やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

キングカメハメハ簡易考察編…どこに触れて、どこを避けるか 2014-05-27-Tue

キングカメハメハはスピード、スタミナ、パワー三拍子揃ったオールラウンダーなタイプです。
活躍馬を輩出するために必要な資質は全て備えていて、種牡馬として非常に高いポテンシャルを秘めています。
その一方で、万能であるが故に、増幅する血脈によっては芝向きにもダート向きにも出てしまうという困った性質にも繋がっています(>_<)

POGは芝向きの大物を狙うのが基本ですから、扱い方に気をつけなければなりません。
これらのことを踏まえ、キンカメを構成する血脈を個々に見ていくとしましょう。


・キングマンボ
キンカメの父キングマンボは、かなりガッチリとしたパワーを伝える種牡馬です。
キンカメのパワーの源となっています。
基本的には刺激したくない要素ですね。

一番分かりやすい例では、キングマンボの父であるミスタープロスペクターをクロスしたキンカメ産駒。
150頭近くもいるのに、POGどころか生涯成績で見ても重賞馬はなし。
オープン勝ちにスガノメダリストがいるのみです。

キングマンボが持つ血脈で唯一POG的に活用出来そうなのが“フォルリ”。
この血はフェアトライアル的な資質を強く受けた快速血統なので、スピード値をあげるのに有効です。
フォルリのクロスからはトゥザグローリー&トゥザワールド兄弟とコディーノが出ています。
ただフォルリも本質はパワーを伝えるタイプですから、上手く使わないと効果を発揮してくれません。
これについては別の考察機会で取り上げることにします。

・POG成績

頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり賞金 期間内重賞馬率
キングカメハメハ全体 850 19.7% 23.1% 171万円 0.9%
ミスプロのクロス 144 17.2% 21.3% 109万円 該当なし
フォルリのクロス 132 21.5% 18.1% 187万円 1.5%




・ラストタイクーン
母父のラストタイクーンは柔らかいスピードを伝えるマイラー血統です…と聞くと、POG向き脈に感じるかもしれませんが、増幅するには注意が必要です。

ラストタイクーンの父の母であるセックスアピールという血は、「ブサンダ≒ミスターブッシャー」2×3という強いクロスを持っています。
この「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」血脈が伝える米パワーはかなり強烈で、ここを刺激してしまうと、たちまちムキムキタイプの馬になってしまいます。
セックスアピールの父バックパサーをクロスしたキンカメ産駒を見ると、芝の重賞馬はタガノグランパ、レディアルバローザ、ケイアイエレガントがいますが、全体の成績は奮っていません。

ではラストタイクーンの柔らかさはどこから来ているのかと言うと、母父のミルリーフが伝える「ナスルーラ×プリンスキロ」的資質なのです。
つまりPOG的にはこの血を増幅することが正解になります。
ミルリーフのクロスを持つ重賞馬はローズキングダムとタガノグランパの2頭。
具体的な活用例についてはまた今度やります。

・POG成績
頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり賞金 期間内重賞馬率
キングカメハメハ全体 850 19.7% 23.1% 171万円 0.9%
バックパサーのクロス 171 15.4% 23.9% 122万円 0.6%
ミルリーフのクロス 50 24.6% 20.6% 282万円 4.0%



・テューダーミンストレル
最後に紹介するのはテューダーミンストレル。
ちょっと見つけづらいかもしれませんが5代母父です。
この血は硬質なスピード血統で、性質としては前述のフォルリと似ています。
スピードを増幅する手段として有効です。
重賞馬はアパパネ、ロードカナロア、ホッコータルマエ、トゥザグローリー&トゥザワールド、タガノグランパ、レディアルバローザ、トウカイミステリー、ヒラボクキングの9頭。
血統表のかなり奥にあるので影響力は小さそうに感じるのですが、意外と効果を発揮しているようです(笑)

・POG成績

頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり賞金 期間内重賞馬率
キングカメハメハ全体 850 19.7% 23.1% 171万円 0.9%
テューダーミンストレルのクロス 168 22.3% 25.0% 235万円 1.8%



ポイントとなる血脈はこんなもんかなと思います。
POG的にプラスとなるのはフォルリ、ミルリーフ、テューダーミンストレルの3つ。
マイナスとなりかねないのはミスタープロスペクター、バックパサーの2つ。

これに注意しながら血統表を見るといいでしょう。
次回は各血脈をもっと詳しく考察しますね。

ちなみに、フォルリ、テューダーミンストレル、ラストタイクーンについては、僕の同人誌でも触れています。
8ページ、10ページ、21ページに書いてありますので、よかったら参考にしてみてください。





「配合パズルでアタリはわかる2014」

4月30日に血統専門の同人誌を発売しました!
ディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ、クロフネの4種牡馬を取り扱っています。

今回の記事を読んで、POG向きの血統について興味を持っていただけましたら、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです(*ノω・*)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html



スポンサーサイト

CATEGORY古い配合論 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« キングカメハメハ簡易考察編…硬質なスピード強化で頂点を取る! | ホーム | ダイワメジャー好配合2歳馬ピックアップ »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |