≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

ダービーも終わり、POG期間の集計も終了しました。
せっかくですので、このタイミングで昨年発売した同人誌「配合パズルでアタリはわかる(13年度版)」の答え合わせをしておこうと思います。

今回はディープインパクト編。
…ステゴ編は土下座が確定してるんで、出来れば振り返りたくないんですけど、次回ちゃんとやります(笑)

去年の本で成功パターンとして紹介したのは

・フォルリ×テューダーミンストレル
・フォルリ×リファール
・フォルリ×アバーナント
・テューダーミンストレル複数+「ハイペリオン×フェアトライアル」
・テューダーミンストレル+「オーエンテューダー×サンインロー」+「ハイペリオン×フェアトライアル」
・リファール血量18.75%未満+「ハイペリオン×フェアトライアル」
・トニービン×ノーザンテースト
・インリアリティ牡馬
・ダマスカス牡馬

以上の9パターンでした。
ヴェイグリーノーブルやカーリアンについても考察してはいますが、これは成功パターンではなくオマケとして紹介したものですから、上記のパターンからは除外しました。

では、現3歳馬を成功パターンの有無で分けて、成績データを算出してみましょう。


・POGデータ
POG成績 頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
成功パターンあり 32 41.8% 6走のみ 473万円
成功パターンなし 94 26.6% 23.1% 239万円


ちゃんと成功パターンを持つ馬の方が好成績になりました(・∀・)
スゲー安心しましたよ(笑)

個別に見てみると、成功パターンに該当した馬から誕生した活躍馬は…

・ミッキーアイル(フォルリ+テューダーミンストレル)
・トーセンスターダム(インリアリティ牡馬)
・ベルキャニオン(ダマスカス牡馬)
・ワールドインパクト(フォルリ+リファールなど複数に該当)
・アトム(フォルリ+リファールなど複数に該当)

という結果です。
G1馬が1頭該当していた他、ダービーに出走したディープ産駒4頭の内の3頭が成功パターン持ちでした。


では、成功パターンを持たなかった馬の活躍馬を見ると…

・ハープスター
・ステファノス
・サトノルパン

凱旋門賞を目指すくらいの強い馬であるハープスターを取り上げることが出来なかったのがイタイ!(>_<)

ただですね、ここで少し言い訳をさせてください。

昨年度の同人誌23ページの「フォルリのおまけ」で書いたのですが、フォルリとトニービンを併せ持つパターンは5頭しか存在せず、良し悪しが判別出来ない状態…と説明しています。

「トニービン+フォルリ」持ちのハープスターをスルーしていたわけではありません。
このパターンに注目していただけ立派なんです(笑)

ですが、ぶっちゃけハープスターについては、デビュー前の個別考察でもあまり評価してなかったんですけどね…(;´∀`)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1025.html



とは言え全体的に見れば、配合パズル理論もワリと頑張った方じゃないですかねえ。

ディープ産駒の3歳126頭の中で重賞連対、もしくはオープン勝ちをした活躍馬は全部で8頭でした。
全体126頭からアタリ8頭を引き当てるのと、配合パズルの成功パターン32頭からアタリ5頭を選ぶのとでは、明らかに後者の方が当たる確立は高いです。

初年度版としては上々の結果だったと思ってますよ。
…ただのビギナーズラックだったらどうしよう((((;゚Д゚))))



ちなみに、好配合馬ピックアップで取り上げた馬の成績をまとめると

・トーセンマタコイヤ(2勝)
・ゼウスバローズ(1勝)
・キミノナハセンター(2勝)
・ワールドインパクト(青葉賞2着)
・ビジョナリー(未勝利)
・アトム(デイリー杯2歳S2着)
・トレモロアーム(未勝利)
・トーセンスターダム(きさらぎ賞勝ち)
・テスタメント(1勝)

POG成績 頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
好配合馬ピックアップ 9 55.6% 出走なし 535万円

という感じ。
これどうなんですかねえ。
安定はしてたと思うんですけど、このコーナーは基本的に良血重視で選んでますから、配合関係なく高い成績になるのは当然っちゃ当然ですし。

まあ成績が落ちるよりは良いでしょ(・∀・)
でもハープスターやミッキーアイルのような強いG1馬をオススメすることが出来なかったことは悔しいです。
もっと頑張ります!!

だからみなさん14年度版も買ってくださいね!(笑)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html






最後に個人的な話。

14年度版の成功パターンに該当する2歳馬の中から、特に配合の好きな馬をドラフト用にピックアップしてみたものの、実は今年のディープ産駒はピンとくる馬がメチャクチャ少ないんですよね(^_^;)
リスト自体はディープ産駒だらけなんですけど、どうにも手応えを感じないというか…。

新たな成功パターンが出る前触れか…。
もしくは今年のディープが低調に終わるのか…。

個人的な好みで偏った選び方をしていますから、単純に僕の選択ミスなのかなあ。
そもそもハープスターもミッキーアイルも指名出来てませんしね(笑)



スポンサーサイト


フローラSで人気だったイザベルとハープスターの血統が結構似てるので今年の2歳にいるか注目してたけどいないみたいですね(・・;)

そうなんですよね~。
来年以降の楽しみに取っておきましょう(・∀・)
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.