≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

ヌーヴォレコルトが先頭でゴール板を通過した瞬間、僕は顔面蒼白になりました。


「ヤバイ…俺のハーツクライ論は間違っていたようだ」
((((;゚Д゚))))



同人誌でハーツクライの配合論を書いてしまったので、今更こんなことを言って本当に申し訳ないんですけど…。
ごめんなさい、配合論を修正します。。。(_ _;)


オークスの血統考察の時、ヌーヴォレコルトに対する考察文は以下の通りになります。


・ヌーヴォレコルト(B+)
ハーツクライのトニービン×リファールが抱える「ハイペリオン×フェアトライアル」資質を、ヌレイエフで更に増幅したヨーロッパタイプの構成です。
このパターンの場合、米血の不足が弱点になってしまうのですが、ヌーヴォレコルトはミスタープロスペクターを合わせることで、その問題点を解消しています。

配合的には成功パターンなのですが、母系はリヴァーマン、サーアイヴァー、セクレタリアトという3本のナスキロ血脈を持っていて、柔らかさも強い構成となっています。
ハーツクライはトニービンの軟弱さを伝えやすいため、頑丈さの補強が重要なのですが、その点への説得力が少し足りません。
なので評価はB+にとどめました。




成功パターンではあるけれど、ナスキロ柔らかすぎるからダメだろうと思ったわけですね。
どうやら牝馬に関しては、この考えは間違っていたのかもしれません。

僕は同人誌のハーツクライ編で、ハーツクライはパワー重視の方が良いという考えを書きました。
それはミスタープロスペクター、シアトルスルー、ストームキャットの3血脈が、成功パターンを踏襲しているのにも関わらず、予想よりも成績データが伸びていなかったからです。

しかし今回のオークスを見て改めてデータを調べたところ、牝馬の方はそんなに悪くなかったという事実が判明(;´∀`)


・牡馬のPOGデータ

頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり賞金 期間内重賞馬率
ハーツクライ牡馬全体 177 22.0% 17.7% 181万円 2.3%
ミスタープロスペクター 75 24.2% 19.6% 177万円 1.3%
シアトルスルー 23 23.9% 36.4% 157万円 該当なし
ストームキャット 12 18.9% 8走のみ 145万円 該当なし

・牝馬のPOGデータ

頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり賞金 期間内重賞馬率
ハーツクライ牝馬全体 168 17.8% 15.5% 140万円 1.2%
ミスタープロスペクター 76 20.4% 17.2% 170万円 2.6%
シアトルスルー 13 32.4% 16.7% 201万円 該当なし
ストームキャット 4 20.0% 6走のみ 243万円 該当なし


こんな感じです。
頭数が少なすぎるのでデータの正確性はアレですが、牡馬に比べると明らかに牝馬の方が好成績を残しています。


これを踏まえてヌーヴォレコルトを改めて考えると、ナスキロ柔らかさをマイナス要素と考えるのは間違っていたのではないかと思います。
ちゃんと成功パターンに該当していた以上、素直に褒めるべき馬だったのでしょうね。


同人誌を買ってくれた皆さんが、このブログを読んでくれていることを祈っています。

同人誌では、「シアトルスルー以外のボールドリーズニング持ち」と、「ストームキャット以外のブルページ持ち」を成功パターンとして紹介しました。
しかしこれは“牡馬限定”にした方がいいかもしれません…。



スポンサーサイト


まあ、昨日は岩田騎手の気合いの騎乗と、東京競馬場という舞台がマッチした感じですね。ゴール前はハーツクライvsディープインパクトの有馬記念を見るようでした。
ハープスター敗北を予想した方の大半は、サングレアルを本命視したと思いますが、実際の勝ち馬がヌーヴォレコルトなんて、全く想定していませんでした。
ハーツクライは牡馬が走るイメージだから、多分、ワンアンドオンリー以上にPOG指名率は低かったはずです。
ワンアンドオンリーは、ヌーヴォレコルトと違って、中団で競馬をしないからな…。
ホントに有馬記念のようでしたよね。
なんでもかんでも配合で結論づけて、何らかのパターンにカテゴライズしすぎるのも良くないとは思いますが、ナスキロ色の濃い馬からも活躍馬が出るのがわかったことは勉強になりました。
ハーツクライ牝馬からも大物が出たことで、ディープ一強にならない分、楽しみは増したかなと思います。
しかし今年はハーツ牝馬以外でも、ステゴ牝馬とかネオユニ牝馬とか、ちょっと想定外の強い馬が多かったな~という印象ですねえ。
同人誌買った者です。
私はくりがしらさんの本から、ヌーヴォレコルトは母内ノーザンダンサー3 x 5 x 4の濃いクロスとDr. Fager内のBetter Selfで頑丈さの補強が出来て、ナスキロ柔らかさも東京コースでは恩恵の方が大きかったと理解しました。
買っていただいてありがとうございます!

そういう風にアレンジして応用していただけたのなら良かったです…。
僕は完全に配合パズルを過信しすぎて評価を下げてましたから(笑)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.