笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

オークス 全馬血統考察…その2

その1はコチラです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1148.html

・シャイニーガール(A+)
桜花賞の時に書いたものを、そのまま掲載します。

母父アフリートはダートタイプですが、父がミスプロのため、サンデーサイレンスと合わせるとワリと軽快に出やすいタイプでもあります。
しかもブラックタイドとはサーアイヴァー≒ヴェネチアンジェスターが発生しますから、その傾向はより顕著になるハズです。

3代母ミネルバダンサーは、ハイペリオン4×3のノーザンテーストを父に、フェアトライアル4×5のコトブキを母に持ち、「ハイペリオン×フェアトライアル」的な影響力の強い繁殖です。
ディープインパクトより「ハイペリオン×フェアトライアル」的な重厚さの強いブラックタイドだったら、ミネルバダンサー程度の補強さえあれば問題ありません。

ブラックタイドは活躍馬が少ないので、正確な配合診断が出来ません。
AかA+のどっちにするか、それは今でも迷うところですが、結構高めの評価でも良いかなと思います。


・サングレアル(S)
この馬はデビュー前に考察しました。
評価は特に変更はありませんので、そちらを読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1069.html

ゼンノロブロイ王道の配合パターンだと思います。


・ヌーヴォレコルト(B+)
桜花賞の時に書いたものを、そのまま掲載します。

ハーツクライのトニービン×リファールが抱える「ハイペリオン×フェアトライアル」資質を、ヌレイエフで更に増幅したヨーロッパタイプの構成です。
このパターンの場合、米血の不足が弱点になってしまうのですが、ヌーヴォレコルトはミスタープロスペクターを合わせることで、その問題点を解消しています。

配合的には成功パターンなのですが、母系はリヴァーマン、サーアイヴァー、セクレタリアトという3本のナスキロ血脈を持っていて、柔らかさも強い構成となっています。
ハーツクライはトニービンの軟弱さを伝えやすいため、頑丈さの補強が重要なのですが、その点への説得力が少し足りません。
なので評価はB+にとどめました。


・ハープスター(A)
配合については、阪神JF出走時のものををご覧ください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1070.html

毎度毎度同じことを言いますが、配合の見た目ではパワーが若干足りないのでA評価にしています。
ただ実際のレース振りを見る限り、パワー不足という感じもせず…。
だとすれば母父ファルブラヴが強く出ているのかも知れませんね。
となると思った以上にマイラーなのかも…とは思ったりして。


・マーブルカテドラル(A+)
阪神JF出走時に詳しく血統考察をしました。
評価の変更も特にありませんので、そちらをご覧ください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1072.html

凄く配合が好きな馬なので頑張って欲しいのですが…。


・マイネグレヴィル(B)
父がブライアンズタイム、母がマルゼンスキーのクロスですか…。
パワー型過ぎるでしょ(^_^;)
C評価でもいいくらいです。

スポンサーサイト


2014/05/24 | 00:10
ぶった斬る2013コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?