やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

キングカメハメハ簡易考察編…オススメ成功パターン教えます(スピード編)

前回のキンカメ考察から随分と間が空いてしまいゴメンナサイ…(^_^;)
もう皆さんどこまでやったか忘れてしまっていると思いますが、今回はラストタイクーンのスピードを強化するタイプの成功パターンについて考察します。

ラストタイクーンのミルリーフ増幅パターンでオススメなのが、ミルリーフ、リヴァーマン、セクレタリアト、ボールドビダーの4血脈です。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1160.html


これらの血を持つ馬の中で、POG期間に活躍した馬を見ると、とある必勝パターンがあることに気づきます。
それは「“ノーザンダンサー”と“上記ナスキロ血脈”を2代以内に同時に併せ持つ血脈」を抱えているという点です。

ちょっとややこしいので、ストームキャットを例にして説明します。

ストームキャットは父の父がノーザンダンサー、そして母の父がセクレタリアトです。
つまり「2代以内にノーザンダンサーとセクレタリアトを併せ持つ」種牡馬ということになりますね。
一方エーピーインディは母父がセクレタリアトですが、ノーザンダンサーはどこにも持ちませんので、これは必勝パターンではありません。

実はこれ、「父父ノーザンダンサー×母父ミルリーフ」のラストタイクーンと同じ構成の血を探せってことなんです。
ストームキャットのような血脈でラストタイクーンを増幅することが、ナスキロ型キンカメ産駒の必勝パターンというワケ。

ではそこを踏まえて、具体的に紹介していくとしましょう。


・ノーザンダンサー+ミルリーフ
このパターンに該当するのはタガノグランパ。
3代母のカフェドフランスが「父父ノーザンダンサー+母父ミルリーフ」です。

一見ローズキングダムの祖母ロゼカラーも該当しているように見えるのですが、ノーザンダンサーが3代目なのでアウトです。
…1代ズレたからアウトとか、そんな理論で本当にいいのか?って感じしますよね(^_^;)
でもいいんですよ、配合パズル理論自体が若干オカルト的ですから(笑)

・POG期間データ

頭数 芝勝ち上がり率 芝連対率 芝1走当
キングカメハメハ全体 854 181 21.2% 19.6% 172万円
ND+ミルリーフ 8 4 50.0% 36.0% 570万円
それ以外のミルリーフ 42 15 35.7% 22.3% 250万円



・ノーザンダンサー+リヴァーマン
コスモセンサーがこのパターン。
母ケイアイバラードがノーザンダンサーの全弟トランスアランティック×リヴァーマンの構成です。

一見フィフスペトルの母父バーリも該当しているように見えるのですが、ノーザンダンサーが3代目なのでアウト。
ただし血統好きの方はすぐ気付くでしょうけど、バーリという種牡馬はラストタイクーンとニアリーです。
そんな血脈を、ノーザンダンサーの位置でアウトにしていいのか?って思った方もいることでしょう。
僕もそれはマズイと思います(笑)
まあそこら辺は皆さんがそれぞれ柔軟に対応していただければOKです。
今回は機会的に分類していきますのでどうかご了承ください。

・POG期間データ

頭数 芝勝ち上がり率 芝連対率 芝1走当
キングカメハメハ全体 854 181 21.2% 19.6% 172万円
ND+リヴァーマン 12 3 25.0% 20.0% 279万円
それ以外のリヴァーマン 41 6 14.6% 19.4% 190万円



・ノーザンダンサー+セクレタリアト
ローズキングダムは3代母ローザネイが「ノーザンダンサー+セクレタリアト」。
ロードカナロアは先程挙げたストームキャットがこのパターンに該当。
ベルシャザールは2代母父セクレトがそうですね。

・POG期間データ

頭数 芝勝ち上がり率 芝連対率 芝1走当
キングカメハメハ全体 854 181 21.2% 19.6% 172万円
ND+セクレタリアト 43 10 23.3% 26.7% 358万円
それ以外のセクレタリアト 31 8 25.8% 16.7% 132万円



・ノーザンダンサー+ボールドビダー
そもそもボールドビダー持ちが少ないのですが、ここにはフィフスペトルが該当します。
バーリの母ワスナーが「ノーザンダンサー+ボールドビダー」です。

