ディープインパクト×母父フレンチデピュティを考える

フレンチデピュティはダート向きの産駒を多く出す種牡馬です。
そのためガッチリとした印象を持ちがちですが、実際のところはそこまで極端な筋肉質じゃないんですよね。

確かに父方は凄いパワーを伝えるデピュティミニスターなので、基本的にパワー型なのは間違いありません。
ただ母ミッテランの方はアメリカのスピード血脈を持っています。
つまり増幅の仕方によっては、軽快な面を強めることが可能な種牡馬なのです。


それを踏まえた上で、「ディープインパクト×母父フレンチデピュティ」の相性を考えてみましょう。

ディープ×フレンチの組み合わせは、サーアイヴァー×ミッテランの間で「ロイヤルチャージャー≒ナスルーラ、プリンスキロ、サラミニア≒エイトサーティ、ラベンデュラ」などのクロスが発生します。

サーアイヴァー×ミッテラン

サーアイヴァーはディープの中でも特に柔らかい切れに優れた血であり、ミッテランはフレンチデピュティの軽い面を伝える血脈。
この両者が結び付いているわけですから、ディープ×フレンチが伝える資質は、パワーよりも柔らかさが強いのだろうと僕は考えています。


ディープインパクトのアルザオが持つ「ノーザンダンサー+ロイヤルチャージャー+プリンスキロ」を増幅し、柔らかな切れ味を引き出せる血脈は、カーリアン、ストームキャット、ラストタイクーン、ダンシングブレーヴなどがいます。
詳しくは同人誌「配合パズルでアタリはわかる2014」の19、20、21ページを読んでいただけるとありがたいです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html

フレンチデピュティもこれらと同じ「ノーザンダンサー、ナスルーラ、プリンスキロ」で構成されている血脈です。
アルザオとの絡みはニアリークロス程の密接さではありませんが、同じような効果を発揮する仕掛けだと思います。


そうは言ってもフレンチデピュティの基本はデピュティミニスター系のパワータイプ。
カーリアンやストームキャットと同等のしなやかさは持ち合わせていません。

しかしディープインパクトは、そもそもパワーに飢えた種牡馬です。
アルザオを増幅して柔らかさを引き出すだけでなく、そこにデピュティミニスターの重厚さが適度な隠し味として加わっていると考えれば、それはそれで悪くはないと思います。


・ディープインパクト×母父フレンチデピュティのPOGデータ

頭数 芝勝ち上がり率 芝連対率 芝1走当
ディープインパクト全体 520 242 46.5% 30.9% 333万円
フレンチデピュティ 23 15 65.2% 42.9% 364万円

ボレアス&マウントシャスタ&カミノタサハラ&ベルキャニオン4兄弟や、エンドレスノット&ウリウリ姉妹などの活躍馬がいます。


さて、今回あえて「母父フレンチデピュティ」としたのには理由があります。
母父フレンチデピュティと、母父クロフネ(その父フレンチデピュティ)では、伝わる資質が大きく違うからです。

ディープ×クロフネについては、またの機会に詳しく考察することにします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク