ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.
 9.
10.

 

2014年05月07日(水)
ステイゴールド好配合馬ピックアップ編…アバトルディグナの12(バトルベヌス)

 
ブログではステイゴールドのオススメ配合として、「ノーザンテースト+(ウォーアドミラル×ラトロワンヌ)」のパターンを紹介しました。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1133.html

ステイゴールドの成功パターンはこの他にもたくさんありますが、それは同人誌「配合パズルでアタリはわかる2014」に掲載しましたので、そちらを読んでいただけると嬉しいです(^^)

せっかくなので「ノーザンテースト×(ウォーアドミラル×ラトロワンヌ)」のパターンを持つ2歳馬を1頭紹介しておきます。




・アバトルディグナの12(バトルベヌス)
祖母のプレインエンジェルはトニービン×ノーザンテースト×ヒッティングアウェーという構成。
これはバウンシーチューンの母リーインフォーストの構成とソックリです。
アバトルディグナの場合は更にグラスワンダーを挟んでいます。

グラスワンダーはパワーに優れたタイプです。
しかもグラスワンダーの母は、ダンジグ×ヒズマジェスティで構成され、デインヒルと似たような資質を秘めています。
タイプ的にも血統構成的にもステイゴールドと合うと思うんですよね。

祖母がノーザンテースト×ヒッティングアウェー(ウォーアドミラル×ラトロワンヌ)なので、グラスワンダーに関係なく成功パターンの馬です。
しかしグラスワンダーがあることで、配合のクオリティはより高くなっていると思います。




配合パズル2014ではステイゴールドの好配合2歳馬を、アバトルディグナを含めて全部で9頭ピックアップしています。
去年の同人誌ではレッドリヴェールには一切触れず、見事に爆死してしまいましたからねえ(;´∀`)
今年はなんとか結果を出していきたいです!




「配合パズルでアタリはわかる2014」

4月30日に血統専門の同人誌を発売しました!
ディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ、クロフネの4種牡馬を取り扱っています。

今回の記事を読んで、POG向きの血統について興味を持っていただけましたら、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです(*ノω・*)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html
スポンサーサイト
 
 
 

Comment


    
 

お疲れ様です

本、少しずつ読んでいます。去年よりもボリューミーで、読みごたえありますね(^-^) ラングレーは今週出れば良かったのになあと思ったのと、デビュー戦、ゆりかもめとスローの上がり勝負であまりスタミナを要していないので、いずれはマイル以下にシフトして、ガチで強さを発揮するのは1400ではないかなとずっと思っているので、じっくり待ちたいかな。ベルキャニオン、プリンシパルしっかり勝ってダービーに行きたいですね(^-^) 私はステイインシアトルが京都新聞出られたら応援したいです(^^)

2014/05/08(Thu) | とる | URL | Edit
 

>とるさん

頑張ってページを増やしましたので、ゆっくり読んでくださいね(^o^)
ラングレーは血統が血統だけに、どうしてもクラシックを狙いにいってしまうのは仕方がありませんよね。
素質はあると思うのでこれから成長してもらいましょう。
ベルキャニオンは戸崎騎手に戻りましたし、なんとか意地を見せてもらいたいです。

2014/05/08(Thu) | くりがしら | URL | Edit
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/28(Wed) |  |  | Edit
 

Re: タイトルなし

去年の同人誌では、ステイゴールド×ダンジグ×「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」というパターンを紹介していたのですが、本年度版はもう少し範囲を狭めて、ステイゴールド×デインヒルのみを成功パターンにしました。
ということでこの馬も去年なら成功パターンだったんですけど、今年は該当から漏れてしまったので好配合馬ピックアップ編でも紹介はしませんでした。

ただもう少し細かいことを言えば、頑丈さの強化が欲しいステイゴールドの牡馬にとって、あまりヘイローを強調するのは好きではありません。
その点で、ブラッシンググルームとドローンの2つはマイナス要素と考えています。
牡馬を対象に、POG期間の芝連対率と、芝1走あたりの賞金を見ると…

ステイゴールド牡馬全体
355頭 芝19.1% 225万円

ブラッシンググルーム持ち
29頭 芝13.5% 95万円

ドローン持ち
19頭 芝 8.1% 66万円

このように成績は結構悪いです。

ということで、ダンジグ、ブルーアイドモモ、ブサンダ、ベターセルフなどのプラス要素と同時に、ブラッシンググルーム、ドローン、ボールドイグザンプルなどのマイナス要素も多く抱えているため、たとえ成功パターンだったとしても、好配合馬ピックアップのところで紹介するかどうかは迷うタイプですね(^_^;)

2014/05/28(Wed) | くりがしら | URL | Edit
 

ブラッシンググルームとドローンがこれほど悪いとは。
ありがとうございました。

2014/05/29(Thu) | くじら | URL | Edit