ちなみに必勝パターンに該当しないボールドビダー持ちの方にはアパパネがいます。
アパパネって、配合パズル的なやり方ではどこにも分類出来ないんですよね。
もう何年も前から、アパパネを何らかの成功パターンに当てはめようと頑張ってきたんですけど、最近はもう諦めました(笑)
この娘は突然変異ってことでいいです…(´;ω;`)
勘違いしないで欲しいのは、あくまでも配合パズルではムリってだけで、配合自体は悪いと思っていませんからね。

・POG期間データ

頭数 芝勝ち上がり率 芝連対率 芝1走当
キングカメハメハ全体 854 181 21.2% 19.6% 172万円
ND+ボールドビダー 5 1 20.0% 26.1% 485万円
それ以外のボールドビダー 13 4 30.8% 26.9% 481万円



とまあ、こんな感じになりました。
これを基本に、後は臨機応変でお願いします。




「配合パズルでアタリはわかる2014」

4月30日に血統専門の同人誌を発売しました!
ディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ、クロフネの4種牡馬を取り扱っています。

今回の記事を読んで、POG向きの血統について興味を持っていただけましたら、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです(*ノω・*)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html


スポンサーサイト

*Comment

質問です。 

はじめまして!いつも楽しくブログ拝見させていただいております。
また、今期のPOGでは「配合パズルでアタリはわかる」を大いに活用させていただきました。
おかげでマンネリ化していたPOGを新鮮な気持ちで迎えることができました。ありがとうございました!
さて質問なのですが、私の参加しているPOGは1種牡馬1産駒しか指名できません。
それで、キンカメ産駒は、母ライムキャンディか母リトルアマポーラか母マンハッタンフィズで悩みました。
ライムとリトルはブログで挙げておられる配合パズルの成功パターンだと思うのですが、
ライムはダート強そうだけど牝馬だし、リトルは初仔なんで、結局上が走っている安定感のマンハッタンにしました。
くりがしら先生としては、この3頭の評価をどう見ていますか?
お答えいただければ幸いです。


  • posted by ぐちまん 
  • URL 
  • 2014.06/24 05:10分 
  • [Edit]

>ぐちまんさん 

はじめまして(^o^)
ブログ訪問と、同人誌購入、ありがとうございます!
お礼を言われる程の本ではありませんので、なんだかお恥ずかしいです(;^_^A

1種牡馬1産駒とは大変ですね。
個人的な好みでよろしければお答えします。

・ライムキャンディ
キンカメ×マルカキャンディの組み合わせは良いと思うんですけど、母父のタニノギムレットが大きなマイナスだと感じます。
キングマンボ×ブライアンズタイムという組み合わせは、両者のパワーを強力に増幅する組み合わせであり、ダートの大物が出やすい配合です。
マルカキャンディの柔らかい面が上手く出たとしても、ブライアンズタイムのパワーが邪魔になってしまうと思いますし、マルカキャンディのダート適正が出た場合は、ブライアンズタイム効果も相まって、間違いなくダート馬でしょう。
ガッチリパワーなタイプだけに牝馬というのもマイナスかなと思います。

・リトルアマポーラ
リトルアマポーラは、アグネスタキオンのフワッとした軽さは持ちつつも、母リトルハーモニーを構成するコマンダーインチーフの鈍重さや、「ハイペリオン×サンインロー」の重厚さを受け継いています。
そのため繁殖牝馬としては、リトルアマポーラ自身の現役時代ほどのスピードは伝えないだろうな~という印象ですね。
キンカメの場合、サンデー系に負けないようなスピードをしっかりと補うことが重要です。
リトルアマポーラにはそこら辺のピリッとしたスピードが微妙に欠けている気がします。
成功パターンですが、個人的はそこまで好きな組み合わせではありません。

・マンハッタンフィズ
ローソサエティが「ボールドルーラー×プリンスキロ」血脈なのですが、マンハッタンフィズはノーザンダンサーを持ちませんので、ラストタイクーン増幅パターンとしてはやや弱い感じです。
硬質なスピードタイプを目指すにしても、テューダーミンストレルのクロスのみで、しかも7×7と薄いため、少し説得力に欠けます。
あくまでも配合パズル基準ですが、若干中途半端な配合だな~とは思います。


