笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ハーツクライ基礎考察編…ジャスタウェイ、ウインバリアシオンの爆発力を支えたもの

ハーツクライの代表産駒といえば、ジャスタウェイとウインバリアシオンの2頭で異論はないと思います。
この2頭はリヴォークドのクロスを持っています。

ハーツクライはノーサードチャンス≒リヴォークド4×5というニアリークロスが、強力な武器になっている馬です。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1138.html

それをジャスタウェイとウインバリアシオンの2頭は、リヴォークドの継続クロスで更に強化しているワケです。
これはもう種牡馬ハーツクライのカギがリヴォークドにあると断言してもいいでしょう。
上記の2頭の他に、レッドセシリアも頑張っていますしね。


・リヴォークドのクロスを持つハーツクライ産駒のPOG期間データ
頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり賞金 期間内重賞馬率
ハーツクライ全体 344 20.2% 17.0% 156万円 1.5%
リヴォークドのクロス 18 26.9% 35.7% 440万円 11.1%


特に配合的なお手本となるのはジャスタウェイかな。
この馬の5代母ブルバーストは、ブルーゲイ≒リヴォークド1×2という仰天のニアリークロス持ちなのです(゜o゜;

ブルーバースト

リヴォークドは古い血脈のため、子孫への影響力が強くありません。
ですからリヴォークドを配合の中心に据えるためには、ジャスタウェイのブルーバーストくらい強烈な増幅が必要なのです。
…まあこんな仕掛けを持ってる馬なんて滅多にいませんけど(笑)

ちなみに、ブルーバーストには遠く及びませんが、一応ウインバリアシオンの母スーパーバレリーナも「ブルページ≒リヴォークド」4×7のニアリークロスを持っていますよ。






「配合パズルでアタリはわかる2014」

4月30日に血統専門の同人誌を発売しました!
ディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ、クロフネの4種牡馬を取り扱っています。

今回の記事を読んで、POG向きの血統について興味を持っていただけましたら、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです(*ノω・*)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html

スポンサーサイト


2014/05/13 | 13:12
ハーツクライコメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?