていますよね。
でも新馬戦だけならまだしも、POGは来春が目標ですから。
大舞台を迎えるまでに、相応の器に育てるためには厩舎の力が絶対だと思っています。
ということでバッサリといきますよ。


・血統で切った馬
・エリモロワイヤル
牝系に活躍馬は多いんですけど、さすがにシルバーチャーム産駒は指名できません。

・メトログリペン
叔母にトーワトレジャーがいる程度で、父リーンカーンならあんまり魅力的には見えません。

ぶっちゃけ2頭ともG1を勝てるかどうかで考えると、厩舎選択の時点で切ってもよかったんですけどね(笑)
まあ一応実績のある厩舎だし、一発もあり得るかもしれませんしね。
ということで、血統のほうで切らせてもらいました(笑)



残った馬はヴァレノーヴァ、レッドデイヴィス。
結局有力どころのみになっちゃいました。
この2頭は、また後で個別に考察していきたいと思います。



さいならっきょ
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.