僕が選ぶのならばマンハッタンフィズですね。

ライムキャンディは明らかにパワー過ぎて嫌いです。
リトルアマポーラは悪くはありませんが、コマンダーインチーフの鈍重さがどうしても気になります。

マンハッタンフィズは母父サンデーの安定配合ですし、ローソサエティのボルキロと、テューダーミンストレルのクロスなど、プラスポイントとなる要素は結構持っています。
その上、欠点となりそうなマイナス血脈もありません。
確かに配合パズル的にはどこにも該当しませんが、けなす要素もなく、普通に好配合だと思いますよ。
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2014.06/24 17:25分 
  • [Edit]

No title 

こんにちは!
キンカメで気になる一頭がいてるので、お時間あればご教授ください。
この馬どうでしょうか?
キングカメハメハ×ヒカルラブリーアイ(ブライアンズタイム)
ウインで募集されてて心惹かれております。
どの成功パターンにも当てはまっていないのですが、
キンカメ×ブライアンズタイムは調べたらハタノヴァンクールとか結構活躍馬がいる様です。
まだまだ小型ですが、なかなか逞しい馬体してるんですよね~!
くりがしら先生のご意見が聞きたくて聞きたくて仕方がありません!
暇なときに教えてくれたら有り難いです!
  • posted by バリアシオン 
  • URL 
  • 2014.06/24 17:38分 
  • [Edit]

>バリアシオンさん 

どうもですー(^o^)
配合パズルは芝向きの配合に特化た配合パターンですからねえ。
ダート向きの配合については全く別物です。
んで、僕はダート馬の配合は正直自信がないのですが、このヒカルラブリーアイは良い配合だと思いますよ。

キンカメ×ブライアンズタイムの牡馬は11頭中9頭が勝ち上がりで、ハタノヴァンクール、グランドシチー、キョウワダッフィー、シセイオウジなど、爆発力もハンパじゃないです。
キングマンボとブライアンズタイムのパワーが大きく増幅されるのがポイントになっています。
ヒカルラブリーアイの場合はノーザンテーストも頑丈なパワーをサポートしてくれているのが心強いです。
更にヒカルラブリーアイ自身は、ロベルトとBeldale Flutterの米血が程良く絡んでいて、これがイイ感じにスピードを補給してくれています。
色々と上手く構成された組み合わせだと思いますよ。
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2014.06/24 20:49分 
  • [Edit]

No title 

丁寧なご回答、ありがとうございます!
マンハッタンフィズを何となくで指名しちゃったので、モヤモヤしてたのですが、おかげでスッキリしました。(^-^)
僕は血統初心者なので、分からないことばかりなのですが、配合パズル本は丁寧な説明や数値的根拠が示されているので、本当に分かりやすく、血統に興味を持つきっかけになりました!
ドラフトが終わった今でもしょっちゅう眺めてます~(^_^)v
  • posted by ぐちまん 
  • URL 
  • 2014.06/25 01:53分 
  • [Edit]

>ぐちまんさん 

そう言っていただけて嬉しいです(^o^)
理論はともかく、成績データは間違ってませんので安心してくださいね(笑)
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2014.06/25 16:02分 
  • [Edit]

ありがとうございます! 

くりがしら先生こんばんは!
ご回答ありがとうございます!
くりがしら先生のお言葉を聞いて、非常にいい馬に見えてきちゃいました!
行ってみようと思います!
ダートでの活躍が楽しみです!
  • posted by バリアシオン 
  • URL 
  • 2014.06/25 23:03分 
  • [Edit]

>バリアシオンさん 

僕は本当にダートが苦手なので、意見は7割引くらいで参考にしてくださいね(笑)
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2014.06/25 23:30分 
  • [Edit]

 

アパパネの賞金分が含まれているにも関わらず、ND持ちの方が平均賞金が高いとは驚きですね
  • posted by  
  • URL 
  • 2014.06/27 11:06分 
  • [Edit]

 

それだけNDなしの方はアパパネ以外が酷いってことですね。
ただND持ちの方も5頭しかいなくて、フィフスペトルの頑張りだけで数値を上げてますので、データの信頼性は全然高くないんですよね~(^_^;)
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2014.06/27 21:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.