≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

今週デビュー予定のヤマカツボーイは、顔の右半分が真っ白という面白い特徴がある馬です。
僕は見逃してしまったのですが、少し前にウイニング競馬でも紹介されたようで、注目されている方も多いのではないでしょうか。


実はこの馬、同人誌「配合パズルでアタリはわかる2014」の好配合馬ピックアップ編で取り上げた馬。
配合的にも結構見どころがあると思うんですよ。

というわけで、詳しく考察してみることにします。
もし良かったら同人誌も読んで下さいね。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1122.html


・母父クロフネ
ハーツクライはアメリカ血統と相性が良く、特に筋肉質なパワーを伝えるタイプが有効で、更に言うと「ノーサードチャンス≒リヴォークド」を刺激出来る血脈があると最高です。

その点クロフネは、過剰なくらいアメリカが豊富で、なおかつムキムキパワーを伝える種牡馬です。
しかもクロフネの武器はブルームーンとロベルト(ノーサードチャンス+レアリー)の米パワーで、これらはハーツクライの「ノーサードチャンス≒リヴォークド」とニアリークロスで脈絡します。

完璧じゃないですか!(;゚∀゚)=3
ハーツクライ×クロフネは8頭いて、まだ目立った成績は残せていません。
でもひょっとしたら大仕事をする可能性を秘めた、期待の組み合わせかもしれませんよ。


・2代母父ジェイドロバリー
ミスプロの持つミスドッグウッドや、ニジンスキーの持つブルページは、ハーツクライの「ノーサードチャンス≒リヴォークド」のニアリーな血脈です。
ただし、ミスプロやニジンスキーは若干ハーツクライに必要な要素とはズレているため、ニックスと呼べるほどの好成績は残していません(好相性なのは間違いないです)。
詳しくは同人誌の79、83ページを読んでください。

しかしこれらはミスプロやニジンスキーを、ハーツクライと単独の組み合わせで見た場合の話です。

単独では心許ないけど、ヤマカツボーイの場合はクロフネ経由でのブルームーン、ノーサードチャンス、レアリー3つに加えて、(ミスプロの)ミスドッグウッドと(ニジンスキーの)ブルページの5本態勢ですからね。
なんか凄そうじゃないですか~。

ついでに言うと、ジェイドロバリーの祖母スペシャルもハーツクライと相性が良く、特にミスプロと同時に併せ持つパターンは、ヌーヴォレコルト、ツルマルレオンが出ています。
それについての詳しいことは同人誌の89ページを読んでください。

これらを考えると、ジェイドロバリーはハーツクライと合いそうな感じがしますね。



総合評価(A+)
応援の気持ちも込めて、贔屓目に評価しました(・∀・)

母ヤマカツマヤリスは、ブラマリー≒ゴールドディガー6×4と、ヘイルトゥリーズン≒フランシスエス6×5のクロスを持ちます。
これはクロフネのロベルトを強調する仕掛けであり、フサイチリシャールやサイオンなどの、クロフネ×ラスティックベルで成功しているパターンです。

それとヤマカツマヤリスにはもう一つ特徴的な仕掛けがあって、それがデピュティミニスター×コリムスキーの組み合わせ。
両血脈を合わせると「ノーザンダンサー、グッドイグザンプル、ラトロワンヌ」が絡み、パワーを大きく強化出来ます。
フレンチデピュティ×コリムスキーから芝4勝のクレバーサンデーが、クロフネ×コリムスキーはヤマカツマヤリスの他にダート3勝のサラトガがいますね。
多分デピュティミニスター×コリムスキーはこの3頭で全部のハズですので、相性の良い組み合わせなのかもしれません。

※追記
スイマセン、デピュティミニスター×コリムスキーについては、望田師匠がとっくの昔に記事にされていました。
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/cc51af817ca21bbe715b24053150ad36
さも自分見つけちゃいましたよ的に書いてしまい、なんか申し訳ありません…。


ヤマカツマヤリスは競走馬としては目立った成績を残せませんでしたが、配合のクオリティは高かったと思うんです。
アメリカ血統を中心としたパワーマイラーの配合は、ハーツクライにとってもピッタリの相手。

予定通りのデビューならば、今回は左回りの新潟でレースですから、白い顔をタップリ拝見出来そうですね。
楽しみにしています(^o^)


スポンサーサイト


ハーツクライ×クロフネ×Seattle Slewの2歳馬に出資していますが、くりがしらさんの考察どおり大仕事をやってくれると嬉しいです。
シアトルスルー持ちですから大仕事をする期待大ですね!
クロフネもきっと上手くサポートしてくれるハズですよ(^o^)
ヤマカツマヤリスって何か聞いたことあるなあって思っていたら、望田氏のブログ見て思い出しましたよ。あのレースでしたか。懐かしい(^^)望田氏と一緒にウインズで見てましたね(^^)あのレースは札幌1500だったから、息子も小回りの方が向いているのかもですね。次に期待を。
なんと!そうだったんですか(゚∀゚)
初戦は残念でしたが、一歩づつ前進していってもらいたいです。
その望田氏のブログに登場していたメタボ博士というのは私のことですよ(^∧^)
とるさんと今までやりとりをさせて頂いてきた内容から、メタボ博士かな~、そうだったらいいな~とは思っていましたが、やはりメタボ博士さんだったんですね!(^o^)
望田師匠ブログをずっと見てきたファンとしては、メタボ博士ご本人と会話出来るなんて光栄です!!
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.