やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

ワンアンドオンリーとヌーヴォレコルトが持つ、ミスプロ×スペシャル×ダンジグの必勝配合

僕の同人誌「配合パズルでアタリはわかる2014」では、ワンアンドオンリーとヌーヴォレコルトの2頭を「ミスプロ+スペシャル(=サッチ)」という成功パターンに分類させました。
興味のある方は是非勝ってくださいね(*ノェノ)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html

この組み合わせは、長所と短所を互いに補完し合う、相性の良い関係です。
そこら辺の説明は同人誌を読んでもらうとして、今回はその中でポイントとなっている「ナシュア×ナンタラ」のことを中心に話したいと思います。


スペシャルが抱えるナンタラという血脈は、母のシマーが“ギャラントフォックスを経由しての”サーギャラハッド3×3を持っていて、ここからガッチリとしたパワーを伝えます。
そんなナンタラに対し、ミスプロ経由でナシュアを絡ませることで、アメリカ的なパワーの更なる増幅を図るという仕組みです。

んで、ワンアンドオンリーとヌーヴォレコルトは、そんな「ミスプロ+スペシャル」に加えて、“ダンジグ”を持つという共通点もあるんですよね。

ダンジグは「ハイペリオン×フェアトライアル」で構成されているため、スペシャルが持つ「ハイペリオン×フェアトライアル」に絡み、強靭なパワーを引き出してくれると考えられます。

しかしもう1つ注目すべき点があり、それはダンジグが抱える“クラフティアドミラル”の米血です。
この血は“ファイティングフォックスを経由しての”サーギャラハッド=ブルドッグ2×3というクロスを持ちます。

この仕掛け、どこかで見たことがあるな~と思ったら、スペシャルのナンタラが伝えるパワー源…“ギャラントフォックスを経由しての”サーギャラハッド3×3と全く一緒なんですよ。
ファイティングフォックスはギャラントフォックスの全弟ですからね。


スペシャル×ダンジグの特徴は、フォルリとダンジグを通じての「ハイペリオン×フェアトライアル」の増幅だけではありません。
ナンタラ(の母シマー)とクラフティアドミラルによる、ギャラントフォックス=ファイティングフォックスの全兄弟クロスを中心とした米パワーの増幅も忘れてはいけなかったのです。

これは結構重要な要素なのではないかと思います。
特にワンアンドオンリーの場合は、ニジンスキーを通じてギャラントフォックスをもう1本持っていますから、より一層このパワーを刺激していることになりますね。


ワンアンドオンリーやヌーヴォレコルトがG1馬になったのは、他にもノーザンダンサーの強いクロスだったり、「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」的なパワーの補強だったり、色々なことがあっての結果でしょう。

ただ、「ミスプロ+スペシャル(サッチ)+ダンジグ」による“スペシャル”なトライアングルも、きっと大きな意味を持っているのだと思いますよ(^o^)


昨日の日記では、ハーツクライの結論はすぐに出さずに、のんびり考えていくって言ったんですけど…もう色々と研究してしまいました(^_^;)
ダメですね、新たなことがわかり始めると調べるのが楽しすぎて我慢ができない(笑)

スポンサーサイト

*Comment

くりがしらさん凄いね 

なるほど、これは凄いね。ステゴ×デインヒルのフェノーメノなども色々深く追求出来ちゃったりするのかな? やっぱり血統は面白いですね(^^)
  • posted by とる 
  • URL 
  • 2014.06/02 19:12分 
  • [Edit]

>とるさん 

どうでしょうかねえ。
ステゴの場合はノーザンテーストの中でもレディアンジェラのクロスの方が鍵でしたから、デインヒルのポイントもレディアンジェラ≒アリバイの方なんじゃないかな~とは思ったりもします。

ただディープ×デインヒルのミッキーアイルとエバーブロッサムの2頭が、どちらもスペシャルを持つことの意味はより深まりましたね。
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2014.06/03 03:34分 
  • [Edit]

 

ワンアンドオンリーの件で、いろいろお世話になり、ありがとうございました。
ただ、ワンアンドオンリー以外のPOG指名馬は、あまり活躍していないので、総合順位は芳しくありません。
特にラングレーの不発が痛かったですね。
ワンアンドオンリーの勝因は、一族に名種牡馬グリーンデザートや、BCクラシック勝ち馬の父アーチがいることで、ライバルより底力が秀でていたためだと思います。
名種牡馬としての地位を固めたハーツクライと同族のミッキーアイルが、ディープ産駒牡馬代表となったのも、決して偶然ではないと思いました。
  • posted by Y子 
  • URL 
  • 2014.06/03 14:23分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.06/03 21:07分 
  • [Edit]

>Y子さん 

いやいや、これでワンアンドオンリーの他にも活躍馬を持っていたら、そりゃ出来過ぎってもんです(笑)
デビュー時には誰もが予想出来なかったダービー馬を指名しているだけで相当カッコイイですから(^o^)
ラングレーはもう少しやれそうな感じはしてましたけどねえ。

Y子さんとやり取りをするようになってから、牝系の質の大切さを実感するようになりました。
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2014.06/04 13:19分 
  • [Edit]

>非公開コメントさん 

もちろん僕も狙ってます( ̄ー ̄)ニヤリ
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2014.06/04 13:20分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.06/06 00:16分 
  • [Edit]

 

どちらも良いですねえ(^o^)
前者は記事通りのパターンですし、後者は3代母がブルページ≒ブルーゲイ4×3ですもんね。
文句ない感じがします。
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2014.06/06 11:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.