コンテントヘッダー

キングカメハメハ簡易考察編…軟質なスピード強化で頂点を取る!

キングカメハメハの基本的なポイントを踏まえつつ、POGで効果的な血脈を紹介していきます。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1157.html

前回は硬質なパワースピードを増幅するパターンでした。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1158.html

今回はラストタイクーンのミルリーフを増幅する方法です。

結論から先に言いましょう。
「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈を使えばいいのです。
ナスキロ特有のしなやかな切れ味を増幅することで、ラストタイクーンのプラス面が強調されます。

とりあえず、代表的な「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×プリンスキロ」血脈との組み合わせをひと通り見て行きましょう。


・サーゲイロード
重賞馬:ホッコータルマエ、レディアルバローザ、ヒットザターゲット、ケイアイエレガント

・フォアシアー
重賞馬:該当なし

・セクレタリアト
重賞馬:ローズキングダム、ロードカナロア、ベルシャザール、ケイアイエレガント

・ボールドビダー
重賞馬:アパパネ、フィフスペトル

・ボールドラッド
重賞馬:タイセイレジェンド

・シアトルスルー
重賞馬:ケイアイエレガント、ヒラボクキング

・ミルリーフ
重賞馬:ローズキングダム、タガノグランパ

・リヴァーマン
重賞馬:フィフスペトル、コスモセンサー


ほとんどの血脈から満遍なく活躍馬が出ていますね。
しかしよ~く見てみると、POG期間の芝で重賞を勝っているのは、セクレタリアト、ボールドビダー、ミルリーフ、リヴァーマンの4血脈だけなのです。
これについて、僕なりに理由を考えてみました。


・直接 or ニアリークロスで効果倍増!!
ミルリーフの直接クロス、ミルリーフ≒リヴァーマンのニアリークロスという濃密なクロスを成立させることで、ラストタイクーンのナスキロ柔さをより強力に引き出せているのでしょう。


・アメリカンな軽さで新味を加える!!
ラストタイクーンが抱えるミルリーフは、父ネヴァーベンドの影響もあり、柔らかみの中にも重厚さがあります。
ヨーロピアンなタイプで、“切れ”というよりは“斬れ”という感じですかね。

そこでアメリカタイプの素軽さに秀でたボールドルーラーを父に持つ、いわゆる「ボールドルーラー×プリンスキロ」血統が効果を発揮します。
“ボルキロ”血統のセクレタリアトやボールドビダーを使うことで、ミルリーフの柔らかさを活かしつつも、さらに日本向きの軽快さを加えてくれるというワケ。
ちなみに、セクレタリアトやボールドビダーと同じボルキロ血統のボールドラッドからはPOG期間の活躍馬が出ていませんが、頭数が全部で9頭しかいませんので、今後アタリが出る可能性は十分あるでしょう。

ただし、同じくボルキロ血統のシアトルスルーの成績が低調なのは、ちゃんと理由があります。
そもそもシアトルスルーが切れのあるスピードを伝えるタイプではないということに加え、母マイチャーマーが持つストライキング≒ブシャー3×3の「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」的パワーが、ラストタイクーンのセックスアピールを大きく増幅してしまうんですよね。
ボルキロならば何でもOKというワケではありませんので気をつけるように。


ということで、ラストタイクーン増幅パターンでオススメと言えるのは、ミルリーフ&リヴァーマンの(ニアリー)クロス血脈と、セクレタリアト&ボールドビダーのボルキロ血脈の4種類。
後はまだアタリの可能性が残っているボールドラッドを押さえておけばバッチリです。


・POG成績

頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり賞金 期間内重賞馬率
キングカメハメハ全体 850 19.7% 23.1% 171万円 0.9%
サーゲイロード 127 12.7% 20.9% 100万円 該当なし
フォアシアー 46 21.8% 20.3% 114万円 該当なし
セクレタリアト 74 22.4% 27.8% 269万円 1.4%
ボールドビダー 18 27.0% 4.2% 488万円 11.1%
ボールドラッド 9 19.0% 9走のみ 74万円 該当なし
シアトルスルー 46 16.1% 22.4% 103万円 該当なし
ミルリーフ 50 24.6% 20.6% 282万円 4.0%
リヴァーマン 53 19.8% 27.4% 212万円 3.4%


ちなみに、ミルリーフに対してボルキロ血脈の軽快さを補う手法は、ローエングリン×セクレタリアトのロゴタイプでも活用されていますよ~(^o^)





「配合パズルでアタリはわかる2014」

4月30日に血統専門の同人誌を発売しました!
ディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ、クロフネの4種牡馬を取り扱っています。

今回の記事を読んで、POG向きの血統について興味を持っていただけましたら、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです(*ノω・*)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

私は、シルク募集のダイヤモンドビコー12に出資しましたが、母方にナスキロクロスがありません。
そもそも、ホッコータルマエ級のダート馬になれば、という思いで出資したので、ダート王者になれればいいです。
しかしながら、この馬の動画を見ていると、ダート向きには見えないのが、悩ましい限りですね。
ノーザンの代表が、某POG本で噴いてくれましたけど、個人的にはドバイ向きだと思っています。

>Y子さん

キンカメ×アリダーという組み合わせは、相当なパワーを引き出す組み合わせだと思っています。
ですからPOGではあまりオススメしづらい馬ではあります。
ただパワーに特化した、強力な武器を持てる配合ですので、キャラがわかりやすくて個人的には好きな配合でもあります。
持ち前のパワーを活かすためには、Y子さんも望んでおられるダート馬に出ることが一番の理想ではありますね。
ただ芝向きの軽さがあるのならば、中山マイスターとして無類の強さを発揮してくれるはずですよ。
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク