≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

今週デビューの大物・フローレスダンサーの血統表を眺めてました。
この馬って、デインヒル≒ダンシングキイ3×2なんですよね。
http://pednet.k-ba.com/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=3845&mdata=5917

両血脈はノーザンダンサー、ヒズマジェスティ=グロースタークのクロスをはじめ、バックパサー≒フレーミングページ≒ディナーパートナーや、ブサンダ≒ブルーバナーなど、かなり多くの血脈同士が脈絡する関係です。
http://pednet.k-ba.com/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=59&mdata=4372
http://pednet.k-ba.com/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=59&mdata=4618
http://pednet.k-ba.com/cgi-bin/ped/match.pl?fdata=4719&mdata=5920

デインヒルって基本的にムキムキタイプですから、増幅の仕方に気をつけないとむしろ逆効果になる危険性もあったりするわけです。
ドラゴンボールのセル戦で、アホなトランクスがムキムキ超サイヤ人に変身して調子に乗ったけど、スピード不足で失敗に終わったあの時のような感じかな(^_^;)

個人的な考えですが、デインヒル増幅でパワーじゃなく“パワースピード”を引き出すんだったら、ダンジグのフェアトライアルを刺激することが大切だと思っているんですけど、このデインヒル≒ダンシングキイの場合はフェアトライアルには一切触れてないんです。
この仕掛けが一体どういう効果をもたらすのか、非常に興味がありますね~。


出来れば最初はハービンジャー×ダンスインザダークで見たかったです。
だってダンスインザムードって、どんな種牡馬相手でもそれなりに結果出しちゃうじゃないですか(^_^;)
シゲルユキマツリが一日遅れの日曜に出てくるのが妙に腹立つなあ(笑)


ハービンジャーの傾向がまだ未知数なだけに、プラスとマイナスどちらの要素なのかはわかりません。
ただ僕はこの要素を嫌って、6月のドラフトでダンスインザムードを外してシーザリオ獲りという選択をしました。

その結果、ダンスインザムードはヒデちゃんが1位指名。
そしてシーザリオは抽選のくじ引きでおしづさんに獲られました(笑)
もうハービンジャーは全部ハズレでもいいです(´;ω;`)


スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.