やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

キングカメハメハ簡易考察編…オススメ成功パターン教えます(パワー編) 2014-05-31-Sat

キンカメのPOG向き配合型の1つに、フォルリやテューダーミンストレルを弄ってスピードを強化するパターンがあります。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1158.html

今回はこの血脈を増幅する配合型の中から、POGで指名馬探しをする際に役立つ成功パターンを紹介していきます。

ただし、1つだけ注意点があります。
このパターンは硬質なパワーを増幅してスピードを身につけているのがポイントです。
キンカメは元々がパワーにも優れたタイプですから、あまり増幅しすぎてもガチガチになりすぎてしまい、逆効果になってしまうんですよ。
ですからパワーを増幅した分、他の部分で柔らかみを補い、バランスをとることが必要になります。

そこで大活躍をするのがサンデーサイレンス。
フォルリやテューダーミンストレルの増幅パターンは、強靭な推進力を特徴とする機動力型になります。
そのため忍者的な俊敏さのヘイローを抱えるサンデーサイレンスとの親和性がバツグンなのです。

これから紹介するパターンは、全部サンデーサイレンスがセットになりますので覚えておいてください。



・フォルリの直接クロス+テューダーミンストレルの直接クロス+サンデーサイレンス

フォルリとテューダーミンストレル、どちらもキンカメの血統表の奥の方にあるため、影響力は決して強くはありません。
ならいっその事、ダブルで直接クロスをして大きく増幅してやればいいじゃんっていうダイレクトなパターンです。
後はサンデーサイレンスを挟んで素軽さを補強してバッチリ。

活躍馬:トゥザグローリー&トゥザワールド、エルカミーノレアル


・フォルリの直接クロス+アバーナント+サンデーサイレンス

フォルリのクロスはそのままに、テューダーミンストレルの直接クロスではなく、テューダーミンストレル≒アバーナントで代用したパターンです。

活躍馬:コディーノ、マイネエポナ


・テューダーミンストレルの直接クロス+リファール+サンデーサイレンス

リファールを加えてキンカメのスピードを持続させる構成です。
これだけだと少しピリッとしないので、テューダーミンストレルをクロスしてメリハリをつければOK。
もちろんサンデーのサポートは忘れずに(^o^)

活躍馬:タガノグランパ、ゴールデンチケット


・アバーナント+リファール+サンデーサイレンス

上のテューダーミンストレルをアバーナントとのニアリークロスに代えただけです。

活躍馬:ショウリュウムーン


・トニービン+ノーザンテースト+サンデーサイレンス

キンカメ×トニービンのお供にはノーザンテーストがオススメ。
トニービンとノーザンテーストはニックスの関係ですし、トニービンの緩さとノーザンテーストの硬さが上手く補完しあってくれます。

ちなみにこれもほとんどの活躍馬がサンデーサイレンスを持っていますが、唯一ルーラーシップだけはサンデーを持ちません。
ただルーラーシップって、プリンシパルSを勝ちましたけど、POG向きの馬だったというよりは器の違いって感じでしたよね。
この配合型についても、やっぱりサンデーサイレンスはあった方が良いんじゃないかと思いますよ。

活躍馬:ミッキードリーム、ラブリーデイ、アドマイヤセプター


・POG成績


頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり賞金 期間内重賞馬率
キングカメハメハ全体 850 19.7% 23.1% 171万円 0.9%
フォルリ+テューダー+サンデー 7  トゥザグローリー&トゥザワールド、エルカミーノレアル
フォルリ+アバーナント+サンデー 6  コディーノ、マイネエポナ
テューダー+リファール+サンデー 12 22.3% 33.3% 352万円 8.3%
アバーナント+リファール+サンデー 3  ショウリュウムーン
トニービン+テースト+サンデー 12 23.8% 6走のみ 282万円 該当なし

一応成績データを載せておきますが、頭数があまりにも少なすぎてデータと呼べる代物ではありません(笑)





「配合パズルでアタリはわかる2014」

4月30日に血統専門の同人誌を発売しました!
ディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ、クロフネの4種牡馬を取り扱っています。

今回の記事を読んで、POG向きの血統について興味を持っていただけましたら、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです(*ノω・*)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html



スポンサーサイト

CATEGORY古い配合論 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« ダービー全馬血統考察…その3 | ホーム | ダービー全馬血統考察…その2 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |